ホーム > 青年漫画 > 漫画アクション > 夕凪の街 桜の国

7.69点(レビュー数:43人)

作者こうの史代

巻数1巻 (完結)

連載誌漫画アクション:2003年~ / 双葉社

更新時刻 2011-01-12 13:43:38

あらすじ ある日広島に原爆が落ちました。
そして戦争は終わり、人々は後遺症の影を恐れながらも暮らします。
ただ、その影は時々私たちを縛るのです。

備考 昭和30年、灼熱の閃光が放たれた時から10年。ヒロシマを舞台に、一人の女性の小さな魂が大きく揺れる。最もか弱き者たちにとって、戦争とは何だったのか……、原爆とは何だったのか……。漫画アクション掲載時に大反響を呼んだ気鋭、こうの史代が描く渾身の問題作。
2007年には映画化された。

シェア
Check

夕凪の街 桜の国のレビュー

点数別:
16件~ 20件を表示/全43 件

9点 あんりさん

なんとも言い難い
こんな泣き方あるんだなってことがわかったようで
何もわからなかった

一生売ることはできないと思う

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-08-20 23:25:37] [修正:2010-05-24 21:01:12] [このレビューのURL]

7点 ジブリ好き!さん

2次被害から見る原爆の脅威。
2次被害から回帰される当時の悲劇。
形の上で終わった戦争も、彼女らには、広島には終わっていない。

『原爆を落とした人はわたしを見て「やった!またひとり殺せた」とちゃんと思うてくれとる?』


放射能汚染が、あの時生き残ってしまった罪を認識させる。
自らも着々と死に向かっていくのに、なんで彼女らが罪悪感など感じなければならないのか?
汚染された人間は結婚しちゃいけないのか?子孫に残るから?

そうしたテーマを含めながら、「人」として生きた彼女らの日常を鬱鬱とせずに描いた作品です。
なんてことない、人間らしい日常を描いているはずなのに、きっと読後に残るのは穏やかな心地よさではなく、痛烈に刻まれた、癒してはならない傷。
ぜひ読んでみてください。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-03-24 11:39:30] [修正:2010-05-05 19:34:39] [このレビューのURL]

9点 クロモフさん

この作品はたくさんの人に見て頂きたいです。

僕の中で戦争、原爆とゆうのは嫌なことです。
たくさんの方が亡くなり、つらい歴史です。
嫌なことは見たくないのが正直なところです。

でも知らなければいけないと思います。
人間はそのうち忘れてしまうからです。


この漫画は戦争、原爆とゆうのを知ることに対してとても読みやすいものだと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-03-12 03:36:06] [修正:2010-03-12 04:31:59] [このレビューのURL]

8点 フクポルさん

<所持歴:全巻>

この手のテーマの作品にしては説教臭さが無く、
かといって、決して軽く描かれてる訳ではない。
夕凪の街が35ページ、桜の国が61ページと
非常に短いが、中身は濃いと思う。


残念なのは、マンガというものに娯楽という面を
大きくを求める人には不向きな作品だという事。


が、それでも読むのを勧めたい。

作者のあとがき
「このオチのない物語は、35頁で貴方の心に
湧いたものによって、はじめて完結するものです。
これから貴方が豊かな人生を重ねるにつれ、
この物語は激しい結末を与えられるのだと思います。」

読者の数だけ結末があるこの物語、
出来るだけ沢山の結末が生まれれば良いな、と。


全くレビューになってなくてすみません。。。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2009-02-12 21:34:53] [修正:2010-02-07 21:24:23] [このレビューのURL]

6点 ショーンさん

戦争を伝えるべき漫画として、後生に必要な漫画と言えるでしょう。
胸が痛くなるが、今読むべきものなのだと痛感した漫画でした。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-01-30 07:02:25] [修正:2010-01-30 07:02:25] [このレビューのURL]

PR


夕凪の街 桜の国と同じ作者の漫画

こうの史代の情報をもっと見る

同年代の漫画

漫画アクションの情報をもっと見る