ホーム > 青年漫画 > ヤングキングアワーズ > 惑星のさみだれ

6.69点(レビュー数:42人)

作者水上悟志

巻数10巻 (完結)

連載誌ヤングキングアワーズ:2005年~ / 少年画報社

更新時刻 2011-07-21 13:22:59

あらすじ ある朝起きたら言葉を喋るトカゲがいた……。
平凡な大学生だった夕日の前に現れたトカゲの名はノイ。彼は地球を滅ぼす魔法使いから姫を守るために馳せ参じた騎士という。拒否する間もなくノイから指輪と能力が与えられた夕日に襲いかかる敵。逃げまどう夕日を救ったのは隣りに住む少女・さみだれだった。野望を隠し持つ姫さみだれにトカゲの騎士ノイ。そして心に傷を持った歪んだ騎士・夕日。野望にバトルに恋愛?に。地球を巡る小さいようででっかい物語が始まる。

シェア
Check

惑星のさみだれのレビュー

点数別:
16件~ 20件を表示/全42 件

1点 メカガメラさん

あくまで自分にとっての感想なのであまり気にしないでもらいたいが、はっきり言って気持ち悪い漫画。

先の数人のレビュワーさんも言っていたが、とにかく中二病的な要素が強すぎる。
自分は中二病っぽい漫画は嫌いではないが、この主人公はまるで格好良くないように思えた。

自分の中で中二病は、2タイプに内わけして認識している。
1つは、空想世界だから実現できる、中学生から見てしびれるようなバカ格好良さ(「デビルメイクライ」的な、少年心をくすぐるようなスタイリッシュさ)。
2つは本当にリアル中学生が日常的に行う下らなくも愉快なやり取りや、鬱屈した思考(碇シンジ君的な感じ)、大人ぶりたい少年が背伸びしているような痛さとでも言える。

後者は中学生キャラに使えば、キャラに奥行きを持たせるためには優れた効果を発揮すると思う。

だが、夕日は大学生だ。大学生にもなってこのノリは相当痛い。
特に序盤でのおじいちゃんがらみの鎖の表現や、さみだれの「忠誠を誓え」「御意」のくだりなんて、俺はドン引きしてしまった。

この中二病っぷりが、良いにしろ悪いにしろこの漫画の最大の特徴であるのは間違いないだろう。
事実、このサイトではそれが受けているようだし、一部の漫画好きの中でも口コミで高い評価を得ているのだから。
だが、逆に言えばこの中二病っぷりについていけなければそれまでの漫画ともいえる。

自分はヤングキングアワーズを毎月買っているが、同期で始まったワールドエンブリオやそれ町と比べると微妙なポジションだったし、三日月登場から後半までは話も破綻すれすれで毎号つまらなく思えた。
画力も低いし、正直後半までは良い要素が見当たらない。

まだ自分の好みに合わなくても、客観的に高く評価できる要素があれば割り切って読めただろうが、そういったものが無いこの漫画の評価は、個人の嗜好によってしか下せないだろう。

ただ、12歳の少年だった太陽の成長にスポットを当てたパートは、素晴らしかったと思う。

ナイスレビュー: 4

[投稿:2011-01-29 10:55:03] [修正:2011-01-29 10:55:49] [このレビューのURL]

8点 rankyさん

設定的には少年マンガのような内容にも関わらず、
しっかり青年マンガとして読ませてくれる作品。
冗長でもなく削りすぎることもなく物語を描ききっており、
かなりの良作です。

私のイメージは「"子ども"と"大人"の物語」。
この話に出てくる大人は皆カッコイイ。
子どもを理解し、子どもを守り、子どもに語りかけ、
そして子どもを大人に成長させる。
さらに、大人になった子どもが、別の子どもを成長させる。
「成長&バトル」という少年漫画の王道を基本にしながらも
青年誌にふさわしい内容になっているのは、
「成長」というものが、
単に強さのような身体的なものだけでなく、
精神的な成長も存分に(むしろ中心的に)描かれているからではないでしょうか。

