ホーム > 青年漫画 > 週刊ヤングジャンプ > SIDOOH 士道

5.8点(レビュー数:20人)

作者高橋ツトム

巻数25巻 (完結)

連載誌週刊ヤングジャンプ:2005年~ / 集英社

更新時刻 2009-11-25 06:29:50

あらすじ ニッポンが「幕末」と呼ばれる少し前、動乱の世に放たれた二人の兄弟がいた。
兄は雪村翔太郎14歳、弟は源太郎10歳――たった二人で生きることを誓った幼き侍に、時代の混沌、修羅の世界が容赦なく降りかかる!

シェア
Check

この漫画のレビュー

4点 デビルチョコさん

ストーリー設定は良かった。
幕末の時代に宗教団体のような組織を出した事で物語を盛り上げた。

しかし最後まで何も起きずに終わった。
「士道」という題名だが、武士道や侍の生き様は感じない。
組織の規模がでかくなっていったが、物語で大きく動いた所がない。
幕末という激動の時代を描ききっているという印象もない。

この著者の技量なら「士道」という
題名にあったストーリーをもっと追求出来たと思う。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-02-28 13:05:28] [修正:2015-03-23 23:00:59]

SIDOOH 士道と同じ作者の漫画

高橋ツトムの情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊ヤングジャンプの情報をもっと見る