ホーム > 青年漫画 > 週刊ヤングジャンプ > LIAR GAME

6.71点(レビュー数:52人)

作者甲斐谷忍

巻数19巻 (完結)

連載誌週刊ヤングジャンプ:2005年~ / 集英社

更新時刻 2012-07-26 21:21:55

あらすじ ある日、突然送られてきた小包。その中にはゲームに選ばれた事を祝福する手紙と、現金1億円が同封されていた。それがライアーゲームのスタートだった…。平穏な日常に、突如現れた”人間不信”の連鎖…。『嘘つきは誰だ。』大金を前に揺れ動く、人間心理を描破した問題作!

備考 不定期連載。2007年および2009年フジテレビ系列でテレビドラマ化された。

シェア
Check

LIAR GAMEのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全52 件

6点 フィロさん

オリジナリティのあるゲームがたくさん出てきますし、よく練ってあるなと感じます。
ですので、ゲームそのものを自分も推理しながら(解きながら)読んでいきたいタイプの読者には向いてると思います。ゲーム面では面白いですが、ストーリー的な盛り上がりには欠けるかな。

主人公のナオは純粋すぎて、秋山は賢すぎるような、そんなコンビなので、あまり誰にも共感しながら読み進めることができず、端から見守りながら読んでいくかんじでしょうか。自分のことしか考えてないドライな敵が多いなかで、純粋さを保ったまま人をみることを知ったナオは、成長できましたね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-03-23 19:58:39] [修正:2017-03-23 19:58:39] [このレビューのURL]

6点 三助さん

[ネタバレあり]

終わり方が謎でしたね。結局何にも解決してないという。

それにしてもよくあそこまでややこしいゲーム内容と
その抜け道、必勝法を考えられるなぁと脱帽します。

ただ、展開自体はワンパターンですよね。
敵が勝利を確信して内心ほくそ笑んでたら、
秋山が実は策を張り巡らせていて状況ひっくり返して、
ナオ&敵「えええっ!?」のパターンばっか。
「どうせ秋山が色々先回りしてるんだろうな?」と思いながら読んでしまうので
緊張感はあまりありません。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-11-29 10:31:04] [修正:2017-01-21 01:49:05] [このレビューのURL]

5点 punpeeさん

独自性のあるゲーム、その設定を作る才能に長けています。
矛盾も感じられなかったので、そこにおけるクオリティは文句無しだと思います。

作家さんの作品に対する姿勢は真面目で、敬意を表したいです。
しかしこの作品は、素直な方こそ楽しめると思いますが、ひねくれた読み手には物足りなく感じるのではないかと思います。

私は後者であり、全体的にキャラクターに魅力が無く感じました。
ステレオタイプばっかりで、深みを感じなかったというのが正直なところです。
逆に言うと破綻も無いので、良い意味でも悪い意味でも裏切らない作家さんだと思います。
(最終回は賛否両論でしょうが)

ただ、驚きや意外性が予定調和になってしまっているのは、こういう作品では致命的ではないかなぁと思います。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2016-03-10 20:31:22] [修正:2016-03-10 20:31:22] [このレビューのURL]

8点 朔太さん

少数決ゲーム、リストラゲーム、密輸ゲーム、ロシアンルーレット、17ポーカー、回らないルーレット、パンデミックゲーム、椅子取りゲーム等々・・・。
まず、驚くことは、こんな面白いゲームルールを考案すること、それ以上に必勝法と
打開策を考えられる人間がこの世にいるのか?ってこと。
甲斐谷忍は、福本伸行と並んで、私にとって神です。

設定や人物の非現実性には、若干の違和感があっても、コアになるゲームの面白さで
全てが許容されるほど、魅了されました。

同時に、策略渦巻く極限状態でも「参加者全員が欲を捨てれば、全員が救われる」と
言う直のような純粋少女にあくまでも正論を貫かせているところで、漫画としての
バランスが保たれているようです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-06-28 23:30:37] [修正:2015-06-28 23:30:37] [このレビューのURL]

8点 gundam22vさん

頭脳戦漫画としてドラマがヒットしているのもあって有名な作品。興味はあったのですが完結後に読んだ方が良さそうと思い敬遠していました。結果的にそれで良かったと思います(ルールが少し複雑でテンポも途中からは少し良くないので
一気読み向き)。正直最初は絵のレベルの低さ、1回戦のオチが読めまくっていたバトルで拍子抜け感が酷かったです。

しかし次第にゲームの内容・画力も迫力不足という問題は抱えながらも上達して行きました。特にゲームは少数決から終盤に至るまでには独自のゲーム性、駆け引きと逆転の連続で展開の面白さに引き込まれました。単なる個人勝負じゃなく囚人のジレンマ的な団体戦要素があり、その辺の駆け引きは毎回面白かったですね。主人公である直の成長、パートナーの切れ者秋山、オカマだけど「良い女」キャラのフクナガ、ライバルのヨコヤなどキャラも立って来て盛りあげました。心理学的要素を入れた解説も勉強になりました。

しかしライアーゲーム関連のオチはある程度予想出来た部分はあったのですが(なんだかんだでヌルかったですし)、やっぱりラストゲームの盛り上がりの乏しさといい良い締めではなかったなとは思います。投げっぱなしよりはマシ
だとは思いますが。あとカイジ系のゲームと比べると演出、オチとも関連するんですが緊張感をやや欠いてはいます。それでも毎回のゲームのレベルは高く、頭脳戦を代表する漫画という
評価は揺らがないと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-05-11 01:53:35] [修正:2015-05-11 01:53:35] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

LIAR GAMEと同じ作者の漫画

甲斐谷忍の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊ヤングジャンプの情報をもっと見る