ホーム > 少年漫画 > 週刊少年ジャンプ > 鬼滅の刃

6.66点(レビュー数:9人)

作者吾峠呼世晴

巻数23巻 (完結)

連載誌週刊少年ジャンプ:2016年~ / 集英社

更新時刻 2016-06-06 01:29:07

あらすじ 時は大正時代。炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変する。唯一生き残ったものの、鬼に変貌した妹・禰豆子を元に戻すため、また家族を殺した鬼を討つため、炭治郎と禰豆子は旅立つ!! 血風剣戟冒険譚、開幕!!

備考 ・テレビアニメ化(2019.4)・特別上映版「鬼滅の刃 兄妹の絆」(2019.3)・劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」公開(2020.10)・1巻からの累計発行部数は1億2千万部を突破(2020.12)

シェア
Check

鬼滅の刃のレビュー

点数別:
6件~ 9件を表示/全9 件

8点 勾玉さん

この漫画の最大の強みは個性的で多彩なキャラクター達、
出足こそ打ち切りを危惧されるほどスロースタートだった本作ですが、
キャラが増える度に加速度的に面白さが増していきました。
登場人物こそ多いものの、それぞれがパッと見で誰か分かる出で立ちをしており、
一人一人にスポットの当たる見せ場も用意されていて、全員がキャラ立ちしています。

正直言うと、主人公の炭治郎と妹の禰豆子(ねずこ)を除き大半のキャラは
第一印象が良くなかったのですが、その後の活躍で漏れなく印象が好転し、
さらに死闘に次ぐ死闘が、より一層キャラクターを引き立て
途中退場するキャラクターさえも、一瞬の閃光のように鮮烈な印象を残し散っていきます。

作品自体もアニメ化後に社会現象的な人気を得ましたが、安易な引き延ばしも無く
駆け抜けるように終焉を迎えました。
人気が出るとなかなか終わりが見ない少年漫画が多い中、20巻そこそこで綺麗に終わり、
面白さのピークを終盤に持ってこれる作品は貴重だと思います。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2019-06-17 23:48:44] [修正:2020-08-02 06:02:38] [このレビューのURL]

7点 ITSUKIさん

アニメ化きっかけでようやく読むことが出来ました。
序盤 ジャンプ漫画としては異色な絵柄だし、正直上手いとは思えなかったので敬遠しがち。しかし、ストーリー展開は王道だし、努力・友情・勝利がちゃんと描けていてやっぱりジャンプ漫画していました。
また4巻辺りまではほとんどシリアスですが、5巻あたりからテコ入れなのかキャラが増えて急にコメディシーンが増えます。ここら辺からこの作品の見方も変わるし、楽しくなってきます。
複数人が絡んだ複雑なバトルを描かれるのが面白いです。アニメ向きに思いました。
また、絵については、10巻近くまで進むとかなり洗練されて上手になってました。

刀と呼吸を組み合わせた必殺技で鬼を倒していく、というバトルものですが、ハンターハンターの念とかジョジョのスタンド程理屈っぽい能力バトルではありません。
なんでこんな事が出来るのか、とかは気にし過ぎず、こういう設定、と割り切りが必要です。るろ剣みたいな感じ?

ラスボスの存在感も非常にわかりやすく悪者してて今時珍しいくらい。振り切ってる悪役でいいキャラしてると思います。
まだ終わりが見えない所ですが、長くなり過ぎないといいなぁ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-06-28 21:23:47] [修正:2019-06-28 21:23:47] [このレビューのURL]

4点 Scroogeさん

舞台は大正時代の日本。鬼に家族を惨殺された少年が主人公。
半分ぐらい鬼になってしまった妹を連れて鬼と戦うバトル漫画。
主人公は仇を討ち、妹を人に戻せるだろうか?

とても良い漫画。物語の導入が丁寧。
家族を殺された悲しみや残った妹が鬼になってしまった絶望、
力を手に入れるための修行の苦しみや師匠・兄弟子の支えなど、
主人公に感情移入させるための仕掛けがみっちりと詰まっている。

鬼とのバトルも小気味よいアクションがスムーズで見やすい。
キャラクターデザインも秀逸。
鬼の禍々しさや主人公の正直さ、妹の儚くも恐ろしい美しさが、十分に表現されている。
作者の狙いではないかもしれないが、微妙にザラついた絵柄も大正時代のイメージにあっている。

かなり重たい話でスプラッタな描写も多いが、緊張を緩和するコメディリリーフも面白い。
弱虫で泣き言ばかりだが気絶すると無敵になるって便利なキャラだなぁ。

冒頭から中盤にかけてほぼ非の打ちどころがなく、誰にでもオススメできる。
ここからクライマックスへどう盛り上げていくか、連載が気になる作品のひとつ。

単行本10巻以降、似たような展開が続く。
恐ろしい敵→苦戦→味方奮闘→圧倒的にピンチ→味方死亡+主人公ボロボロ→一発逆転。
大味でメリハリが失われた。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-01-16 12:48:05] [修正:2019-01-06 08:17:10] [このレビューのURL]

6点 そうすけさん

独特だがけして綺麗な絵ではないし、ストーリー、設定だけみると正直いまいち。

現在のところ、この漫画の魅力はキャラクターに尽きると感じる。
もっといえば台詞回しのセンス。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2017-09-11 18:38:38] [修正:2017-09-11 18:38:38] [このレビューのURL]


12
次の10件>>

鬼滅の刃と同じ作者の漫画

吾峠呼世晴の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年ジャンプの情報をもっと見る