「r」さんのページ

総レビュー数: 70レビュー(全て表示) 最終投稿: 2010年08月24日

日常系ナンセンスギャグ4コマ・・・かな?
キャラクターは皆かなり個性的だが突き抜けてなく適度にバランスが良い。絵は可愛い。
オチは割とどうでもいいものが多い。

ゴマちゃん加点で4点。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-09-15 21:52:50] [修正:2010-09-15 21:52:50] [このレビューのURL]

かってに改蔵の前半のノリに近い、軽い不条理ギャグ。
そんなに笑えるというものでもないけど軽く読めるし全2巻なので読んでみてもいいんじゃないかと。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-09-15 06:04:00] [修正:2010-09-15 06:04:00] [このレビューのURL]

馬鹿を楽しむ漫画として評価しています。
この作品の下ネタは好きじゃないですが、突き抜けたバカバカしさは偉大というしかない。

ところで、途中までまともだったという意見もありますが後半とは大幅に違うもののシリアスなスポーツ漫画だったわけではなく充分にお馬鹿です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-09-15 05:56:57] [修正:2010-09-15 05:57:40] [このレビューのURL]

寿司を題材にした漫画で職人世界や寿司ネタに関する記述が濃い。これだけでも読む価値はあろう。
ストーリーは一話完結、時折数話続くことがある。
一話完結は人情物が多い。説教臭さが鼻につく。まれに理不尽と思われる展開もある。ありえないほど偶然が重なる展開が非常に多い。
作画はかなりくどい。旬や親父などは激しく熱血漢であるが、中年女性は押並べてバケモノじみていて苦手である。
可も不可も多、といったところ読んでて辛い部分がやや勝ってるので4点。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-09-14 02:54:02] [修正:2010-09-14 02:54:02] [このレビューのURL]

結構ダラダラとゴルフのシーンが続くのだが、なぜか中だるみを感じさせない。
濃密な人間関係が描かれているわけではなく、かといって薄いわけでもないし深い伏線もない。即ち過不足がなく読みやすい。
「純粋に面白いゴルフ漫画」としてはこれに勝るものは中々みあたらないだろう。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-09-12 21:45:34] [修正:2010-09-12 21:45:34] [このレビューのURL]

(身長も中身も)子供っぽい先生と高校生たちのゆるい学園ライフ。
萌え4コマではあるが、男子も女子も登場するのであずまんが系とは異なる。
雰囲気を楽しめれば良いと思う。
あとは
・他愛もないオチがかなり多い
・下ネタはあまり期待できない
・酷いサザエさん時空
(まとまらないので箇条書きにしてしまった)

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-09-12 21:20:33] [修正:2010-09-12 21:20:33] [このレビューのURL]

大爆笑できるようなギャグではないが、地味に面白い。

時折いい話で締めくくられるがこれがかなり良い。
それは主人公がしんのすけであるために教条的な感じがせずサラッと泣ける話になっているからだろう。(本当には泣かないけど)

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-09-12 20:49:21] [修正:2010-09-12 20:49:21] [このレビューのURL]

2点 東遊記

西遊記の1世代後の時代を書いた話。
大風呂敷を広げた感もあったが、それなりに面白くなりそうな予感はあった・・・がこれと言って盛り上がることはなかった。
最後は編集のテコ入れで大失敗。
とてもじゃないがおすすめできない。


ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-09-12 20:38:31] [修正:2010-09-12 20:38:31] [このレビューのURL]

絵は決して綺麗とは言い難いが内容は文句のつけようがない。
考えてみると設定はかなりバカバカしいし、特に初期は実際にバカバカしいやりとりがあるのだが、真剣に書き切っているためかリアリティがあり、読み手も真剣に考えてしまうのだろう。
自分はサトラレじゃないかと思わず不安になった経験を持つのは、どうやら自分だけではないようだ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-09-05 18:22:49] [修正:2010-09-05 18:22:49] [このレビューのURL]

6点 DEATH NOTE

月とLの頭脳戦に評価が高いが、本格サスペンスとするにはツッコミどころが多い。特に気になる点として月の作戦の中で「相手が想定通りに行動しなければ失敗する」類が多い。いざとなれば現実的にもそういった手段も取るだろうが全般的に月は他者に頼りすぎ(=他者の性格や能力から行動を推理する力を過信しすぎる)である。
デスノートに関する後付けルールが目立つのもマイナス。

そんなあら探しをさておけばデスノートを巡る攻防は純粋に面白く絶妙なテンポで飽きさせない。

正義や善悪について考える教材としても良作であろう。
この作品の中で誰が正義なのだろうか。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-09-05 18:14:09] [修正:2010-09-05 18:14:09] [このレビューのURL]