ホーム > 青年漫画 > 週刊ヤングサンデー > 殺し屋1(イチ)

6.82点(レビュー数:51人)

作者山本英夫

巻数10巻 (完結)

連載誌週刊ヤングサンデー:1997年~ / 小学館

更新時刻 2010-05-23 09:26:19

あらすじ 舞台は新宿歌舞伎町。気弱で泣き虫だけど特製スーツに身を纏うと殺戮マシーンに変化するイチは、残忍で究極のマゾヒストである安生組の若頭・垣原との抗争に巻き込まれるのだが・・・。

備考 読者に「痛み」を感じさせるような意図的な暴力描写と異常な性癖の登場人物達が特徴。

シェア
Check

殺し屋1(イチ)のレビュー

点数別:
36件~ 40件を表示/全51 件

4点 Sealさん

深いメッセージが隠されているようで何も無い漫画。
少なくとも自分にはわからなかった。
でも垣原は今までの漫画界にはいない良いキャラだった。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-06-20 20:27:48] [修正:2008-06-20 20:27:48] [このレビューのURL]

9点 FSSさん

これだけ精神的に病んでいる主人公というのも珍しい。それだけに拒否反応が出る人も多いだろうが、こんな作品は多様で柔軟な感性を必要とする漫画文化を持つ日本でしか作られないだろうし、日本の漫画の中でも類例が無い。少し前の漫画とは言え、このご時勢によく出ていると思うし、それゆえに薄甘い事なかれ主義に対するカウンターウェイトとしての意味も持っていると思う。

たしかに強烈な残酷表現が多く、その怒涛の展開に終始圧倒されるが、「のぞき屋」の頃から常に人間の持つ精神の「暗部」に光を当てる作者の人間描写には一貫性があり、今作も始まりから終わるべくして終わる物語としての「必然性」を内包している。

異常と正常は常に表裏の関係。誰の中にも異常性は潜んでいるし、その定義すら相対的である事に自覚的でないとちょっと危険。それだけに表面的な残酷表現にばかり気を取られてしまい、その異常性の持つ「普遍性」を理解しないと、現実世界でもちょっとした事でバランスを崩してしまう事になるかも知れない。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-06-06 22:45:05] [修正:2008-06-06 22:45:05] [このレビューのURL]

9点 デスぺラードさん

作品に漂う緊張感、空気感がツボでした。
先の読めない展開、個性豊かなキャラクター。
無駄の無いスピード感のあるストーリー。
サスペンス漫画としては完璧じゃないでしょうか。
「痛い!」と感じさせてくれる拷問描写はさすが。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-04-26 15:53:28] [修正:2008-04-26 15:53:28] [このレビューのURL]

6点 チャドさん

とにかく生々しい。好き嫌いがハッキリ分かれる作品。面白かったが好きにはなれなかった。
読んでるこっちもゾクゾクするような緊迫感。
嫌悪感さえ覚える狂気。
読み返す気にはならなかったが、読んでるときはハマッていた。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-02-23 22:35:08] [修正:2008-02-23 22:35:08] [このレビューのURL]

5点 たにやんさん

ヤクザ怖ぇーーーー!!
と思ったんですけど・・・。

まぁフィクションですが、
結構読んでて怖かったです。

変態!
猟奇的!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-01-26 11:13:53] [修正:2008-01-26 11:13:53] [このレビューのURL]

PR


殺し屋1(イチ)と同じ作者の漫画

山本英夫の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊ヤングサンデーの情報をもっと見る