ホーム > 少年漫画 > 週刊少年サンデー > 鋼鉄の華っ柱

5.66点(レビュー数:6人)

作者西森博之

巻数9巻 (完結)

連載誌週刊少年サンデー:2010年~ / 小学館

更新時刻 2011-03-20 12:52:45

あらすじ 50のグループ会社を保有する資産家・御前崎家に生まれた真道は、成績優秀、スポーツ万能、性格温厚と、世の幸せを独占していた。しかし突然、3兆円も の負債を抱えて御前崎帝国は崩壊。真道の両親は息子を置き去りにして雲隠れ、お付きの夏野、朝涼の父親も、使用人としての筋を通して共に雲隠れしてしまった。家も家財も着る物までも差し押さえられた真道と佳賀姉弟は、今後どうやって生きていくのか…? 誰も見たコトがないような強き人の逆境浮上ライフ、主人公はハートがプラチナ!!

備考

シェア
Check

鋼鉄の華っ柱のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全6 件

作品としては面白い方ですが、西森作品としては微妙です。

逆境に紳士として対応するコンセプトは良かったですが。

他作品とスタンスが違い、戸惑う部分もありました。
ブラックユーモア、頭脳戦など。

キャラもそんな立ってなかったです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-11-16 20:07:23] [修正:2014-11-16 20:07:23] [このレビューのURL]

7点 ルリヲさん

今日から俺は!!が大好きすぎてこの人の最新作はなんだろう?と読んだ作品。読んだ当時はちょうどサラダボーイ事件が解決したくらいだったけど、かなり面白かった。

主人公が好きになれたらマンガは大抵他のしえると思うんだけど、真道がとにかく魅力的で、もう読む手が止まらなかった。腹黒大好きなんです、はい。

ギャグもキレキレだしその辺は流石。
あとで読み返すと、当時読んでなかったお茶のマスクが出てきてたり小ネタも面白い。

本誌で連載が終了してしまったらしいのが残念。おとなしく単行本を待とうと思う。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-09-27 00:35:17] [修正:2012-09-27 00:35:17] [このレビューのURL]

4点 gundam22vさん

西森作品じゃ初めて読んでてつまらないな、寒いな
、キャラ個性が薄いなと感じる場面が多い作品でした。
「なんでも屋」から復活していく御曹司の成り上がり
物語かと思いきやそこは全然進まずに、婚約者周辺関係をダラダラ
やって、最終回がいきなりヒロインとの恋愛関係だけの
解決になって唐突に終わった印象が拭えなかったです。
ひょっとしたら西森先生は途中で飽きた
のではないかと邪推するほどでした。次回作に期待したいですね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-09-18 17:48:44] [修正:2012-09-18 17:48:44] [このレビューのURL]

7点 ドルバッキーさん

ストーリー設定からして面白そうでした。

読んでみてやはり面白かったです。


今後の展開にも期待です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-03-29 21:56:40] [修正:2012-03-29 21:56:40] [このレビューのURL]

5点 kikiさん

西森先生は頭がまわるイジワルな人物を描くのが上手いですね。
イケズな登場人物好きとしては真道が素敵すぎていいです。
三橋が表面的には温厚的でクールになった感じ。

1?2巻辺りは結構面白かったです。社会の荒波にもまれて
どのように成り上がっていくのだろうと期待したのですが・・・
途中からまた学園での地位争い合戦や他校との喧嘩話になってきて
正直その話飽きたとだんだん読むテンションが落ちてきてます。
(5巻まで読了)

たまに思わず噴出してしまうギャグのキレは相変わらずかな。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-02-24 01:01:24] [修正:2012-02-24 01:01:24] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
12

鋼鉄の華っ柱と同じ作者の漫画

西森博之の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年サンデーの情報をもっと見る