ホーム > 青年漫画 > 週刊ヤングマガジン > 行け!稲中卓球部

7.53点(レビュー数:54人)

作者古谷実

巻数13巻 (完結)

連載誌週刊ヤングマガジン:1993年~ / 講談社

更新時刻 2011-04-15 20:23:20

あらすじ 熱血少年・竹田が率いる卓球部には、妖怪たちが住むという――。
変態の前野、 「あしたのジョー」オタクの井沢、ハーフの毒ガス王子こと田辺、ド級のムッツリスケベ・田中。副部長の木之下だけが、稲中一のモテ男!
個性豊かな部員がそろうこのクラブは、まさに変人の園……。
濃厚ピンポン・ライフ、ギャグの渦巻く青春グラフィティーのはじまり!

シェア
Check

行け!稲中卓球部のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全54 件

9点 ヨノナカさん

ギャグ漫画はギャグがメインの漫画のことを指すのだけれども、不思議なことにギャグ漫画はギャグだけでは作品としては上手くいかなくて、ギャグ以外の何かが入ってやっとスッキリとした形になります。正確に言うと、ギャグの「下味」に一つ工夫が必要なわけで。稲中に関して言えば、それは作者独特の世界観というか哲学だったりしたわけです。

しかしギャグ漫画ってのは不思議ですねー
真正面から哲学を語られてもなんか構えちゃって眉唾くらいにしか思わないんだけれども、ギャグの中に哲学を織り込むと不思議なくらいに心の真芯を捉えられてしまう。しかもそれが半ば無意識的になんだからスゴイ。

宮崎駿映画もそうですが、哲学+漫画(アニメ)という組み合わせは日本が誇る最高の組み合わせですよね。ご飯とみそ汁?

ナイスレビュー: 2

[投稿:2007-03-10 17:53:42] [修正:2007-03-10 17:53:42] [このレビューのURL]

9点 拙僧若輩にてさん

 言わずと知れたギャグ漫画の頂点。

 連載終了後、十五年が経とうとしている今なおこの作品を越えるギャグ漫画は出ていないという、圧倒的な力を持った作品。
 
 私はこの作者については、新井英樹しかり、天才とXXXの紙一重の所に心を置く人間が突出した作品を生み出すことの典型であると捉えている。
 
 ヒメアノールなど後の作品を読めば、この作者がいかに常軌を逸した所で人間の深層を見ているかが分かり、また同時に、そんな人物だからこそ他人には決して真似できない笑いが生まれているということが分かる。
 
 思うに、人間の表現力というものはその人間の持つ感性に裏打ちされているが、この作者の感性の輪は私のような凡人のそれよりも一回りも二回りも大きく、それ故にどのように面白かったか説明はし辛いがただひたすら笑えるというギャグが多く見られる。
(この点においては松本人志に共通するものがある)

 1,2巻はバレーボーイズとあまり変わらない、ただ下品なだけで笑えない内容でありこそすれ、喉もと過ぎればなんとやらで、そこを堪えれば至上の笑いが私達を待ち受けている。
 1巻だけ読んで敬遠されている方がおられるならば是非もう一度読み直してみて頂きたい。
 
 ここからは個人的な感想で。
 
 この作品には悶絶するような笑いが多々ありましたが、その中でもイガグリ田中の「送れぇーーーーッ!!」は私にとってギャグ漫画史上屈指の名言であると思っています。これが私の「マイ稲中」です。
 あなたの「マイ稲中」はどの笑いだったでしょうか?
 浣腸ワールドカップ? 死ね死ね団? 竹田の「おっぱい」? 海での合宿? それとも……

ナイスレビュー: 1

[投稿:2011-06-17 05:09:53] [修正:2011-06-17 08:37:16] [このレビューのURL]

8点 ミドリちゃんさん

とてもほのぼのした感動的な上品な漫画なので,是非電車の中で読んでください。友達が増えるかもしれません。


ナイスレビュー: 1

[投稿:2010-03-06 20:48:43] [修正:2010-03-06 20:48:43] [このレビューのURL]

8点 オカシューさん

そうとう笑いのレベルの高いギャグ漫画です。
しかも途中で失速せずに最後まで面白かったのが凄いです。
(ただ下品な部分もかなりあるので万人向けかどうかは微妙です。)

最初の頃ヤンマガは隔週発売だったので創作に時間的余裕があったのも作者が育つきっかけになったんだと思います。
(週刊発売になってワリと早く連載終了しました。)

週刊連載のサイクルはホントにきついんでしょう。対応し続けられる漫画家の人は少なく多くの才能がつぶれて行っていると思います。

あと別の話ですがヤンマガとかの読者が多く好む漫画は本音で語る部分が多くそれが胸に刺さる事がよくあります。

稲中ではブスの女性はかなりひどい扱いを受けており若い間は(女性は特に)美人かどうかが非常に大きな価値基準であり、顔のよし悪しでもう人間扱いされない場合もありうる気がします。

漫画の中では大笑いしていても現実にかえってみると、自分の今のランキングは・・・
現実とは残酷なものなのですねぇ・・・

所持巻数 全巻







ナイスレビュー: 1

[投稿:2009-08-04 21:07:38] [修正:2009-08-04 21:07:38] [このレビューのURL]

10点 assdさん

面白いギャグマンガ、ドラマ、お笑いはいっぱいあるけど、
心から爆笑する物は少ない。

内容は下品でくだらないギャグマンガだけど、
作り出したコントとか練りに練ったお笑い、
ドラマなんかでは生み出せない、
究極の笑い、
人間のあほさ、馬鹿さがここにある。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2008-04-05 22:19:00] [修正:2008-04-05 22:19:00] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

行け!稲中卓球部と同じ作者の漫画

古谷実の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊ヤングマガジンの情報をもっと見る