ホーム > 青年漫画 > モーニング > 黒博物館 スプリンガルド

6.1点(レビュー数:20人)

作者藤田和日郎

巻数1巻 (完結)

連載誌モーニング:2007年~ / 講談社

更新時刻 2012-01-19 13:38:51

あらすじ 1837年、大英帝国の首都ロンドンに、女性ばかりを狙って悪戯をする犯罪者が現れた。脚に「バネ足」を仕込み高く跳び上がり、目と口を光らせ、奇怪な声で笑う怪人物は、イギリス国民から「バネ足ジャック」と呼ばれ恐れられた。しかし、1838年春、犯人 は逮捕されることなくその姿を消した。それから3年後の1841年、再び姿を現した「バネ足ジャック」は、悪戯ばかりでなく女性を殺害する殺人鬼となっていたのだが……。

備考 短期集中連載
続編『黒博物館スプリンガルド異聞マザア・グウス』も収録

シェア
Check

黒博物館 スプリンガルドのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全20 件

6点 森エンテスさん

藤田作品らしい物語及び物語展開ですね。

ベタベタな物語なんですけど、上手くまとめていくので、読後感が良いです。

作者の絵柄に抵抗が無ければ間違いなく楽しめる良作です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-12-05 00:55:30] [修正:2015-12-05 00:55:30] [このレビューのURL]

6点 gundam22vさん

話としては驚きもなく普通だったので昔一度読んだ時は大して面白くないと思った作品でした。しかし今読み返すと作画の丁寧さに驚きました。描き込みの量とか凄いですし。題材も怪奇を史実を絡めて良く描けていた方かと。一見クールビューティな学芸員さんが話してみるとかわいい性格なのも良いですね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-08-25 15:53:20] [修正:2015-08-25 15:53:20] [このレビューのURL]

西洋の世界観、不気味な雰囲気が良かったです。

ホラー、謎解き、バトルも良い感じに割り当てられてます。
青年漫画ですが、少年漫画らしい活劇もあります。

バトル描写の躍動感、構図もシビれます。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-11-12 19:39:51] [修正:2015-02-28 18:52:48] [このレビューのURL]

9点 ルリヲさん

100円で売ってたから適当に買った漫画。

これを読んだ頃、なんだか漫画マンネリというかそんな感じで、何を読んでもピンとこなかったんだけど、そういうものが一気に吹き飛んだ感じがした。
漫画を読んでわくわくして、胸が熱くなって、読み終わった後しばらく余韻に浸る。そのかんじをを久しぶりに味わった。

1冊で完結するしぜひ読んでみてほしい。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-09-13 05:54:39] [修正:2012-09-13 21:30:10] [このレビューのURL]

6点 ドルバッキーさん

スッキリとまとまっていて読みやすかったです。

藤田作品は伝えたいことがストレートに伝わってくるので大好きです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-03-29 21:37:11] [修正:2012-03-29 21:37:10] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
1234

黒博物館 スプリンガルドと同じ作者の漫画

藤田和日郎の情報をもっと見る

同年代の漫画

モーニングの情報をもっと見る