ホーム > 少年漫画 > 週刊少年マガジン > 湘南純愛組!

6.35点(レビュー数:14人)

作者藤沢とおる

巻数31巻 (完結)

連載誌週刊少年マガジン:1991年~ / 講談社

更新時刻 2009-11-25 06:28:54

あらすじ 不良の巣窟極東高校をシメていた鬼爆コンビは学校から退学通告を受ける。だがそれは自らによる偽装工作であり、今やオタッキー以下とされるヤンキーから足を洗い、パンピー(一般人)になる為の自主退学であった。2人は童貞を捨てる事を目標に、与論島でリゾートバイトを始める。その後、辻堂高校に転入した鬼爆コンビはさまざまな不良たちから喧嘩を売られ始め、毎日を喧嘩で過ごしていく。

備考 続編に『GTO』、鬼爆の中学時代を描いた作品に『BAD COMPANY』がある。

シェア
Check

湘南純愛組!のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全14 件

8点 N0Bさん

完結しています。 全巻読みました。

キング・オブ・ヤンキー漫画
小・中学ぐらいの頃によく読んでいました。
大人になってから読み返してみるとすごく懐かしい感じで良かった。

ヤンキー漫画にも色々パターンがあって、主人公がいじめられっ子スタートで徐々に強くなるパターンとか、ヤンキーなのに筋の通った正義感のある主人公パターンのやつとか。ギャグ色が強すぎて単なるギャグ漫画みたいなのになってるパターンとか。
これは基から主人公強いんだけど、変に正義感が強かったりとかが無く、等身大の不良を描いているところがすごく良い。

もちろん漫画なので「こんな高校生いねえよw」って思ってしまうようなこともままあるんだけど、人間としての強さ・良さわ、若さ故の危うさ・勢いとか、エロに対する興味とかw、すごく人間味のあるキャラクターが多いし、色んな要素をバランス良く書けているので色んな角度から楽しめて面白い。

大人でもバイク好き(特に旧車)だったりすると、また違った面白さがあると思う。

最初の方は一山いくらのヤンキー漫画な感じだったんだけど、巻を重ねる毎に恋愛だったりギャグだったりを描くのがどんどん上手くなっていってて、良いタイミングで終わったと思います。
主人公は次作のGTOでも活躍しますが、GTOがドラマ化までして大ヒットしたのは、この作品あってこそだと思います。

単行本の最後のほうに入ってる中学時代にエピソード「BAD COMPANY」がまたすごく良い。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-07-16 01:35:11] [修正:2012-07-16 01:35:11] [このレビューのURL]

6点 森エンテスさん

この作品に出合うまで、マガジンで連載してる不良漫画は全て「ダサい」と思っていました。(片山組とか多古西とか)

そんな中、舞台は湘南だし、絵柄もしっかりしていたし、自分も高校生だった事もあるのでしょうが、楽しく読んでいました。

不良コンビが主役というテンプレートをしっかりと活かした作品だったと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-11-11 19:42:24] [修正:2011-11-11 19:42:24] [このレビューのURL]

これを読んだのは確か中学3年生の時。GTOの鬼塚の過去ということで興味があったので全館購入した。…が、少し期待はずれだった。

まず、画力が乏しい点。後半に進むにつれ上手くなっているものの、やはりそれでも雑と言わざるを得ない。私がこう思うのはGTOを先に読んでしまったからなのかもしれないが、「読みにくい」「アングルが単調」というところが気になった。
そして、ストーリが微妙という点。鬼塚と弾間という女経験ゼロの二人組が主人公。女に対してはめっぽう弱い。しかし喧嘩は鬼のように強い。この設定で物語が進んでいくのだが、この設定自体が弱い気がする。もう一押し個性が欲しかった。ストーリーを作る上で設定というのは木の根っ子のようなものである。この根っ子の部分が強ければ強いほどキャラを育てやすく、そして大樹のようなストーリーを作ることが出来るのだと思う。
そしてキャラについて。これも設定の甘さが出てきてしまうのだが、キャラが皆、似たりよったりになってしまっている。例えば、キャラが二人でやり取りをしていたとする。この漫画で多いシーンでは、余裕をかましている側と怒りまくっている側という二人になるだろう。こういうシーンがこの漫画の味であるし、笑えるのだが、このやり取りがほぼ全員のキャラでも出来てしまうのである。キャラを立たせるためにはここもきちんと決めておいた方がよいだろう。

以上の点が私には気になったので、評価は低めの点数をつけておいた。だが暇つぶし程度にはなるだろう。この作者のギャグは面白いのでそこを中心として見ればいいと思う。
いろいろ書いたが、これはGTOを読んだあとに読んでしまった。自分でも少し辛口になっていると感じる。おそらくこちらを先に読んでいればまた感想も変わっていただろう。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-01-10 19:16:08] [修正:2010-01-10 19:16:08] [このレビューのURL]

5点 mangaさん

画力は低いです。
あとしょうもない部分がありだれます。
しかし時々非常に盛り上がる部分もあります。
結局、微妙な作品です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-03-16 23:25:30] [修正:2009-12-30 16:28:20] [このレビューのURL]

7点 もへぢさん

成人してから初めて読んだ(それまではヤンキー系は敬遠気味)けど、ギャグの場面とかは腹を抱えて笑えた。
でも、なんていうか、中盤で暴走族賛美(湘南戦争の辺りとか特に)みたいなとこがあって少しうんざりしてきたけど、最後の最後で「くだらねぇ」って突き放した辺り、ほかのヤンキー・暴走族マンガとは一線を画していると思う。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-03-30 22:50:47] [修正:2009-03-30 22:50:47] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123

湘南純愛組!と同じ作者の漫画

藤沢とおるの情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年マガジンの情報をもっと見る