ホーム > 青年漫画 > 週刊ヤングサンデー > 殺し屋1(イチ)

6.82点(レビュー数:51人)

作者山本英夫

巻数10巻 (完結)

連載誌週刊ヤングサンデー:1997年~ / 小学館

更新時刻 2010-05-23 09:26:19

あらすじ 舞台は新宿歌舞伎町。気弱で泣き虫だけど特製スーツに身を纏うと殺戮マシーンに変化するイチは、残忍で究極のマゾヒストである安生組の若頭・垣原との抗争に巻き込まれるのだが・・・。

備考 読者に「痛み」を感じさせるような意図的な暴力描写と異常な性癖の登場人物達が特徴。

シェア
Check

殺し屋1(イチ)のレビュー

点数別:
46件~ 50件を表示/全51 件

7点 doneさん

漫画だから読めた本当のSM。
なんというか不覚にも萌えてしまう要素が
そこかしこにあるのは自分も性的におかしいのか
それとも人間誰しもSM素養をもっているということかなぁ
と思いました。


ナイスレビュー: 1

[投稿:2007-01-20 19:47:52] [修正:2007-01-20 19:47:52] [このレビューのURL]

9点 fimicoさん

すごい、すごすぎる。
皆さんが書かれてるとおり本当に痛いです。
まっぷたつです。
どれもこれも甲乙つけがたいぐらいの殺され方をしてます。
ヤクザこわい。
それ以上にイチが怖い。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2006-09-13 14:03:29] [修正:2006-12-27 09:24:52] [このレビューのURL]

8点 白い犬さん

これほど痛みを表現できた漫画はほかにないと思います。
もし現実にいたら垣原には絶対にかかわりたくないですね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2006-01-23 18:06:00] [修正:2006-01-23 18:06:00] [このレビューのURL]

8点 水鏡さん

主要キャラの異常性がそれぞれうまく表現されていて、
中でもイチのトラウマが巧みに誘導され、引き起こされるという流れが鮮やかでした。
人物の心情が濃く描写されていて、生々しいです。

「暴力」を文字通りこれほどに表現する漫画も中々無いと思います。
垣原の拷問も見てて痛くなるようでした。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2006-01-19 02:44:26] [修正:2006-01-19 02:44:36] [このレビューのURL]

7点 gonさん

私の中では「キング・オブ・痛い漫画」の称号を得た漫画ですね。とりあ えずストーリーは よく練られていて伏線の張り方も上手いですし、 キャラは変態ばかりですけど、魅力的。ただ何を伝えたいのかとかが、 全く分からなかったですね。つまり惹かれる一方で2度3度読もうとは 思わないんですよね。
それから よく議論されるラストに関してですが、山本氏は あーゆー サッパリした終わらせ方が好きですよね。私も嫌いじゃないですし 否定はしませんが、ベストな終わり方ではなったと思ってます。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2005-10-18 17:34:28] [修正:2005-10-18 17:34:28] [このレビューのURL]

PR


殺し屋1(イチ)と同じ作者の漫画

山本英夫の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊ヤングサンデーの情報をもっと見る