ホーム > 青年漫画 > 漫画アクション > 夕凪の街 桜の国

7.69点(レビュー数:43人)

作者こうの史代

巻数1巻 (完結)

連載誌漫画アクション:2003年~ / 双葉社

更新時刻 2011-01-12 13:43:38

あらすじ ある日広島に原爆が落ちました。
そして戦争は終わり、人々は後遺症の影を恐れながらも暮らします。
ただ、その影は時々私たちを縛るのです。

備考 昭和30年、灼熱の閃光が放たれた時から10年。ヒロシマを舞台に、一人の女性の小さな魂が大きく揺れる。最もか弱き者たちにとって、戦争とは何だったのか……、原爆とは何だったのか……。漫画アクション掲載時に大反響を呼んだ気鋭、こうの史代が描く渾身の問題作。
2007年には映画化された。

シェア
Check

夕凪の街 桜の国のレビュー

点数別:
6件~ 10件を表示/全43 件

4点 nezuminokifujinさん

論理的に原爆を悪だと主張するのではなく、作者なりの感性でヒロシマを描いてみたという感じ。
情緒的に美しいかと言えば、そこまで琴線に触れるわけでもなく
婉曲に原爆を批判している事になるのだろうが、その力も弱く感じ物足りなさが残った

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-08-02 23:58:27] [修正:2012-08-02 23:58:27] [このレビューのURL]

9点 栗まんじゅうさん

十年経ったけど、原爆を落とした人はわたしを見て
「やった!またひとり殺せた」とちゃんと思うてくれとる?
この台詞が衝撃的で頭から離れない。

戦中を描いた作品は悲惨な描写が多くて読者を遠ざけている気がするけど、
この漫画はライトな絵柄で読みやすい。
多くの人に読んでもらいたい漫画。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-01-06 23:29:06] [修正:2012-01-06 23:29:06] [このレビューのURL]

8点 kikiさん

どちらかというと薄い本でページ数少なく、描写も濃くなく、
一見淡々とした作品なのに、なんと深くい感動が詰まった物語
なんでしょうか。

平凡な女性が普通に家族に囲まれ、普通に恋愛したいだけなのに
大きな重石が彼女にのしかかっておりあのラストを迎えてしまう。
だんだん力が抜けていき、コマが真っ白になって続く彼女のモノ
ローグには何回読んでも思わず涙してしまいます。

ピカが憎い!と声高々に激しく描写しなくても、こんな淡々と
表現することで強く胸をうたれることがあるんだなと感心します。


後半の現代のお話もほんと上手に被爆者(というより子孫ですね)
の今を描いててすごいと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-06-18 11:36:49] [修正:2011-06-18 11:36:49] [このレビューのURL]

8点 torinokidさん

ヒロシマを扱った作品。名作ですな。

変なイデオロギー色もなく、ひたすら淡々と
哀しいほどに淡々と戦後のヒロシマが綴られる。

先日お亡くなりになった田中好子さん主演の名作映画
「黒い雨」(ブラックレインではない)に相通ずるものがある。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-05-15 17:43:38] [修正:2011-05-29 11:05:45] [このレビューのURL]

8点 そうすけさん

この題材を描くことのできる日本に、漫画という文化があって本当によかったと感じた。

国語の教科書に載っているような作品。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-12-02 18:50:56] [修正:2011-05-26 05:21:31] [このレビューのURL]

PR


夕凪の街 桜の国と同じ作者の漫画

こうの史代の情報をもっと見る

同年代の漫画

漫画アクションの情報をもっと見る