ホーム > 青年漫画 > 漫画アクション > 夕凪の街 桜の国

7.69点(レビュー数:43人)

作者こうの史代

巻数1巻 (完結)

連載誌漫画アクション:2003年~ / 双葉社

更新時刻 2011-01-12 13:43:38

あらすじ ある日広島に原爆が落ちました。
そして戦争は終わり、人々は後遺症の影を恐れながらも暮らします。
ただ、その影は時々私たちを縛るのです。

備考 昭和30年、灼熱の閃光が放たれた時から10年。ヒロシマを舞台に、一人の女性の小さな魂が大きく揺れる。最もか弱き者たちにとって、戦争とは何だったのか……、原爆とは何だったのか……。漫画アクション掲載時に大反響を呼んだ気鋭、こうの史代が描く渾身の問題作。
2007年には映画化された。

シェア
Check

夕凪の街 桜の国のレビュー

点数別:
36件~ 40件を表示/全43 件

10点 weaselさん

マンガでなければ伝わらない良さもあるしどのような媒体であろうとも伝わってくる良さも含んでいる。
この作品は小説で書いてもまた違った名作になったのではないかと思う。
還暦を過ぎた母でさえ「こんな漫画もあるのね。」と言わしめた漫画です。(小中学生の頃漫画を棄てられた)

ナイスレビュー: 1

[投稿:2007-05-29 08:26:26] [修正:2007-05-29 08:26:26] [このレビューのURL]

7点 Dr.Strangeloveさん

良い作品か?と問われれば間違いなく「良い作品だ」と答える。
出来るだけ多くの人に読んでもらいたいとも思う。
しかしどうも心に響くものがない。パンチに欠けているような気がする。
こればっかりは個人の問題なので作品に罪はないんだが・・・
私みたいな鈍い人もいるってことでこの点数に。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-04-30 12:43:13] [修正:2007-04-30 12:43:13] [このレビューのURL]

9点 カルマさん

心に染みる名作。

百ページにも満たないこの作品の中には、言葉では言い表せない素晴らしいものがあります。
読み返すたびに強く心を揺さぶられます。
こんなに温かく、美しい漫画は今まであっただろうか…。
読んだことのない人には是非読んでほしい一冊ですね。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2007-02-11 22:17:10] [修正:2007-02-11 22:17:10] [このレビューのURL]

8点 friendstudioさん

文化庁メディア芸術祭で大賞を獲ったマンガ作品です。
ちょっと高いな〜・・・と思いつつ注文して届いてみたら、かなり薄っぺらい(笑)ほぼ白黒で100ページ足らず。ああーボラれた・・・と、読む前に軽くショック受けました(笑)
まず目をひくのが、トーンどころかベタもほとんど使用していない丁寧な作風。この独特の「風が流れている」感じの画風が作品全体の静かな雰囲気作りにとても貢献しています。人間の書き方に最初ちょーっと違和感を覚えましたけど、10ページで慣れました(笑)。
この作品全体の大きな特徴は、「原爆」をテーマにしながらも当日のシーンは3〜4ページしか出てこないこと。「桜の国(1)」に到っては「原爆」の「ゲ」の字も出てきません。いずれも被爆者や原爆二世の物語で、「原爆ななぜダメなのか」を書かず、「原爆とは(被爆者にとって)何だったのか」ということを追求していきます。この本のキモは原爆二世の七波がボケた?父の後を尾行して広島で一日を過ごす「桜の国(2)」。途中途中で七波の父と母(被爆者)が出会い、そして東京へ移り住むまでのエピソードが挿入されたりと、この一冊の本としてのエピソードを総括する流れを汲んでいきます。逆にむしろ「夕凪の街」のほうは伏線扱いで、かえってただの「原爆漫画」になっています。ちと残念。
が、この作品のスゴい所は、この本全体での最大に盛り上がるシーンに「原爆の悲惨さ」を持ってこない所。「それでも歩んでいこう」という二人の小さな人間の人生を垣間見る部分に、ヒトの真の強さを見ることが出来た気がして、何度読んでいてもそこで胸が熱くなります。戦争があった。原爆があった。それでも日本人はこの60年間で前へ進んできた。決して目をそらすことはなかったけれど、それでも「乗り越える」ハードルでしかない、被爆者たちの力強い、それでいてささやかな、幸せ一杯のラストシーンには、グーッとこみ上げて来るものがありました。最後のページの電車のシーンで、もう一度テーマは語られますが、あの2ページぶち抜きのシーンには敵いません。見事!
この物語、できるだけ多くの人に読んでもらいたいなぁ。多分僕よりも感動できる人間は一杯いるだろうに。映画化ということで、期待しています。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2006-11-19 20:51:13] [修正:2006-11-19 20:51:13] [このレビューのURL]

7点 はと時計さん

広島に原爆が落ちて生き残った被爆者と
その被爆者の子孫の日常が描かれている。
普段の生活の中にまだ残る原爆の傷跡が切ない。
原爆ドームの顔とはまた別の顔が見えるよう。
画風とストーリーが一体となって
より一層切なさをかもしだしている。
心に残る一作。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2006-11-15 22:02:44] [修正:2006-11-15 22:02:44] [このレビューのURL]

PR


夕凪の街 桜の国と同じ作者の漫画

こうの史代の情報をもっと見る

同年代の漫画

漫画アクションの情報をもっと見る