ホーム > 青年漫画 > 週刊ヤングサンデー > 殺し屋1(イチ)

6.82点(レビュー数:51人)

作者山本英夫

巻数10巻 (完結)

連載誌週刊ヤングサンデー:1997年~ / 小学館

更新時刻 2010-05-23 09:26:19

あらすじ 舞台は新宿歌舞伎町。気弱で泣き虫だけど特製スーツに身を纏うと殺戮マシーンに変化するイチは、残忍で究極のマゾヒストである安生組の若頭・垣原との抗争に巻き込まれるのだが・・・。

備考 読者に「痛み」を感じさせるような意図的な暴力描写と異常な性癖の登場人物達が特徴。

シェア
Check

殺し屋1(イチ)のレビュー

点数別:
41件~ 45件を表示/全51 件

9点 雄男さん

グロイとかエグイとか、そんなんはどうでもいい。
とにかく凄い緊迫感!かなりのめり込める。一気に読める。
サスペンス漫画としては一流。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-09-22 01:08:51] [修正:2007-09-22 01:08:51] [このレビューのURL]

5点 creさん

好きな人は好きなんだろうな、こういう漫画もSMも。

個人的な評価をしようにもいまいち分からん。一気に読んでしまったから、引き込まれるものはあるのだろうが、全然面白かったとは思わない。

知り合いからはやたら評価が高かったが、よく思い出してみればグロイグロイ言ってただけで、別に漫画自体の評価ではなかったのかなと思ってみたり。

自分的な評価も分からないので、とりあえず一気に読ませるということで「+」、読後に面白かったと感じなかったということで「−」。「±0」と無理やり考えて5点にしてみた。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-08-14 15:16:50] [修正:2007-08-14 15:16:50] [このレビューのURL]

7点 カルマさん

痛々しい変態漫画。

なんだけど妙に引き込まれてしまう。
緊迫感があるからでしょうか。
最後まで一気に読んでしまいましたよ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-07-22 05:28:24] [修正:2007-07-22 05:28:24] [このレビューのURL]

8点 メカノイドさん

SMの極限を描いた作品。

個人的にはシグルイにも匹敵しそうな傑作漫画ではないかと。

色々な作品上で、痛み=快感という手口は映画「ヘルレイザー」が原点かもしれないが、この1ではそれが更に上積みされているものになっている。

この作品を褒めまくっている自分はオカシイのではないかと思ってしまうことがよくあるが、痛々しいのだが、なんせ物語の構成が巧すぎる。

人を山口貴由作品以上に選ぶ作品だがおススメの品。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-05-20 15:44:37] [修正:2007-05-20 15:44:37] [このレビューのURL]

4点 kenjiさん

痛裂切苦刃熱狂性暴!!!!
ってのが最初に読んだ感想です。
ほんとにすんごく痛い!
最初っから最後まで痛みの連続。
体の一部を針で刺すなんて序の口・・
「アクション漫画」って聞いたから、「弱者を助けて悪人を裁く」みたいなかっこいい殺し屋を想像してたんですが・・
登場人物が全員とにかくキレてて、ほとんど性格的にも人格的にも歪んでる。
ほんと最後まで読んで後味の悪い漫画。
ですが・・
そういう内容だと知ってて読む分には、面白い作品だと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-04-04 14:48:38] [修正:2007-04-04 14:48:38] [このレビューのURL]

PR


殺し屋1(イチ)と同じ作者の漫画

山本英夫の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊ヤングサンデーの情報をもっと見る