ホーム > 青年漫画 > ヤングキングアワーズ > 惑星のさみだれ

6.69点(レビュー数:42人)

作者水上悟志

巻数10巻 (完結)

連載誌ヤングキングアワーズ:2005年~ / 少年画報社

更新時刻 2011-07-21 13:22:59

あらすじ ある朝起きたら言葉を喋るトカゲがいた……。
平凡な大学生だった夕日の前に現れたトカゲの名はノイ。彼は地球を滅ぼす魔法使いから姫を守るために馳せ参じた騎士という。拒否する間もなくノイから指輪と能力が与えられた夕日に襲いかかる敵。逃げまどう夕日を救ったのは隣りに住む少女・さみだれだった。野望を隠し持つ姫さみだれにトカゲの騎士ノイ。そして心に傷を持った歪んだ騎士・夕日。野望にバトルに恋愛?に。地球を巡る小さいようででっかい物語が始まる。

シェア
Check

惑星のさみだれのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全42 件

2点 チーズカバオさん

浅い浅い浅い、薄い薄い薄い、イタイイタイイタイの大不快漫画。
この作者は多分、若い頃に吸収した創作物が漫画とアニメに偏り過ぎていたんだろうなと思う。まあ、作者と同じような感性を持つ読者のツボはピンポイントで突きまくってる気はするし、ハマる人にとってはたまらんのだろうけど。
とは言え、好き嫌いは置いておくにしても客観的に考えて、そんなに出来の良い漫画とは思えないなー。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2018-10-03 21:20:38] [修正:2018-10-03 21:20:38] [このレビューのURL]

8点 夕方さん

[ネタバレあり]

ざっくり言うと、地球を滅ぼそうとする魔法使いを倒すという話。



良い点

主人公の夕日が序盤中二病のような痛いキャラなのだが自分よりも大人だったり子供だったり色々なキャラと係っていっていくうちに段々大人になっていく様を見るのは少し嬉しい気持ちになります。

最初の頃の痛いキャラが何だったのかと思うくらい立派というかまともになっていきます、そのきっかけと言うか主人公が見本にした人物というのもちゃんと出てくるのでその変わりようがそこまで違和感がなく成長したなと感じれるようになります。

伏線や過去のエピソードの影響などがちゃんと話が進むにつれ生きてくるのが素晴らしい。

敵の魔法使いが未来の地球を壊しながら過去に遡ってきている。その理由が全知全能になりたいなどSF要素が少し見え隠れします。こういうのが好きな方は面白いまで行かなくても最後まで読めるんではないかと思います。


全10巻とコンパクトですが中身は中々濃厚ですし綺麗にまとまってます。




悪い点

最初の方の主人公の痛いキャラが厳しい。


味方側のボスである姫を大物にしすぎた感がある、姫も地球を壊そうとしているのだがあの立ち位置だと理由が少し共感できない、もっと心の弱いキャラにするなりしたほうが自然に感じたんじゃないかと思う。



この作者、水上悟志先生の他の作品にも言える事なのですが最初に物語の土台と後のエピソードへの伏線をかなり張るという特徴があるので序盤盛り上がりに欠けるタイプです。ですが読み進めていくと面白くなっていく漫画なので序盤でつまらないと思っても後半効いてくると思うのでやさしく見守ってほしいです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-12-09 20:41:37] [修正:2014-12-09 20:41:37] [このレビューのURL]

導入部分から魅力は感じられなかったので、先が不安でしたが、案の定でした。

伏線回収は上手いと思いますが、主人公の最終目標はイタいし、
ストーリーには引きつけられなかったです。

感動シーンみたいなのもありますが、それまでが希薄すぎて何も感じなかったです。

怪物みたいのも裏山とかにいて、違和感がありました。

キャラの心理描写不足で、どのような経緯で考えが変わったのか、
訳がわからず、感情移入できなかった。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2014-11-03 16:23:47] [修正:2015-05-28 22:03:07] [このレビューのURL]

3点 ガッデム松尾さん

ネットでの評価が高いので最後まで読んだが、最後まで面白さを見つける事ができなかった作品。残念。
自分が感じたのは、「拳を振り上げたまま、なかなか振り下ろさない」ような展開ばかりだったということ。なので、展開が明瞭なようでいて、ダラダラといったような雰囲気の漫画と受け取りました。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2014-05-24 21:38:34] [修正:2014-05-24 21:38:34] [このレビューのURL]

9点 ルリヲさん

大別するならこれは王道能力バトル漫画に分類されるんだけど、読後感は他のそれとはまったく違う。

地球を割ってしまう「ビスケットハンマー」を発動させようとする魔法使いと、それを止める為に戦う主人公の夕日とヒロインのさみだれ+仲間たちって構図で話は進んでく。

夕日の前に現れたさみだれが「この星が好きだから地球ぶっ壊す!地球を砕くのはビスケットハンマーじゃなく私の拳」とか言い出すんだけど、夕日はそれに賛同してしまう。以後絶対服従。

俺がこれを最初に読んだときはいろいろ悩んで欝っぽくなってて、さみだれみたいな女の子が現れて地球をぶっ壊してくれたらいいなーとか冗談混じりで思ったりした。

他の仲間たちもいいやつらで、その中で密かに続く夕日とさみだれのちょっとヤバイ関係みたいのがなんとも言えず良い。

騎士団(仲間たち)の面々のエピソードもそれぞれあり、ちゃんと考えて作られているのを実感した。

この漫画のテーマは子どもって?大人って何?ということ(ってどっかに書いてあった気がする)。
初めて読んだときは大学1年で特にそのへんは考えずに読んだけど、今は20歳の3年生。いろいろと考えさせられた。

欝っぽくて悩んでる人、大人と子どもの狭間にいる人は楽しめると思うので、読んでみてほしい。
もちろんそれ以外の人も問題なく楽しめる傑作。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-09-30 18:26:24] [修正:2012-09-30 23:10:00] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

惑星のさみだれと同じ作者の漫画

水上悟志の情報をもっと見る

同年代の漫画

ヤングキングアワーズの情報をもっと見る