ホーム > 不明 > 月刊少年マガジン+ > Q.E.D. 証明終了

7.57点(レビュー数:14人)

作者加藤元浩

巻数50巻 (完結)

連載誌月刊少年マガジン+:1998年~ / 講談社

更新時刻 2010-08-15 12:40:27

あらすじ 主人公は、マサチューセッツ工科大学を15歳で卒業しながらわけあって日本の高校に再入学し、多方面に豊富な知識を有する変わり者の天才児、燈馬想。そのクラスメイトで、好奇心旺盛、行動力抜群、そして並外れた運動神経の持ち主の水原可奈この2人が、様々な事件を推理力と行動力で解決するというお話

備考 28巻では同作者による姉妹作品「C.M.B 森羅博物館の事件目録」とのコラボレーション企画が行われた。2009年 1月8日よりNHK「ドラマ8」にてテレビドラマ化された(全10回)。2009年 第33回講談社漫画賞(少年部門)受賞。談社の隔月誌最長連載記録作品であり、この記録は現在も更新中である。当初はマガジンイーノ(旧:マガジンGREAT)で連載されていたが、途中で休刊となった為、月刊少年マガジン+に移籍。第2部「iff」に続く。

シェア
Check

Q.E.D. 証明終了のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全14 件

9点 Leonさん

金田一、コナンとは違って、これだけ長く続いているのに話の
クオリティ低下が出ていないのが凄い。単純に殺人事件に囚われず、
数学の問題や日常の謎を扱ったりと作者の引き出しの多さに驚いた。
トリックやロジックに粗が殆どないし、犯人の動機に主人公が
あっさりしているのも珍しい。絵柄やドラマ性が低くて地味なのが
玉に瑕だけど、まさにプロの仕事と言える傑作。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-10-24 23:15:18] [修正:2021-03-31 09:42:11] [このレビューのURL]

8点 朔太さん

主人公がMIT出身の高校生という設定で、数学的な解決が
多くみられるのが特徴です。
したがって、トンでもトリックはほぼ皆無でした。
理にかなった謎あるいは謎解きなので、満足度が
高いミステリー作品になっていました。

月1回1話完結のキチンとした短編読み切りになっています。
他の少年誌ミステリーに比べても良質で正攻法の
ストーリーになっていますので、月刊誌ではなく表舞台で
活躍してほしかったような勿体なさも感じてしまいます。

良作と思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-09-11 20:52:44] [修正:2017-09-11 20:52:44] [このレビューのURL]

7点 yiconさん

日常の中で起こるちいさな事件についての謎解きが淡々と続きます。地味。一気読みは苦痛。しかしお話のスパンが短いのでちょっとした空き時間にはうってつけ。理科系のうんちくにはまるでついていけない笑

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-08-19 14:14:20] [修正:2011-08-19 14:14:20] [このレビューのURL]

8点 gundam22vさん

天才でスーパーエリートだけど活動は全くしない、
引き篭もり気味主人公と勘は良いけど、頭はあんまりで活動的
なヒロインが、良い具合にコンビを組んで事件を解決
する推理漫画です。

他の推理漫画と違い、殺人だけじゃない事件と殺人の両方が半々くらいあって、従来の殺人事件ばっかりという話とは違います。

そして、トリックなど話の運びが上手く、「これはないだろ」というオチが少ないのも特色です。
毎回作者が博識なためその手の知識が自然と筋に盛り込まれており、読んでてタメになります。

不思議とこれだけ長く続きのにマンネリが薄いです。飽きさせないように工夫があります。

欠点はコナンや金田一少年と違って、作風のためかインパクト
にやや欠けるところでしょうか。作者の理系的な知的さが淡々とした印象を与えているような気がしないでもないです。
あと初期の絵はさすがに低く雑さがあります(すぐに洗練されて
行きますが)。

基本一話完結でどこからでも読めると思いますし、コナン、金田一
少年に比べても完成度では上ではないかと思えるほどなので、
知らない人には是非読んで欲しい作品です。




ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-12-15 01:47:42] [修正:2010-12-15 01:47:42] [このレビューのURL]

7点 臼井健士さん

「金田一」や「コナン」に対抗できるだけの巻数を重ねながらも終始「地味」な推理漫画。

とにかく見開きページで決めゼリフを派手に決めるようなシーンもなく、「探偵グッズ」が次々と登場するわけでもない。
絵的にアピールするという意味では上記の2作品と比較して弱い点は否めない。

けれど、この作品はその分「謎解き」という面において特化していて、人間ドラマは極力省いて「贅肉を削ぎ落とした筋肉質の作品」としている。その証拠に、毎回の犯人が見つかった後はすぐに終了となっているし、エピローグなどをダラダラと続けたりはしないのだ。

主人公が「理系の天才」という設定も、作者がお得意らしい数学的知識をふんだんに盛り込むという意味では効果的。
同じ天才のはずなのに「理由不明で学業が振るわない金田一一」などとは違うのである。

推理漫画である以上「殺人事件」が起こらないと話にならない・・・という問題点はこの漫画でも解決はされていないのだが、それでも全体的な比率からすると五割前後で、九割突破が確実な「金田一」「コナン」よりもずっと抑えている点も好印象。
ひとつの事件がコミックスのその一冊の中で解決する設定は画期的。
次巻に跨ぐと展開を忘れてしまうという欠点がどうしても出てきてしまっていたが、その問題点をクリアした。

レギュラーは頭脳労働担当の「燈馬」と肉体労働担当の「可奈」の2名にキッチリと分けられているのも「コンビ」という意味においては成功。
前述のようにミステリ系の漫画としては明らかに「金田一」「コナン」の2作品よりも出来が上なのだが、掲載誌が隔月発行ということもあって、コミックスがまともに置いていない書店さえ結構あるというのが現状。

そんな恵まれない環境にあってもコミックスは25巻を突破。
講談社の隔月掲載の漫画の最高記録保持作品なんだそうです。
つまり・・・コアなファンでないと存在自体に気付くことの出来ない漫画でもある・・ということなんでしょう。

ぜひ「金田一」「コナン」とのコラボで調子に乗る金田一一と江戸川コナンを懲らしめて欲しい。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-09-12 20:43:23] [修正:2010-09-12 20:43:23] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123

Q.E.D. 証明終了と同じ作者の漫画

加藤元浩の情報をもっと見る

同年代の漫画

  • redEyes

    総合点:5.5点

    レビュー数:2人

月刊少年マガジン+の情報をもっと見る