ホーム > 青年漫画 > 週刊ヤングジャンプ > ハチワンダイバー

6.7点(レビュー数:48人)

作者柴田ヨクサル

巻数35巻 (完結)

連載誌週刊ヤングジャンプ:2006年~ / 集英社

更新時刻 2011-01-12 12:53:18

あらすじ 表のプロとは違う、賭け将棋をなりわいとする「真剣師」の青年・菅田。アマ最強と自負する彼を倒したのは秋葉原の女真剣師だった。

備考 将棋監修:鈴木大介。2008年にフジテレビ系列にてテレビドラマ化。

シェア
Check

ハチワンダイバーのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全48 件

6点 yumenneさん

まあまあ面白かった。作者の世界観みたいなのはすごい伝わってくる。ただ長い巻数を読み終えるのは少ししんどい。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-05-13 21:27:44] [修正:2018-05-13 21:27:44] [このレビューのURL]

3点 さん

いい意味で、
この作品は気の狂った将棋好きの人が描いた作品だなって感じ。

個人的にはいい意味ではなく悪い意味に映りました。
浮世離れしすぎ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-05-06 07:54:40] [修正:2018-05-06 07:54:40] [このレビューのURL]

8点 gundam22vさん

ハイテンション将棋漫画。将棋部分がしっかりしつつ、ルールが分からない人でも伝わるであろう迫力と熱さそして奥深を伏せ持った作風です。作者自身がプロの一線にでも駒落ちなら勝てる強さだけはあるかと。次第に超展開にもなって行きますが、キャラの個性が光りつつ続きが気になり、三十半ばの長編なのに楽しみつつ読めました(最後も上手く畳んだ方)。

一番の問題は次第に増えて行く将棋と関係ない格闘部分ですが(女性キャラがぽっちゃりし過ぎなのもこの辺が影響か)、ここは一気読みで良かったと心底思いました。それでもまだ多く感じるほどです。しかし、それを考慮してもやはり将棋漫画を代表する作品からは外せないだけの力がある名作だと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-02-18 16:54:32] [修正:2017-02-18 16:54:32] [このレビューのURL]

7点 つなさん

途中からちょっとダレた。将棋パートは良かったけど格闘パート冗長だった感。
でも将棋全然知らなくても楽しめるのはすごい。ミッシェル出てきて好印象。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-11-30 15:20:33] [修正:2015-11-30 15:20:33] [このレビューのURL]

7点 asd5さん

熱が伝わりにくい将棋と、
ある意味熱しか伝わらない(笑)柴田ヨクサルの見事な融合だと思います。
熱く生きるのは楽しい!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-06-17 22:15:45] [修正:2015-06-17 22:15:45] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

ハチワンダイバーと同じ作者の漫画

柴田ヨクサルの情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊ヤングジャンプの情報をもっと見る