ホーム > 少年漫画 > 週刊少年ジャンプ > バクマン。

5.31点(レビュー数:102人)

作者小畑健

原作大場つぐみ

巻数20巻 (完結)

連載誌週刊少年ジャンプ:2008年~ / 集英社

更新時刻 2012-08-24 18:22:14

あらすじ 一握りの者にしか得られない栄光を手にするため、険しい“マンガ道”を歩む決意をした二人。高い画力を持つ真城最高と、文才に長ける高木秋人がコンビを組み、新たなマンガ伝説を創る! 新時代成功物語開始!!!

シェア
Check

バクマン。のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全102 件

6点 kaineさん

[ネタバレあり]

作中で主人公達が本来の作風とは違うギャグ漫画を書き、
決して駄作ではないが、
これは自分達の持ち味じゃないんだ。
みたいな一幕があります

この漫画はまんまそんな感じだと思いました。

悪くはないけれど、小畑・大場コンビなら
もっと上質な作品が造れるはずだと。

最後までイマイチこの作品に入り込めなかったのは
その辺が原因なのかもしれません。


余談ですが、最近の雑誌の打ち切り基準は読者アンケートよりも、コミックの初週の売上に左右されるところが多いらしいです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-10-12 23:23:56] [修正:2016-10-12 23:27:16] [このレビューのURL]

0点 レオさん

「漫画でバトル」という題材そのものに違和感を感じる。
何故なら、作風の違う漫画同士で優劣を競うのは無理があるからだ。
(皆で同じジャンルを描くラブフェスタもあったが
大体は作風の違う漫画同士で競っている)
アンケートで上位の作品は下位の作品よりも絶対的に完成度が優れる
という設定を用いて勝負しているようだが、あまりにも非現実的で
ジャンプのアンケート主義の愚かしさばかりが伝わってくる。

漫画は個人的な表現だから勝負にならないのでは…?と、
根本的な疑問を抱いてしまうのだ。
亜城木と新妻、どちらが優れているわけでもなく
作風の違いがあるだけだと思われるのに、
キャラは泡沫のアンケートに熱くなっている。
アンケート順位が読者に対して公表されるわけではないから
1位を取ったところで大して名誉ではないし、
10年後に誰が当時のアンケートの順位など気にするというのか。
ただの内輪の盛り上がりや見栄の張り合いに見える。

登場人物のほとんどが、外見性格共に初登場の時が最も魅力的で
その後は劣化していくのも残念。

そして、デジタル作画について触れられないことも
漫画家漫画としてのリアリティーを欠いている。
原作者がデジタル世代ではないせいかもしれないが、
舞台となっている年代や若者キャラの多さを考えると
取材してデジタル作画について描写するべきだったのではないか。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-03-29 02:01:55] [修正:2016-03-29 02:01:55] [このレビューのURL]

6点 punpeeさん

面白いです。
漫画好きであればある程、業界の仕組み等が分かるので楽しめると思います。

一話あたりの密度も濃く、読みごたえもバッチリです。
このコンビの作品はいつも展開が早くていいですね。
ただ、文字量が多いのは、説明し過ぎている事が原因だと思います。
セリフや会話のリズムはまったく洗練されていません。

大場つぐみ、小畑ペアは、個人的には好きなペアではあるのですが、ギャグや展開の寒さが鼻に付く事が多くあります。
友情、恋愛の在り方が茶番としか思えない。。。笑
それが所謂「シリアスな笑い」を狙ってやっているのだろうか。

読み手がひねくれている程、そこが鼻に付くかもしれませんが、エンターテイメントとしては良作です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-02-13 18:37:16] [修正:2016-02-13 18:37:16] [このレビューのURL]

5点 k0e3n2t0aさん

漫画内での会話のペースが早いため、リズム感があわない人は嫌いなのでは。
個人的にはそのペースの早さにあまりいい印象を抱かなかった。
全体的にはまとまった作品だと思う。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-01-21 17:19:15] [修正:2016-01-21 17:19:15] [このレビューのURL]

10点 さん

[ネタバレあり]


アクションはないですが、友情・努力・勝利の要素がこれでもかと盛り込まれた王道漫画として
とても面白く読む事ができました。

一人一人が魅力的で、大好きになったキャラも沢山。
サイコーは初恋の相手・亜豆の為、ジャンプ読者やおじさんの為に
とにかくひたすら漫画を描く事に全力を尽くしているというのが伝わってきて、更に
調子に乗って人を見下したりしない誠実な性格がとても好印象です。
亜豆に対する一途な純情ぶりも良い。
こんなに努力を惜しまない奴を応援したくならない訳無い。

エイジもギャーギャー言ってますが、漫画に対する情熱は
ネーム上げの早さや躊躇の無い一括修正、作ってきた量などでもこっちに伝わってくる本物。
エイジもまた実力を鼻にかける事無く相手をちゃんと分析し、ライバル心を燃やし続けてるのが良い。

そして敵(?)キャラの七峰にも深い魅力を感じました。
必死にアドバイスを出そうとする担当さんや夢に破れて行った古株作家さんをないがしろにする行為は
本来なら嫌悪感を感じる筈なのですが、
七峰の考えた会社のシステムは実世界においても使えそうな程の本気感が感じられますし、
それを使うべきだと言う七峰の真に迫る言葉も凄い。魂のこもった言葉で存在感を感じられますし、
「心から自分の方法を信じてるんだな」と伝わって来ます。だからこそ嫌いになりきれない。
本当に存在感のあるキャラクター。

物語も勿論最高。序盤でのエイジとの実力の差が開きすぎてるのも燃えます。
強い敵→更に強い敵とマンネリ化しないで終わっているのも凄い。

更に、昔はアニメ化なんて実感全然無かったのにとてつもない努力を重ね続け、
ようやくすぐ手の届く所に来たという成長ぶりにも希望や勇気が湧いて来る。
思わずつられて「自分もサイコ―達みたいに頑張りたい」と思える程。
そういう風に、ただの現実逃避だけで終わらず
心にダイレクトに影響してくれる部分もこの漫画の素晴らしい所だと思います。

作者さんの夢を持つ人や漫画に対する愛情も含め、本当に真心を込めて作られた漫画と感じる。
細かい部分、岩瀬や中井が語りきってない感などほんの少しありますがそんな事は置いといて、
読んでよかったと心から思える名作である事はまず間違いないです。

そして、漫画家を目指す人にとっては更に強い意味を持つ漫画になるのではないでしょうか。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-05-28 08:50:46] [修正:2015-05-28 08:53:31] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

バクマン。と同じ作者の漫画

小畑健の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年ジャンプの情報をもっと見る