ホーム > 青年漫画 > 漫画アクション > 夕凪の街 桜の国

7.69点(レビュー数:43人)

作者こうの史代

巻数1巻 (完結)

連載誌漫画アクション:2003年~ / 双葉社

更新時刻 2011-01-12 13:43:38

あらすじ ある日広島に原爆が落ちました。
そして戦争は終わり、人々は後遺症の影を恐れながらも暮らします。
ただ、その影は時々私たちを縛るのです。

備考 昭和30年、灼熱の閃光が放たれた時から10年。ヒロシマを舞台に、一人の女性の小さな魂が大きく揺れる。最もか弱き者たちにとって、戦争とは何だったのか……、原爆とは何だったのか……。漫画アクション掲載時に大反響を呼んだ気鋭、こうの史代が描く渾身の問題作。
2007年には映画化された。

シェア
Check

夕凪の街 桜の国のレビュー

点数別:
31件~ 35件を表示/全43 件

10点 ITSUKIさん

トーンを使わないやわらかい絵柄で描かれるこの作品は、
「原爆」を題材とした漫画です。

「この漫画に出逢えてよかった」
この作品ほどそれを強く感じたことはありません。

多くの方に読んでいただきたいです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-08-03 23:46:06] [修正:2007-08-03 23:46:06] [このレビューのURL]

9点 konさん


何度も読み返さないとわからなかった。
でも逆に何度も読み返すといろんなことを考えさせられる。
いい漫画だと思う。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-08-03 12:26:10] [修正:2007-08-03 12:26:10] [このレビューのURL]

9点 マンガずきさん

かなりよい。 
「はだしのゲン」よりも読みやすく、心に染みる作品。
戦時中の話ではなく、戦後10年と現在を3章構成にして描いている。小学校の道徳の授業などでも使えるのでは??
こうのさんは現在アクションで「戦時」を描いたマンガを執筆中。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-07-18 16:20:01] [修正:2007-07-18 16:20:01] [このレビューのURL]

9点 wowwow66さん

 最初の原爆投下当時の話はまぁ、普通(といったら不謹慎なのだろうが)。
 その後の現代の話は大変秀逸である。当事者だけではなくその子孫にもさりげなく、でもとても深く残っている原爆の傷跡に心が締め付けられる。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-06-19 21:34:05] [修正:2007-06-19 21:34:05] [このレビューのURL]

8点 fimicoさん

私の出身は広島なので、考えさせられました。
広島県人の私たちは小さいときから祖父や祖母に原爆のことを聞いて育ってきた。
でも、他の県の人は?
最近の人たちは原爆が投下された日も知らない。
忘れちゃダメなんだ。
この漫画を読んで本当に起こったこと、どう生きてきたかってこと、よく考えれるいい機会だと思います。
本当に読むべき漫画はこういうものを言うんだなぁ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-06-09 11:58:45] [修正:2007-06-09 11:58:45] [このレビューのURL]

PR


夕凪の街 桜の国と同じ作者の漫画

こうの史代の情報をもっと見る

同年代の漫画

漫画アクションの情報をもっと見る