ホーム > 青年漫画 > ウルトラジャンプ > 皇国の守護者

7.97点(レビュー数:73人)

作者伊藤悠

原作佐藤大輔

巻数5巻 (完結)

連載誌ウルトラジャンプ:2005年~ / 集英社

更新時刻 2012-08-31 09:48:49

あらすじ 佐藤大輔著の同名小説『皇国の守護者』が原作。サーベルタイガー・天龍などファンタジー色強い戦争物。が、内容は既得権益を守る為に足を引っ張り合う権力者や決して一枚岩ではない軍隊など、非常に現実的(というか生臭い)でもある。時代設定としては十九世紀ごろ。蒸気機関が発明されてから約二十年が立つ。
 【大協約】という人と龍が交わした契約が、世界秩序を為す世界。そこに存在する小国『皇国』と、その皇国に侵攻してきた世界最大の大国『帝国』との戦争が主な内容だが、そこに皇国内での覇権争いや経済問題、政治も絡めて描いてゆく。主人公は帝国との決戦に敗れた皇国が敗走する中、運悪く遅滞戦を命じられた皇国軍人・新城直衛。実験部隊でもある剣牙虎部隊を率い、新城は絶望的な戦線にその身を投じてゆく…。

シェア
Check

皇国の守護者のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全73 件

9点 punpeeさん

打ち切りだったんですね。
このサイトで知りました。
キリ悪い終わり方ではないと思ったけど、もっともっと続けられるし、見たかったなーと非常に残念でした。

この作品は新城直衛の人間性の魅力に尽きますね。
あとこの作者、この後の作品「シュトヘル」でも言えますが、セリフのセンスが秀逸です。
非常にパンチラインが多い。

一話一話の密度が濃く、一切の無駄無く5冊でまとまっているという点でも評価に値します。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2016-02-06 15:51:25] [修正:2016-02-06 15:51:25] [このレビューのURL]

架空戦記ですが、洋風ではなく、和風寄りです。

戦争の悲惨さ、過酷さ、その状況下の人間の狂気の反映の仕方が良く出来てました。
女性作者ですが、無情な残酷描写もちゃんと描いてます。

軍人達の一つ一つのセリフにも重みがあります。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-11-03 18:11:46] [修正:2015-03-27 23:37:51] [このレビューのURL]

9点 デビルチョコさん

原作は読んだ事がありません。

非常に面白かった。
戦闘は迫力があり、すぐにストーリーにのめり込んだ。
戦術も興味深く、心理描写も丁寧。
またファンタジー要素も上手くストーリーに絡められていた。

もっと読みたかった。
打ち切りになったのが非常に残念。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-02-18 22:43:49] [修正:2015-03-05 19:11:26] [このレビューのURL]

剣牙虎や龍、導術などのファンタジー要素込みの架空戦記マンガ。皇国=日本、帝国=西欧連合みたいな感じかな。1巻の時点で主人公・皇国サイドがかなりの劣勢であり、その息も詰まる戦闘描写にぐっと引き込まれた。

登場人物もひとり残らず魅力的で、とくに主人公・新城は指揮官としてのキレ者っぷりと、いかにも人間臭い自己嫌悪や戦への恐怖という二面が描かれていて、これがめちゃくちゃ良い。
戦場以外の人間関係でもしたたかに、しかし決して完璧な人間ではないからこそ、笹嶋言うところの「面白い友人」ができるのだろう。
そんな新城の活躍をもっと見ていたくもあったのだけど…。
単行本たった5巻ではあるがその密度は高い。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-09-12 23:19:56] [修正:2014-09-12 23:19:56] [このレビューのURL]

9点 fasterさん

いろいろ事情があったのだとは思うが、5巻で終わってしまったのは非常に残念。
もっと続けていたらさらに人気が出ていたことは間違いないと思う。

戦記物でありながらファンタジーな世界観と融合しているところが良い味を出している。

また、少し特徴的かもしれないが絵が上手い。
特にキャラの心情を描き分けるのが上手い漫画家さんだなと思った。

それにしてももう少し続いてほしかった。非常に残念だ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-01-05 00:36:11] [修正:2013-07-25 01:13:39] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

皇国の守護者と同じ作者の漫画

伊藤悠の情報をもっと見る

同年代の漫画

ウルトラジャンプの情報をもっと見る