ホーム > 青年漫画 > 週刊ヤングサンデー > 度胸星

7.76点(レビュー数:30人)

作者山田芳裕

巻数4巻 (完結)

連載誌週刊ヤングサンデー:2000年~ / 小学館

更新時刻 2012-11-27 20:06:18

あらすじ 人類初の火星着陸を果たしたクルーが消息を絶つ。アメリカ政府は全世界から救出隊を募集。三河度胸は過酷な訓練に耐え、宇宙飛行士を目指す。......トラック野郎の一番星は火星だった。亡き父の面影を胸に、男は度胸で勝負する。

備考 2007年に講談社からワイド版(全4巻)として復刊された。

シェア
Check

度胸星のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全27 件

5点 デビルチョコさん

続きが気になる。。

宇宙に行く為のテストや訓練が、少しコメディチックで面白かった。
雪山でのテストシーンは笑えた。

再開される事を願っています。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-02-13 23:03:17] [修正:2015-03-27 22:27:18] [このレビューのURL]

打ち切り臭がひどいので、高い点は中々付けられないです。
作者のせいではないですが。

切り口、視線のずらし方が良いです。

宇宙飛行士への過酷な道のり、火星での正体不明の物体との戦い、
平行して進みますが、両方引き込まれます。

重要な絡みの部分が打ち切りで見れませんでしたが。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-11-04 01:11:48] [修正:2014-11-04 01:14:51] [このレビューのURL]

8点 DEIMOSさん

未知なる火星へ人生を賭けた日本人達の軌跡を描いたSFヒューマンドラマ。

一言でいえば、濃縮されたシンプルな「宇宙兄弟」。月面飛行を夢見て宇宙飛行士を目指す兄弟を描いたのが「宇宙兄弟」であり、目下大変な人気を獲得しているが、それよりも遥か以前に同系列の題材で同様のモチーフに焦点を当てている漫画があったとは、、、一種の衝撃。

登場人物はより少なく、ストーリーはよりシンプルであるが、候補生各々が自らの夢を抱いて、選抜試験や厳しい訓練を経て火星へと至る全体構成は酷似。超ひも理論などを交え、よりハードSFに近い部分もあるが、それはあくまで「未知なる火星」のエッセンスに過ぎないと思えば、この作品の本質は、主人公(度胸というより我慢強さを特徴とし、見た目はドカベンの山田太郎そのもの)とその周りの個性的な候補生達のヒューマンドラマとして見るべきだろう。

この作者の絵柄は妙な力がある。それはモブキャラの目を丸めるリアクションに象徴されるわけだが。力強さはあるのに暑苦しくない不思議な心地よさを感じられる。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-02-25 01:10:06] [修正:2013-02-25 01:11:59] [このレビューのURL]

9点 きひべどさん

まずもったいねぇぇぇの一言。
本当に打ち切りが悔やまれる作品ですね。話は火星で残された1人が謎の生命体と戦う話と地球で火星に行くクルーの育成の話がありますがかなりの謎を残したまま終わります。続きが読みたいです。本当に打ち切りが悔やまれます。

復活する事を祈ってます。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2012-06-06 21:31:43] [修正:2012-06-06 21:31:43] [このレビューのURL]

7点 jdf54jさん

火星で遭難した調査員が謎の生命体?に対して孤軍奮闘する話と、
地球での火星行き宇宙船のクルーの育成から出発までの話
(終盤でもう一つ話が増える)
が平行して進む。4巻と少ないながらそれぞれの登場人物の成長が
見て取れて良かった。最初は主役が3人いるように見えるが
3人の話が1つに収束して行き、話が進むにつれ
一番地味だった主人公の度胸にスポットライトが当たるという展開は
読んでてカタルシスを感じた。
訓練自体は他の漫画でもよく見かける設定だが、訓練生に変わり者が
多く、オチも捻ってくるので飽きずに読めた。

俺達の戦いはこれからだ的な終わり方だけど、複線は全部回収したし
この後は度胸が普通にテセラックのデータを持って火星から帰ってきて
お仕舞いじゃないかな。打ち切りに見えるけど特に不満ナシ。
テセラックは単に未開の惑星にいた未知の生物という存在なのかと。
こいつがいたから火星に行く意味が出てきたので、役割は十分果たしたと
思う。

純粋なSFだが難解な設定はほぼ無いので、総じて万人が楽しめる名作
と言える。購入するなら文庫版で十分かと。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-01-29 10:52:05] [修正:2012-02-07 20:34:38] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456

度胸星と同じ作者の漫画

山田芳裕の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊ヤングサンデーの情報をもっと見る