ホーム > 青年漫画 > コミックビーム > 砂ぼうず

7.06点(レビュー数:15人)

作者うすね正俊

巻数20巻 (連載中)

連載誌コミックビーム:1997年~ / エンターブレイン

更新時刻 2009-11-25 06:27:32

あらすじ 関東大砂漠…。数百年前に滅びた文明の遺跡が、墓標のように立っている死の砂漠…。昼間の気温は摂氏50度を超え、夜は氷点下を割る過酷な場所…。「砂ぼうず」は、ここ砂漠の便利屋である。言わば、砂漠で生きるプロフェッショナルだ。 今日もまた、人々の私利私欲の為に金で雇われる・・・

シェア
Check

砂ぼうずのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全15 件

6点 チーズカバオさん

読む前は血生臭い硬派なミリタリーアクションかと思っていたが、読んでみたら馬鹿丸出しのボンクラ漫画だった。もちろん褒めてます。

しかし、第1部の後半あたりからは読む前のイメージに近い作風になり、描く側も読む側も相応の気力が必要になっていった。
そして、作者が大病を患い体力が落ちてからは、描く側の気力が目に見えて下がっていったように思う。
そうなってからはストーリー展開も作画も残念な感じに…

最後は正直なところ不満が残るが、こればかりは致し方ないか。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-11-16 13:37:13] [修正:2020-11-16 13:37:13] [このレビューのURL]

8点 朔太さん

秋本治のアシスタントを長く務めた人らしく武器の
メカニックに見るべきものがありますが、
ストーリー展開にはほとんど関連しません。
むしろ、砂防コートやヘルメットはシンプルで
かわいい絵柄を醸し出しています。
格闘シーンも力技ではなく、ワイヤーウィンチを
利用した空中戦が戦闘の悲惨さを軽くしています。

背丈も小さく、ちょこまかした機動力で戦う姿は、
むしろ可愛く、ヘルメットに描かれた無表情な案山子の
ような味わいを生んでいます。
特に私は小砂がとてもお気に入りでした。

13巻まで読みましたが、12巻までの展開と
今後は変質していくようですね。
少なくとも13巻は小砂編が始まりました。

うすね氏も大病による2度の休載を経てるようで、
元の味わいを失わないよう頑張ってもらいたいと思います。
なにぶん20年越の良作です。


ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-07-31 03:26:32] [修正:2019-07-31 03:26:32] [このレビューのURL]

7点 ニカイドウさん

友人宅で読んで、自身でも買おうかと思った作品の一つです。
所持してないので、改めて欲しくなってきた・・・

巻数もあるし、随分と経つのでもう一度読んで見たい一作です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-01-22 05:01:18] [修正:2013-01-22 05:01:18] [このレビューのURL]

5点 asd5さん

本屋で表紙だけ見てたときは、ままありがちなかっこつけSF漫画かと思ってたのですが、
実際読んだらなんのなんの。しっかりした娯楽作品でした。面白かったです。
弟子の小砂がカワイイ。
作者の状況を読むと、再開は難しそうですね…

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-09-19 19:41:48] [修正:2012-09-19 19:41:48] [このレビューのURL]

8点 でこぽんさん

銃撃戦やブービートラップ、砂漠装備の描写は非常にリアルで、
「サバゲ」「ミリタリー」「ゲリラ戦」といった単語に反応する方、
世紀末サバイバル方面が好きな人はかなり楽しめると思います。

萌えとか女子高生キャラを求める人にはスルーをオススメします。

読み終えるとM40狙撃銃が欲しくなります。
面白いのに知ってる人が少ない作品の一つだと思います。オススメ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-05-08 19:31:05] [修正:2012-05-08 19:31:05] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123

砂ぼうずと同じ作者の漫画

  • EATER

    総合点:

    レビュー数:0人

うすね正俊の情報をもっと見る

同年代の漫画

コミックビームの情報をもっと見る