ホーム > 青年漫画 > 週刊ヤングジャンプ > ハチワンダイバー

6.7点(レビュー数:48人)

作者柴田ヨクサル

巻数35巻 (完結)

連載誌週刊ヤングジャンプ:2006年~ / 集英社

更新時刻 2011-01-12 12:53:18

あらすじ 表のプロとは違う、賭け将棋をなりわいとする「真剣師」の青年・菅田。アマ最強と自負する彼を倒したのは秋葉原の女真剣師だった。

備考 将棋監修:鈴木大介。2008年にフジテレビ系列にてテレビドラマ化。

シェア
Check

ハチワンダイバーのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全48 件

8点 右から左へ。さん


まず何より、3巻の帯にも書いてあるが、これだけハイテンションな将棋漫画、将棋を面白おかしく描いた漫画を見たことがない。独創性あふれる作品。将棋なんだけど、これはもうバトル漫画のノリ。それぐらい熱い。

将棋漫画っていうと「月下の棋士」を思い浮かべる。あの漫画はあの漫画で、精神の限界のところで戦うプロ棋士たちの狂気をうまく表現できていると思う。月下の棋士を静とするなら、この漫画は動って感じ。色々な設定で笑わせてくれるのも、賭け将棋っていう設定があるからこそ。様々な生い立ちの人間を描けるから笑いの要素を確保できる。おふざけシーンは多いが、それがいい。月下の棋士より門戸が広い漫画であることは確かだと思う。純粋な将棋漫画とみたら、当然月下の棋士の方が上出来ではあるけど。そこは総合力でカバー。

将棋っていうと堅苦しいイメージがあるのだが、それをブルドーザーで壊した感じ。コマ割りも大きくて、スピード感あふれる指し手を表現できている。さくさく読める。面白い。熱い。絵はそれほどうまくないのだが引き込まれる。将棋を知らなくても楽しめる。知っているとなお楽める。

全体的に見てお買い得な漫画だと思う。将棋漫画だからといって敬遠せずに、一読を勧める。立ち読みでも十分面白いけれど、面白すぎて買ってしまった。人によっては生活に影響が出るほど読みふけってしまう漫画。8点。

ナイスレビュー: 3

[投稿:2008-10-23 20:50:12] [修正:2008-10-23 20:50:12] [このレビューのURL]

5点 雫結晶さん

熱血おバカ将棋漫画。
序盤は省略しつつもそれなりに将棋をしていた。文字山戦などなかなかにアツい。
しかし、しだいに将棋の対局内容が描かれなくなり、絵の勢いだけで押し切るようになってしまった。
そこが作者のウリでもあるのだろうが、作者自身もそれなりに将棋の腕があるのだから、もう少し将棋漫画として丁寧に描いて欲しかった。
結局のところ将棋が描きたいのか、勢いで魅せたいのかが良く分からない。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2011-08-18 00:00:30] [修正:2011-08-18 00:00:30] [このレビューのURL]

6点 columbo87さん

ヨクサル節は毎度のことですが、なぜ将棋なんだろう、キャラクタがくどすぎる。
格闘する意味もわからないし、話しがでかいのは世界観として理解できますが、将棋将棋してない漫画で、結局これは将棋漫画じゃなくてヨクサル漫画なんだなぁ、と思わせられる作品。
熱いし演出もクドくて王道でありながら節を外したストーリー展開はエンターテイメントとしてなかなかクスリとさせられる。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2011-06-01 14:05:03] [修正:2011-06-01 14:05:03] [このレビューのURL]

6点 bugbugさん

ヨクサル節全開で描く将棋マンガ
相変わらずの異色作です

将棋を指すに当たり、技量や頭脳よりも
心理や心意気などが重視され
ぶっ飛んでいて熱いです

ただ、こういう異色作はあまり長くやられると飽きるので
引き際が肝心かなと思いますね

ナイスレビュー: 1

[投稿:2009-01-25 14:40:37] [修正:2009-01-25 14:40:37] [このレビューのURL]

8点 naruhodo-さん

漫画を人にススメル時、
「どんなジャンル?」と聞かれることがある。
この漫画の場合、正直回答に困った。
もちろん本作は将棋漫画なので「将棋」と答えるのが正しいのだろうが、それだけでは不十分な気がする。

回答に困って辿り着いた結論は

ああそうか「柴田ヨサクル」か。だ。

要するにこの人の漫画は作者そのものであると自分は思う。
谷仮面にしてもエアマスターにしても扱っているものが異なるだけで、ジャンルはやはり「柴田ヨサクル」だ。

そして自分はこのジャンルがなかなかに気に入っている。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2008-07-16 00:32:00] [修正:2008-07-16 00:32:00] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

ハチワンダイバーと同じ作者の漫画

柴田ヨクサルの情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊ヤングジャンプの情報をもっと見る