ホーム > 不明 > 月刊!スピリッツ > シュトヘル

7.35点(レビュー数:17人)

作者伊藤悠

巻数14巻 (完結)

連載誌月刊!スピリッツ:2009年~ / 小学館

更新時刻 2011-04-04 21:45:59

あらすじ 13世紀初頭。史上最強のモンゴル軍に「悪霊」と恐れられた女戦士がいた。 戦士の名はシュトヘル。彼女と、一族を敵に回したモンゴルの皇子の壮大な物語。

備考 「ビッグコミックスピリッツ」にて不定期連載されていたが、2010年から「月刊!スピリッツ」に移籍した。  第16回手塚治虫文化賞新生賞受賞。

シェア
Check

シュトヘルのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全17 件

6点 pocky285さん

 西夏国に強い恨みを持ち、西夏の文字を焼き払おうとするモンゴルの大ハン、チンギス・ハンから西夏の文字を刻んだ玉音同を守る戦いを描いている。現代日本の高校生の魂が乗り移るところから物語が始まる。つまり西夏人の女戦士である悪霊=シュトヘルには男子のスドー、西夏の王子で実はチンギス・ハンの血を引くユルールには女子のスズキさんが乗り移る。
 壮大な設定と西夏文字のなんとも言えないデザインにひかれる。発想がすごい。ただしあまりにモンゴルや西夏のシーンが長く激しすぎて、結局スドーとスズキさんのキャラには感情移入できず。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-10-21 19:31:09] [修正:2017-10-21 19:31:09] [このレビューのURL]

5点 gundam22vさん

西夏や文字というマイナー題材に注目しているところ、文字の大切さを訴えるテーマ性は素晴らしいのですが、前作でのハラハラや戦記感が失われた気がします。繰り返し訴えられるそのテーマ、逃避や個人バトルが中心となって、盛りあがりに欠けているように思えました(バトルが絵的に見にくいのも)。大モンゴルが絡むに関わらず、戦記的に盛りあがらなかったのがどうしても惜しいです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-05-26 23:30:16] [修正:2017-05-26 23:30:16] [このレビューのURL]

10点 torinokidさん

舞台は13世紀の元。ストーリーの鍵は「文字」。
なかなかマニアックな設定だと思うが、
伊藤氏の味のある絵柄が見事にマッチしている。

早く続きが読みたい作品。

今回は伊藤氏オリジナルなので「皇国の守護者」のような
終わり方はないと信じたい。

追記
11巻の盛り上がりはすごいですね。連載中だけど評価を10点に上げます。
ラストでヘタをこかないことを祈ります。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-12-17 14:39:32] [修正:2015-07-04 17:44:49] [このレビューのURL]

9点 デビルチョコさん

面白い。
昔のモンゴルから現代の日本へ急にシーンが変わったりするが、
そのタイムリープが絶妙にストーリーに絡んでいて続きが気になる。

格闘シーンは迫力があり、心理描写も丁寧。
物語の構成や展開も良く、ストーリーにのめり込みます。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-02-12 22:04:02] [修正:2015-03-16 12:55:50] [このレビューのURL]

過去に絡んだり、複雑な人間関係ですが、頭に入ってきやすいです。

女性作者で、ここまでの鬼気迫る戦闘描写を描く人は知らないです。
男性でもそういないでしょう。

戦場での命の虚無さや儚さも、目を逸らさずに描いてます。

細かい心理描写も秀逸です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-12-13 18:40:15] [修正:2015-03-08 21:31:52] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
1234

シュトヘルと同じ作者の漫画

伊藤悠の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊!スピリッツの情報をもっと見る