ホーム > 青年漫画 > ヤングキングアワーズ > 惑星のさみだれ

6.69点(レビュー数:42人)

作者水上悟志

巻数10巻 (完結)

連載誌ヤングキングアワーズ:2005年~ / 少年画報社

更新時刻 2011-07-21 13:22:59

あらすじ ある朝起きたら言葉を喋るトカゲがいた……。
平凡な大学生だった夕日の前に現れたトカゲの名はノイ。彼は地球を滅ぼす魔法使いから姫を守るために馳せ参じた騎士という。拒否する間もなくノイから指輪と能力が与えられた夕日に襲いかかる敵。逃げまどう夕日を救ったのは隣りに住む少女・さみだれだった。野望を隠し持つ姫さみだれにトカゲの騎士ノイ。そして心に傷を持った歪んだ騎士・夕日。野望にバトルに恋愛?に。地球を巡る小さいようででっかい物語が始まる。

シェア
Check

惑星のさみだれのレビュー

点数別:
41件~ 42件を表示/全42 件

10点 抹茶さん

様々なありふれた、鼻を掻いてしまうような青臭い言葉が意味を持つような物語だと思います。
多くの冴えない、だけど何かを叫んで回りたい子供たちの鞄の隅に入れておいてほしい。そんなマンガ。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2008-12-06 04:00:18] [修正:2008-12-06 04:03:17] [このレビューのURL]

6点 M4時さん

絵柄とか台詞回しはまるで狙ったかのように素人臭さをかもしだしていますが、ストーリーの展開が読めずよく裏切られます。主人公達の能力もすさまじく地味なのですが、その能力を上手く生かして極端に強い敵を倒していくのも好きです。サービスになってないサービスシーンも苛立ちを覚えますが、それが作品の空気を作っている要素の一つと思えばアリかもしれませんね。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2007-10-04 11:28:51] [修正:2007-10-04 11:28:51] [このレビューのURL]


123456789
次の10件>>

惑星のさみだれと同じ作者の漫画

水上悟志の情報をもっと見る

同年代の漫画

ヤングキングアワーズの情報をもっと見る