「面白い大人」や「やさしい大人」になるのも大事だし大変だけど、
なにより「尊敬できる大人」にならなきゃいけないな、
それなりに年を重ねてしまった私には、
読後にそんな気持ちにさせてくれる素敵な作品でした。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-01-29 03:33:45] [修正:2011-01-29 03:33:45] [このレビューのURL]

10点 白い肉球さん

登場人物一人ひとりがとても個性的で、その彼ら一人ひとりの成長がしっかりと刻まれている。最近自分の中で1番大当たりだった作品。
最新巻を読んでからもう一度以前の巻を読むと、各登場人物がいかに頼もしく、大人になったかがよく分かります。コレって少年漫画の基本なハズなんだけど、(薄っぺらでなく)描けている人ってあんま居ない気がします。
伏線の張り方もとても上手く、8.9巻を読んだときには鳥肌が立ちました。ガチで。
燃え上がるような漫画を探している方はぜひ御一読ください。


※追記
見事完結。
エピローグがちと長い気がしたものの、作者の気持ちもよく分かるので減点なし。
むしろ上手く纏まってくれたので加点。
本当に面白かった。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-07-22 22:26:35] [修正:2011-01-12 22:29:53] [このレビューのURL]

8点 エピオンさん

王道の少年漫画ってやっぱり面白いんだなと思える作品。

しっかりピンチの時はこころがあつくなるし、大切な人が死んでしまった時には何かを失ってしまった気がする。それくらい感情移入出来るマンガだったと思う。


そして、様々な試練をのりこえて強くなる主人公はカッコいいし魅力的だと思う。最後も思ったよりかしっかりまとまったし、「大人」とはなにかというテーマにも多少の答えを出してもいたと思う。

良作。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-01-10 23:45:14] [修正:2011-01-10 23:45:14] [このレビューのURL]

8点 ジブリ好き!さん

どことなくH×Hの雰囲気を感じるなぁと思えば、げこ先生自身ファンのようで。なるほど、やっぱりげこ先生は少年漫画が大好きで、とても好きで、でもそれ故に少年漫画の欠点も熟知しているのだろうな。
少年漫画とともに成長してきたのに、大人になると「あれ、少年漫画が楽しめない…?」。そんな漫画好き大人たちがたくさんいることを、知っているのだと思う。
そんな彼らのためにも、そして自分自身の想いのためにも、青年漫画という土俵で「大人のための少年漫画」を描いてくれたげこ先生。
「ご都合主義」「バトルばかりで普段の生活が描かれない」「無駄に長期化」「ラスボス倒したヒーロー達のその後は?」、こうした少年漫画の欠点を誰よりも嘆いてきたのは他ならぬ水上悟志自身なんだろう。
「大人になれば楽しいことがある」
この作品のテーマの一つに、太陽(きっと夕日や三日月も含む)のような子供が大人へなっていくことがあるけど、水上先生はこの作品をもって僕ら少年漫画を読んで成長してきた大人へ楽しみを与えてくれたわけで。

読んでると本当に何か熱いものが込み上げてくるでしょう(6巻なんか特に)。
自分にとっての最大の魅力は、騎士たちは一見どこにでもいそうな人たちなのに実は皆頭のネジがぶっ飛んだ部分を持ってるところ!…それも次第に落ち着いていっちゃったけれど。成長悲しス。
でもゆーくんとさみの関係は、最後まで変だったけど美しかったよ!

…え?この漫画、厨二臭いって?
そりゃ誉め言葉でしょう。
少年時代の感性はもう取り戻せないかもしれないけれど、思い出すことはできる。だから大人は楽しいんだ!ラストの子供みたいに殴り合う夕日と三日月の楽しそうな顔とそれを眺める太陽の大人への想いで、気付かせてもらったことです。


(余談。アワーズ本誌のドラマCD等の応募者サービスが意外と良くて、特に完結記念小冊子は他の漫画家からのイラストや茜のエピソードなど楽しめました。割高だったけど。)

ナイスレビュー: 1

[投稿:2010-01-12 02:34:19] [修正:2011-01-09 12:46:00] [このレビューのURL]

PR


惑星のさみだれと同じ作者の漫画

水上悟志の情報をもっと見る

同年代の漫画

ヤングキングアワーズの情報をもっと見る