ホーム > 青年漫画 > 漫画アクション > 夕凪の街 桜の国

7.69点(レビュー数:43人)

作者こうの史代

巻数1巻 (完結)

連載誌漫画アクション:2003年~ / 双葉社

更新時刻 2011-01-12 13:43:38

あらすじ ある日広島に原爆が落ちました。
そして戦争は終わり、人々は後遺症の影を恐れながらも暮らします。
ただ、その影は時々私たちを縛るのです。

備考 昭和30年、灼熱の閃光が放たれた時から10年。ヒロシマを舞台に、一人の女性の小さな魂が大きく揺れる。最もか弱き者たちにとって、戦争とは何だったのか……、原爆とは何だったのか……。漫画アクション掲載時に大反響を呼んだ気鋭、こうの史代が描く渾身の問題作。
2007年には映画化された。

シェア
Check

夕凪の街 桜の国のレビュー

点数別:
21件~ 25件を表示/全43 件

7点 mangaさん

ある意味リアルでとても考えさせられる。
この漫画は学校教育に使うといいと思います。
日本人が忘れてはいけない心が詰まってます。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-03-16 22:37:22] [修正:2009-12-30 15:07:58] [このレビューのURL]

7点 taroさん

面白いとは思わない。しかし、戦争をこう描くのは難しいよなー。と、とにかく感心します。
押し付けがましさや、積極臭さも全くない。
この題材で、これを超える作品はなかなか出ないのでは、と思う。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-07-20 23:59:55] [修正:2009-07-20 23:59:55] [このレビューのURL]

10点 くっしいさん

[ネタバレあり]

 先入観や予備知識なくこの漫画を読みたい方は読まないで下さい。
 
 ヒロシマ・ナガサキは日本人としては避けて通れないテーマです。この漫画の瞠目する点あるいは原爆を扱ったものとして一線を画すと思われるのは、原爆以後の残された人の心理を掘り下げている点です。

 「私は生きていて良いの?」

 これほど戦争の悲劇を表す台詞は他にないでしょう。それでいて登場人物は皆明るく、強さを持っています。湿っぽくならず被害者意識もなく悲劇を描くことは誰にでもできることではありません。

 「夕凪の街」の終結部は圧倒されます。あの表現には参りました。漫画の力を感じます。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2009-04-04 16:38:00] [修正:2009-04-04 16:38:00] [このレビューのURL]

8点 居酒屋さん

広島出身なんでいつもどこでも原爆の凄惨さは学習してきた

だがその凄惨な話も聞いた時は怖いとか感じると同時に自分と関わりがないとも思う 交通事故などとなんらかわりないものだと

この漫画はそんな自分にまた新たな考え方をくれた
この漫画に感謝したい

ナイスレビュー: 1

[投稿:2009-03-03 11:07:16] [修正:2009-03-03 11:07:16] [このレビューのURL]

6点 bugbugさん

多くの方が指摘する通り、評価が非常に難しい
単純に漫画として読んだ場合の点数をつけました

原爆というものが、人々の日常・未来・心にどういう爪痕を残すのか
派手な描写は一切ないが、切々と訴えてくるものがある

戦争がもつ現実感が薄れて久しい現在の社会に
一石を投じる内容であることは間違いない

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-02-02 18:26:13] [修正:2009-02-02 22:56:31] [このレビューのURL]

PR


夕凪の街 桜の国と同じ作者の漫画

こうの史代の情報をもっと見る

同年代の漫画

漫画アクションの情報をもっと見る