ホーム > 青年漫画 > ヤングキングアワーズ > 惑星のさみだれ

6.69点(レビュー数:42人)

作者水上悟志

巻数10巻 (完結)

連載誌ヤングキングアワーズ:2005年~ / 少年画報社

更新時刻 2011-07-21 13:22:59

あらすじ ある朝起きたら言葉を喋るトカゲがいた……。
平凡な大学生だった夕日の前に現れたトカゲの名はノイ。彼は地球を滅ぼす魔法使いから姫を守るために馳せ参じた騎士という。拒否する間もなくノイから指輪と能力が与えられた夕日に襲いかかる敵。逃げまどう夕日を救ったのは隣りに住む少女・さみだれだった。野望を隠し持つ姫さみだれにトカゲの騎士ノイ。そして心に傷を持った歪んだ騎士・夕日。野望にバトルに恋愛?に。地球を巡る小さいようででっかい物語が始まる。

シェア
Check

惑星のさみだれのレビュー

点数別:
36件~ 40件を表示/全42 件

8点 二軍Tシャツさん

良い。

ちょっと絵が受け付けなかったが、いやいやもうそんなの関係ない、良い。
一人一人のキャラをたたせるのが非常に上手く、誰かが死ぬことで泣かせる作品には多少の抵抗があった僕ですが、はい、やられました。
完結がとても楽しみです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-07-07 23:49:42] [修正:2009-07-07 23:49:42] [このレビューのURL]

6点 bugbugさん

普通のバトル漫画かなと思っていたのですが
作中のテンポが独特でなかなかに味があります

キャラを惜しみなく切り捨てるところはメジャー誌だと真似できませんね
キャラクターにファンが付きすぎているので

主人公周りだけを掘り下げるのではなく、ある種群像劇的でもあり
それぞれの葛藤・苦悩をよく描けていると思います

物語が終盤に入り、これからいろいろな謎が解明されていくと思うのですが
結構楽しみにしています

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-06-01 20:28:10] [修正:2009-06-04 01:43:54] [このレビューのURL]

8点 カメ田さん

久々おもしろいバトル漫画に出合いました。

登場する獣の騎士のチョイスが地味にツボりました。
獣の騎士団と言いながらカマキリやカジキマグロを持ってくるとは考えもしませんでした。

今後どうなるかとても期待してます。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-03-18 02:20:51] [修正:2009-03-18 02:20:51] [このレビューのURL]

9点 みっちさん

「地球を救う」という王道的なストーリーではあるが話の構成はしっかりしているしセリフのテンポもいい。何より登場人物が多いにも関わらず、それぞれのキャラクターの背景や心情をきちんと描けているのが評価できる。破壊を望む主人公っていう設定もおもしろい。

まだ謎や伏線が多く残っているがこの作者ならきちんと回収できそう。

掲載誌がサンデーとかの有名誌だったらもっと人気があるだろうなーって思う

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-01-17 06:38:22] [修正:2009-01-18 05:07:09] [このレビューのURL]

6点 居酒屋さん

最初のほうは迷走しそうな感じもしたが
だんだん話の構成がうまくなっている印象をうけた
テンポもいいし能力バトルだが独特のオリジナルティもあり楽しめた

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-12-21 15:18:47] [修正:2008-12-21 15:18:47] [このレビューのURL]

PR


惑星のさみだれと同じ作者の漫画

水上悟志の情報をもっと見る

同年代の漫画

ヤングキングアワーズの情報をもっと見る