ホーム > 少年漫画 > 週刊少年マガジン > はじめの一歩

6.68点(レビュー数:90人)

作者森川ジョージ

巻数128巻 (連載中)

連載誌週刊少年マガジン:1989年~ / 講談社

更新時刻 2011-07-14 21:11:48

あらすじ 典型的ないじめられっ子である幕ノ内一歩。通りすがりのボクサーの鷹村がみかねてジムへと連れて行く、そこで鷹村は一歩の才能を見抜き、一歩はボクシングへと興味をもちだす。

シェア
Check

はじめの一歩のレビュー

点数別:
6件~ 10件を表示/全90 件

[ネタバレあり]

沢村戦までなら8点、鷹村VSホークのみなら10点である。
唐沢戦以降の一歩の戦いについては3点程度で正直、面白さに欠ける。
沢村戦以降で個人戦で良かったのは、鴨川VSアンダーソン・間柴VS沢村・宮田VSランディー・ヴォルグVSマイクのみ。
特にいらないと思ったの板垣の存在、板垣の必要性は全くなく一歩より強くなった勘違いしてジムを移籍して挑戦するような流れを感じるがタイミングを逃していると思うし、正直意味のないキャラで沢村より消すならコイツだと思う。
今から1巻から集めようとしているなら、鷹村の世界戦以降は漫画喫茶などで一度試読してから購入することオススメする。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-03-26 20:34:19] [修正:2014-03-26 20:34:19] [このレビューのURL]

7点 CUBさん

一歩がボクシングへの情熱を燃やし、
努力を重ね、周囲の人々に支えられ、ライバル達との死闘を乗り越えて
強くなっていく姿は感情移入出来たし、
特に一歩の日本王者獲得、鷹村の世界王者獲得の辺りは非常に感動しました。

だが残念ながら決まりかけていた一歩VS宮田戦が流れた辺りからワクワク感が減少してしまい、長く続け過ぎた弊害か、
一歩はもう“努力”というより“主人公補正”でKO勝ちしているような感覚で、
鷹村はどうせ最強だからと試合もいい加減な内容が多くなり、
マンネリ化してしまったのは残念。
そして板垣はあまりプッシュする程のキャラクターなのかは微妙。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-01-11 12:09:59] [修正:2014-01-11 18:12:50] [このレビューのURL]

1点 moonmalkさん

多くの少年にボクシングの素晴らしさ、ワクワク感・臨場感を伝えた「はじめの一歩」という作品をぶち壊した森川ジョージは屑。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-12-08 19:02:42] [修正:2013-12-08 19:02:42] [このレビューのURL]

9点 polojoさん

[ネタバレあり]

マガジンの長寿スポーツ漫画

その知名度は高く、「あしたのジョー」と双璧をなすボクシング漫画といえるのではないでしょうか。

見張るべきは試合の迫力。どの試合も手に汗握る展開となっています。キャラクターも一人一人に、とても個性が立っていて主人公の試合でなくても、目が離せない展開になっています。(むしろ、主人公以外の試合をベストバウトに選ぶ読者も多いのではないでしょうか)

ギャグはいかにもマガジンらしい下ネタが多いです。

マイナスポイントとしては、主人公一歩が優等生すぎる点、宮田との試合がなかなか実現しない点、最近は冗長な試合が目立つという点でしょうか。

しかし、最近やっと主人公も世界戦を戦い始めていますから、頂上決戦はちかいのかもしれません。それが宮田かリカルドかはわかりませんが。

ただ長年連載をしているだけあって、物語の質の高さは相当だと思いますので、かなりおすすめ作品です。


ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-05-25 00:07:05] [修正:2013-05-25 00:07:05] [このレビューのURL]

6点 pazzoさん

最初の頃は本当に楽しめる。

が、その後ダレて正直どうでもよくなる。
序盤の面白さが続いているうちに完結していれば明日のジョーに並べたのに、と思う。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-03-11 18:23:03] [修正:2013-03-11 18:23:03] [このレビューのURL]

PR


はじめの一歩と同じ作者の漫画

森川ジョージの情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年マガジンの情報をもっと見る