ホーム > 青年漫画 > モーニング > GIANT KILLING

7.45点(レビュー数:66人)

作者ツジトモ

原作綱本将也

巻数54巻 (連載中)

連載誌モーニング:2007年~ / 講談社

更新時刻 2010-08-15 12:15:01

あらすじ 達海猛35歳、職業サッカー監督。今季より弱小プロサッカークラブ「ETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)」の監督に就任する。現役時代も監督になってからも、大好物は「番狂わせの大物喰い=ジャイアント・キリング」。サッカーを面白くするのは監督だ!

備考 2010年にNHKにてテレビアニメ化された。

シェア
Check

GIANT KILLINGのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全66 件

8点 twiceさん

仕事をしていると、力を持った個人が大活躍する場面はあまりなくて、個人を支える仕組みが動くことで目的に近づいていく感じがする。スポーツもスタープレーヤーが単体で機能しているわけではなく、環境を作り維持する仕組みが支えることでスタープレーヤーが機能しているという観点で、この漫画の説得力が形成されている。大人の鑑賞に耐える漫画だと思う。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-12-27 00:03:40] [修正:2016-12-27 00:03:40] [このレビューのURL]

6点 punpeeさん

サッカー漫画の中では一番面白いです。
しかし、この作品はサッカー漫画というか、「Jリーグ漫画」というジャンルと捉えた方がいいかもしれません。

皆さんのレビューにある様に、監督や選手だけでなくクラブチーム、サポーター、記者等のストーリーが全て並行して動いていく。
少年漫画の様なJリーグを制したから世界だ!とか、必殺技だ!とかそういうノリでなく、地に足を付けながらブレない世界観があります。

逆に言うと、選手の成長を感じさせるものはあれど、
大きく変わらないスケールの中で、勝ったり負けたりを繰り返して30巻超という、
いい意味で安定している、悪い意味で起伏が無いといった印象です。
振り返っても、過去の対戦相手や試合内容が鮮明に思い出せない。。。

かと言って試合自体は熱くさせてくれるシーンも十分にあります。
試合における構図やキャラ心理、セリフの掛け合い等、魅せる演出力も高く思います。

間違いなく良作だと感じています。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-06-21 22:41:00] [修正:2016-06-21 22:41:00] [このレビューのURL]

9点 デビルチョコさん

監督を主人公としている設定が斬新。

また選手、コーチ陣、サポーター、そしてジャーナリストや
カメラマンと、多くの視点からストーリーを展開しているのも良い。

監督を軸として、選手がプレーをする試合の描写も見事。
様々な立場から物語をひろげていくストーリーは、
作品としての厚みを感じる。

今後も期待している。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-02-15 11:47:02] [修正:2015-03-15 12:49:05] [このレビューのURL]

9点 kokokoさん

[ネタバレあり]

ここ五年くらいでは一番好きな漫画
最初は絵が受け付けなかったが今ではむしろ好きな絵

監督を主役にするという発想の勝利

ガキの時にみていたら絶対サッカーやっていたと思う

わくわく感でこの漫画に勝てる漫画は今のとこないってぐらいの漫画

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-03-07 22:47:13] [修正:2015-03-07 22:47:13] [このレビューのURL]

3点 ヒデリウさん

これ面白いかなあ?
仕事もせずに大げさな事言うファンの人(スカルズだっけ?)が嫌い!
ハア?ってなります。見かければバーカって言いたい

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-09-04 15:44:17] [修正:2014-09-04 16:00:06] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

GIANT KILLINGと同じ作者の漫画

該当なし

ツジトモの情報をもっと見る

同年代の漫画

モーニングの情報をもっと見る