ホーム > 青年漫画 > ビッグコミックスピリッツ > アイアムアヒーロー

6.05点(レビュー数:38人)

作者花沢健吾

巻数22巻 (完結)

連載誌ビッグコミックスピリッツ:2009年~ / 小学館

更新時刻 2012-03-04 21:21:09

あらすじ 深夜。何重にも鍵をかけた部屋に、ひとりの男が帰宅。夜食をとりながら、妄想で作り出した後輩に、テレビの中の女子アナの文句をたれている。だが全ての放送が終わると、男は部屋を覆う闇と静寂に怯え、ひとり言い知れぬ恐怖と闘い始める。経を唱え、独自の魔方陣を組み、さらに奥から銃まで持ち出す。そして男は「アイ アム ア ヒーロー」と自身に言い聞かせ…。やがて、日が差し込み街も目覚める頃、男はようやく安堵の表情を浮かべるのだった。

備考 実写映画版が、2016年4月より東宝系にて公開。

シェア
Check

アイアムアヒーローのレビュー

点数別:
16件~ 20件を表示/全38 件

1巻を読んだあとは主人公やそのまわりのキャラに正直気分が悪くなった。
で、そこからは最後の引きで一気に持って行かれた。

あとで読み返してみるとその構成力の高さに気付く。
英雄と比呂美 物語の中心となる二人(ここに新たに藪が加わり三人になった)の対称性
まず核となるキャラとそれに近しい人物との生前(?)での関わり
その近しい人物のZQN化

とまあこの辺りまではあれ?既視感が…と思って気付いたが
更に細かく見ていくと(某サイトを参考にしました)まだ二人のストーリーでカブる点が見つかる
この構造が今後の話にも関係してくるのかな?

またパニックモノとして
魚眼レンズのようなコマ、視点が変わらない連続したコマ、見開きページの連続など
ゾンビや感染の迫力がリアルに伝わってくるのも特徴。

週刊で読むと展開の遅さが気になるので完結してからでもいいかもしれない。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-09-30 13:31:56] [修正:2013-03-12 17:31:14] [このレビューのURL]

5点 アメさん

 ゾンビものとしても、最近っぽい鬱系漫画としても、冒険活劇としても中途半端な印象。

 ゾンビものとしては、ゾンビの怖さが足りず、追いつめられるパニック感が薄い。鬱系漫画としては、あんまり鬱じゃない。冒険活劇(作者はそんな気で描いていないかもしれないが)としては、爽快感が薄い。

 リアルに描かれた背景、半ゾンビ化した少女の見るシュールな風景、草食系男子が戦っていく構図など、今っぽい要素が盛りだくさんだが、なぜか全て作為的に見えてしまう。主人公や少女がいまいちリアルに感じられないからではないか。

もう少し内面に踏み込んで人間性を際立たせて欲しい。ただ逃げながらゾンビを倒していくというストーリーに鬱っぽい要素を足しただけでは、物語をドライブしていく力に欠けるように思う。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-02-06 21:05:57] [修正:2013-02-06 21:05:57] [このレビューのURL]

6点 臼井健士さん

著者の漫画を読むのは初めてです。
ゲーム「バイオハザード」の漫画版ですね。
鬱屈とした日常を送る青年もとい中年が陥る非日常。異変は自らの付き合っていた彼女の変身から。
突如、多くの人間が「ゾンビ化」し、人を襲い始める。
交通機関は乱れ、街はパニックになる。

原因は「T-ウイルス」の流出・・・・って訳ではなさそう。
何が感染の原因なのか?そもそも原因はウイルスなのか?
でもゾンビ化した人間に噛まれると、噛まれた人間もゾンビ化するらしい。

現実と自らの理想とのギャップに苦しむ男は妄想癖があり、夜は孤独で眠れなくなる。
猟銃の免許を持っているため、展開上では発砲は可能・・・とお膳立てはできたのか?

1巻ラストの引きは凄まじい鳥肌だが・・・今後の展開はどうなるのか?
未だ「手探り」かつ「期待」の部分が大きい。
「只管にパニック」という作風。今のところ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-04-17 21:18:19] [修正:2012-01-03 10:00:12] [このレビューのURL]

5点 ボルゾーさん

皆さん書いているけど、設定はありきたり。
しかしながら、展開はなかなかスリリングで、ハラハラさせてくれる。
次の話や巻がとても気になる話の区切り方は秀逸。

また画力も高い方だと思う。
・・・が、自分にはところどころ受け付けない描写があった。
例えば、ヒロミのパンツのしみとか、「あれ」を掃除する英雄のシーンとか。
いるか?あんなの。
自分にとっては、エロでもリアリティでもなく、悪趣味だとしか感じられなかった。
よって、6点からー1点。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-12-15 22:26:55] [修正:2011-12-15 22:26:55] [このレビューのURL]


よくある設定といってしまえばそうだが
この作品は今までにないような雰囲気をだしていていい味を出している

主人公の感情表現もいい感じかと

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-10-02 20:01:58] [修正:2011-10-02 20:01:58] [このレビューのURL]

PR


アイアムアヒーローと同じ作者の漫画

花沢健吾の情報をもっと見る

同年代の漫画

ビッグコミックスピリッツの情報をもっと見る