ホーム > 青年漫画 > 週刊ヤングジャンプ > べしゃり暮らし

6.16点(レビュー数:25人)

作者森田まさのり

巻数19巻 (完結)

連載誌週刊ヤングジャンプ:2005年~ / 集英社

更新時刻 2012-07-26 21:20:44

あらすじ ウケるためなら命がけ!? 吉竹高3年の上妻圭右は、自称・学園の爆笑王。その才能は、昼の放送でいかんなく発揮される! だがある日、大阪から転校してきた元芸人・辻本潤の出現で、爆笑王・圭右大ピンチに!?

備考 週刊少年ジャンプで2005年44号から2006年30号まで連載され(28話まで)、赤マルジャンプ2006SUMMERの掲載を経て(29話)、週刊ヤングジャンプで2007年7号から月2回連載として再開(30話以降)。

シェア
Check

べしゃり暮らしのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全25 件

他のレビュアーさんが表記されているように作中の漫才が笑えないとかの評価は、
本質からズレてる気がします。
本格サクセスストーリー、人間ドラマが重点だと思います。

芸人業界の仕組み、芸人の栄光と挫折が丁寧に描かれています。

絵、構成、演出などがベテランの風格があり、安定してます。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-10-30 00:28:43] [修正:2016-02-15 21:40:11] [このレビューのURL]

6点 朔太さん

独りよがりな主人公には共感できませんが、むしろサブ的に散りばめられた周辺の漫才師たちの
プロフェッショナル魂のストーリこそ本編の神髄ではないかと思います。
デジタルきんぎょの天才金本と相方藤川の敬愛しながらもライバルにある微妙な関係、
ねずみ花火の芸への処し方など人間ドラマの見せ方は、いつもの森田まさのり氏の
ものでした。10巻まで。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-01-12 22:26:22] [修正:2016-01-12 22:26:22] [このレビューのURL]

7点 チプルンさん

絵もストーリーも、凄く丁寧で本当に好感が持てます。

この時代の漫画家が、
過去の栄光にすがった様な作品ばかりで落ちぶれている中、
森田先生だけは未だ進化している様な感じです。

人間ドラマを描くのが上手ですね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-12-31 19:36:48] [修正:2014-12-31 19:36:48] [このレビューのURL]

9点 ぴかちゅうさん

評価低いのは本当に驚き。
レビュー見てみたら
漫画の中のギャグがつまらないという
ことが多いようなのですが。

この漫画はお笑い漫画ではあるがギャグ漫画
と大きく色が違うので
ギャグ要素を指摘するのは不毛だと思っています。

人間ドラマ的に泣ける部分も多いし

お笑いがシビアな業界であると思わす描写

主人公がつまらないギャグをいって
クラスで爆笑をとる空気感

森田先生の劇画タッチが作品のリアリティとマッチしてるとこも

どこをとっても素晴らしい漫画です^^
10点をつけたいのですがまだ未完なので保留しておきます。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2013-03-18 17:19:33] [修正:2013-03-18 17:19:33] [このレビューのURL]

7点 あおはなさん

漫才を扱う漫画だからといって、この漫画は読者を笑わせることがテーマではないです。そんなネタを漫画でかけるのなら森田先生漫画やめてるじゃないですか?様々な人間模様を通して成長していくコンビ(いやトリオでした・・・失礼)を描き出そうとする類でお笑いそのものがテーマじゃないですよね?そういうこと期待してると全くもってつまらないと感じるはずなので前もって。個人的には蕎麦屋のお父さんに関連した話がすきです。

ナイスレビュー: 2

[投稿:2010-11-04 16:44:04] [修正:2010-11-04 16:44:04] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
12345

べしゃり暮らしと同じ作者の漫画

森田まさのりの情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊ヤングジャンプの情報をもっと見る