ホーム > 青年漫画 > イブニング > モテキ

5.51点(レビュー数:29人)

作者久保ミツロウ

巻数4巻 (完結)

連載誌イブニング:2008年~ / 講談社

更新時刻 2011-07-28 00:33:24

あらすじ 藤本幸世、29歳、派遣社員。恋にヘタレな、最近流行の草食系男子。人生初の「モテ期」に孤軍奮闘!

備考 モテキ女性陣のその後を描いた4.5巻も発売中

シェア
Check

モテキのレビュー

点数別:
6件~ 10件を表示/全29 件

6点 elsaさん

登場する女の子の中で一番しっかり描かれていたのは中柴いつか。当然最後は彼女と…と予想していたが、

あれっ…

て感じでした。

面白く読めたし、主人公のへたれっぷりもある程度理解できるので、この点が納得できるだけのフォローがあれば良かったんですが。

予想と違うラストだったということよりも、それに納得できなかったことが引っかかる。せめて土井亜紀をもう少ししっかり描いて欲しかった。

でもまあ面白くないってことはないです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-08-15 21:31:37] [修正:2011-08-15 21:31:37] [このレビューのURL]

5点 ユルルメさん

流行のワードに乗っかってイマドキマンガ書いたら表紙で売れたってマンガ。
中身??ないないあるわけない。小手先マンガ。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2011-07-22 20:12:42] [修正:2011-07-27 00:27:06] [このレビューのURL]

5点 bugbugさん

結論としては「タイトルに偽りあり」と言う他ない
作者の絵が好きなんで、タイトルで即名作と決めつけた私が悪いんですが

本当に「モテキ」だったのは1話くらいなもんで
ストーリーは草食男子のウジウジした恋愛話です。

別にそういう話が嫌いなわけじゃないが、
主人公がモテモテで困った。さあどうしよう!?
ってくらいノーテンキなラブコメを期待していました。

作画面はちょっと文句のつけようのないくらい進化が止まらない作者
次からは初心に帰って少年誌でお願いします。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-01-10 01:57:13] [修正:2011-01-10 02:08:41] [このレビューのURL]

4点 shredderさん


恋愛をテーマにしてるので
登場人物に共感できるかがポイントですね。

まず、主人公はネガティブすぎて私は共感できなかった。
だって顔はモテ顔ですよ。
恋よりも他の事頑張れ!って言いたくなります。

でも、女性の心理描写はピカイチです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-11-08 12:39:22] [修正:2010-11-08 12:39:22] [このレビューのURL]

2点 そのばしのぎさん

モテ期、草食系という言葉が出てくるが、漫画のテーマからは、ずれている気がする。
主人公のコンプレックス克服という観点から読むには、あまりにもその原因など土台が希薄。
ハーレム物の漫画は多いけど、シチュエーションは同じでありながら何かが違う。
男性心理が表現できる女性作家がそれほど希少とも思えないので、「女性作家の描いた男性視点」というレッテル貼りはしたくない。描けないのか、女性読者を対象にしたため、描く気がなかったのだろう。
女性誌向けの内容をイブニングで連載したから異色さが際立ったと思える。
読者層の性別分布には興味がある所。

個人的な感想だが、主人公は異性の知人とセックスする事しか考えていないし、行動原理もなくただ周りに流されるだけ。惚れる理由を要約すると「つき合えそうだから」ぐらいに見える。
何より登場する女性に何ら魅力を感じない。人生で重要視される願望は人それぞれだが、この漫画には恋愛こそ人生という人しか出てこない。彼女どころか友人としても欲しくない。
そういった意味では、ぶっとんだ人ではあるが仕事に人生かけてきた漫画家の先生に一番リアリティを感じた。

共感できないというより、行動や思考パターンが相容れないのでイライラして読むのが辛い。一巻でこれはキツいと思ったが、レビューのために読んでみたが最後まで同じ調子だった。

ナイスレビュー: 2

[投稿:2010-10-16 16:31:18] [修正:2010-11-04 20:58:42] [このレビューのURL]

PR


モテキと同じ作者の漫画

久保ミツロウの情報をもっと見る

同年代の漫画

イブニングの情報をもっと見る