ホーム > 青年漫画 > モーニング > へうげもの

7.82点(レビュー数:41人)

作者山田芳裕

巻数25巻 (完結)

連載誌モーニング:2005年~ / 講談社

更新時刻 2009-11-25 06:33:01

あらすじ 群雄割拠、下剋上の戦国時代。立身出世を目指しながら、茶の湯と物欲に魂を奪われた男がいた。織田信長の家臣・古田左介(ふるたさすけ)。天才・信長から壮大な世界性を、茶聖・千宗易(利休)から深遠な精神性を学び、「へうげもの」への道をひた走る。生か死か、武か数奇か。それが問題だ!!

備考 2011年4月7日より、NHKBSプレミアムにてアニメ化され放送される予定。全39話予定。

シェア
Check

へうげもののレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全41 件

8点 森エンテスさん

この作者は何を描いても面白いですね。

特に僕の好きな戦国時代ものだったので、最後まで楽しく読ませてもらいました。

特に織田信長、豊臣秀吉、千利休の死の物語や、最後の切腹の場面などは史実とは全く違うんでしょうけど、この作品の中では説得力のある形で表現されています。

漫画好きの中では語り継がれていく作品になるような気がします。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-02-26 21:32:43] [修正:2018-02-26 21:32:43] [このレビューのURL]

8点 greenawayさん

つまんなくなったなと思ったが読み返すと複線や深い思索が読み取れる、一筋縄ではいかない漫画。ネットに転がってる下手な多くの陰謀論より面白い。ただの思いつきやなぞりではなく、作者の人生観を通した歴史への造詣がある。しかし個人的に言うと漫画の原点であり頂点である、SF漫画から逃げないで欲しいという想いがある。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-08-12 05:53:20] [修正:2015-12-02 16:21:46] [このレビューのURL]

9点 デビルチョコさん

凄く面白い。
ジワジワはまっていきます。
この時代設定で、文化的観点から面白く描けているのが凄い。

絵も「へうげて」いて良い。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-02-15 11:42:44] [修正:2015-02-21 15:52:51] [このレビューのURL]

戦国時代を茶器などの視点から見るという、斬新な作品です。

絵柄は独特ですが、愛嬌があります。

主人公のわびさびへの執着心、生き生きとした表情が笑えます。
その他の武将の独特の価値観で生きてるのも良いです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-10-28 23:45:41] [修正:2014-10-28 23:45:41] [このレビューのURL]

6点 ヒデリウさん

登場人物がだいたいかっこ悪い。
戦国武将にはかっこよくあってもらいたいです。
漫画なんだから。
でも切り口は新しく、面白いと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-09-04 00:38:55] [修正:2014-09-04 00:38:55] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

へうげものと同じ作者の漫画

山田芳裕の情報をもっと見る

同年代の漫画

モーニングの情報をもっと見る