ホーム > 青年漫画 > 月刊IKKI > ドロヘドロ

7.87点(レビュー数:98人)

作者林田球

巻数22巻 (連載中)

連載誌月刊IKKI:1999年~ / 小学館

更新時刻 2012-11-20 04:08:22

あらすじ ちょっとコワい顔だけど、性格は意外とカワイイ!? “爬虫類顔”のイイ男・カイマンが人間の姿を取り戻すべく、彼を異形に変えた「魔法使い」に立ち向かう!!(紀伊国屋Webより)

シェア
Check

ドロヘドロのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全98 件

2点 チーズカバオさん

完結の告知を大々的に出していたのに、(掲載紙の事情もあるとは言え)しれっと連載を続けていたり、その割に数年間にわたり支離滅裂な展開でグダグダやっていたり、もはや全盛期の面白さが嘘のような駄作に成り下がってしまった。
せっかくの登場人物の魅力も、作者自ら潰していっているので、キャラ萌え要素すら薄れてしまっている。
もはや魅力的な要素が絵柄しかない。
10年くらい前は大好きな作品だったため、非常に残念である。

ナイスレビュー: 2

[投稿:2017-08-11 23:18:22] [修正:2017-08-11 23:18:22] [このレビューのURL]

10点 sinanaiさん

きゃら、ストーリー、雰囲気全てが最高レベルの漫画。
特に緻密に張られた伏線を回収していくところは絶妙に上手い

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-01-31 07:36:52] [修正:2017-01-31 07:36:52] [このレビューのURL]

3点 トカレフさん

[ネタバレあり]

煙が一旦退場してからはひたすら迷走し続けている印象。
刊行ペースが遅いのにテンポ悪いとか最悪である。
煙ファミリーが復活したので、序盤の面白さを取り戻してくれることに期待してはいるが、それでも最早手遅れだと思う。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-07-31 11:11:52] [修正:2016-08-02 14:22:01] [このレビューのURL]

8点 punpeeさん

これ、キャラクターデザインとか世界観とか作者の遊び心とか、ついでに言うと本の装丁とか、全体的にツボなんですよね。

ストーリーに関しては、情報量の多さと、時間軸が行き来するので、多少混乱気味なのが正直なところ。
早く整理して収束に向かってほしいのが本音。笑

女性作家との事ですが、アクションシーンは迫力があり、見応えがあります。
ただ、魔法使いという設定はあるものの、凝った魔法や設定では無いので、いわゆるジョジョやハンターハンターの様な心理戦や相性による能力系バトルというクオリティは期待しない方がいいです。
むしろワンピースの様な、能力は色々ありますが(相手をバラバラにしたり、相手をキノコにしたり、相手をパイにする等)、最終的には力任せな要素が強いです。

作品のセンスは1巻だけでも十分な試金石に出来るので、それでハマり、後は値段という敷居の高さをクリア出来れば、良い出会いになるのではないかと思っています。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-06-28 21:46:07] [修正:2016-06-28 21:46:07] [このレビューのURL]

10点 おもちぃの嫁さん

独特の世界観と気が付けばすんなり記憶に焼き付いているキャラ達。そして毎回驚かせる内容。謎が謎を呼び次の巻に手が伸びている。そんな印象です。確かに絵にクセがあり手を出しにくいかもしれませんが一度読めば内容が上回るため、それほど気にならないと思います。他の作品とは一味違うダークファンタジーをご賞味あれ!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-03-22 17:23:24] [修正:2016-03-22 17:23:24] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

ドロヘドロと同じ作者の漫画

林田球の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊IKKIの情報をもっと見る