ホーム > 青年漫画 > ビッグコミックスピリッツ > 20世紀少年

5.85点(レビュー数:106人)

作者浦沢直樹

巻数22巻 (完結)

連載誌ビッグコミックスピリッツ:1999年~ / 小学館

更新時刻 2012-11-05 16:40:46

あらすじ ケンヂ、オッチョ、ヨシツネ、マルオ、モンちゃん、ドンキー、ケロヨン、が少年時代に遊びで作った世紀末預言書「よげんのしょ」の内容が、成長した彼らに現実となって襲いかかる。ケンジは地球を救うため立ち上がり、数々の謎を解明していく。そして、謎のカリスマ”ともだち”の正体とは?

備考 『21世紀少年』に続く。

シェア
Check

20世紀少年のレビュー

点数別:
41件~ 45件を表示/全106 件

6点 torinokidさん

完結後に単行本一気読みしたせいか、面白く読めた。

浦沢氏の読者を引き込むテクは、やはり一級品ですな。
ラストに向かうにつれ、どんどんしぼんでいく辺りも
浦沢作品らしいっちゃらしいし。

リアルタイムで追っかけるとストレス溜まりそうだけど。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-02-07 17:07:42] [修正:2011-02-07 17:07:42] [このレビューのURL]

5点 ラビスカノンさん

浦沢先生の作品に一貫して言えることですが、序盤はケチの付け所がない面白さです。

ただ、氏は広げた風呂敷を変な方向に持っていく癖があるようで、収拾のつけ方が得意でなく読者に対する魅せ方が下手。一言で言うと読んでいる途中で続きが気にならなくなる。

まぁここまでスケールを広げてやりきった点、商業的成功に関しては流石ですね。

「だれる部分もあるが、ところどころ楽しめる漫画」この作品にぴったりの言葉ではないでしょうか。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-01-27 20:29:23] [修正:2011-01-27 20:29:23] [このレビューのURL]

6点 マサキレンさん

序盤はとにかく圧倒的に面白い。
しかし他のレビュアーも書かれている通り、話が進むにつれどんどんつまらなくなってしまう。
正直とても残念な作品である。

とはいえついつい最後まで読ませてしまう魅力はある。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-11-13 21:19:21] [修正:2010-11-13 21:20:58] [このレビューのURL]

6点 あおはなさん

一度は読んでおきたい作品なのかな。でも世代を選ぶような。多分配慮されているけれど、でもやっぱり世代を選ぶような。あと話しを広げすぎているような。二度以上読むとそれが非常にはっきり分かってしまうのでしんどい。二度読みたい漫画かと聞かれれば・・・きついです。あとともだちの正体に着目しすぎてるとこの作品しっぺ返し食らうこと間違いなしなのでご注意を。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-11-03 16:44:19] [修正:2010-11-03 16:44:19] [このレビューのURL]

5点 phraseさん

人類滅亡を画策する悪の組織に、
うだつの上がらない大人達が立ち向かうという
設定は面白いんですが、どうにもこうにも釈然としない結末で何だか・・・。

"ともだちの正体は誰だ?"を謳い文句に人気を煽っていた訳ですから、
読者に、きちんとした結末を用意してないと、読後は生殺し状態です

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-09-18 22:21:39] [修正:2010-09-18 22:21:39] [このレビューのURL]

PR


20世紀少年と同じ作者の漫画

  • MONSTER

    総合点:7.1点

    レビュー数:90人

  • MASTERキートン

    総合点:7.85点

    レビュー数:61人

  • PLUTO

    総合点:6.64点

    レビュー数:59人

浦沢直樹の情報をもっと見る

同年代の漫画

ビッグコミックスピリッツの情報をもっと見る