ホーム > 青年漫画 > ビッグコミックスピリッツ > アイアムアヒーロー

6.05点(レビュー数:38人)

作者花沢健吾

巻数22巻 (完結)

連載誌ビッグコミックスピリッツ:2009年~ / 小学館

更新時刻 2012-03-04 21:21:09

あらすじ 深夜。何重にも鍵をかけた部屋に、ひとりの男が帰宅。夜食をとりながら、妄想で作り出した後輩に、テレビの中の女子アナの文句をたれている。だが全ての放送が終わると、男は部屋を覆う闇と静寂に怯え、ひとり言い知れぬ恐怖と闘い始める。経を唱え、独自の魔方陣を組み、さらに奥から銃まで持ち出す。そして男は「アイ アム ア ヒーロー」と自身に言い聞かせ…。やがて、日が差し込み街も目覚める頃、男はようやく安堵の表情を浮かべるのだった。

備考 実写映画版が、2016年4月より東宝系にて公開。

シェア
Check

アイアムアヒーローのレビュー

点数別:
6件~ 10件を表示/全38 件

5点 punpeeさん

この作品、初っ端のインパクトや前半部のサバイバル感が面白かったんだけど、
どんどん場面が変わったり、ゾンビ化した人々の意思や目的といったSFチックに話になっていって、よく分からない作品になりつつあります。

大ゴマも多く、GANTZと同じルートを辿っている様に思えるのは私だけでしょうか。
「細かい部分は度外視して、雰囲気や展開を楽しめ」的な作品のまま終わると残念ではあります。

また、登場人物の男性が基本的に冴えなくて、それでも周りから崇められたりしているのにも違和感。
色んな展開の根拠が乏しい様に思えます。

終盤に向かうに連れて点と点が綺麗な線に繋がっていくのかもしれないので、きちんと追い続けようとは思います。
そうなればもちろん評価は改めますが、現時点で中弛みを感じているのは正直な所。


不安も多くありますが、この作者の男女のドロドロ描写は大好きではあります。笑

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-12-05 21:48:05] [修正:2016-12-05 21:48:05] [このレビューのURL]

7点 トモルーさん

実写映画が国際映画祭などで話題になっていたので原作をちょこっと読んでみようと一冊だけ購入しましたが先が気になってすぐに最新まで揃えてしまいました笑
この漫画の良いところはたくさんありますが、 とにかく見せ方が上手いですね、初めの平凡な日常から非日常への急変っぷり、3.4巻あたりまで状況の説明が全くないのも変わった点です。そして恐怖や混乱に襲われた人間をかなりリアルに描写しているのがこの漫画の一番凄いところだと思います。
悪い点としては特に必要のない場面がたまにあるところくらいでしょうか。ゾンビ漫画の中では群を抜いている作品だと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-03-22 22:04:11] [修正:2016-03-23 22:30:33] [このレビューのURL]

パニックものは嫌いですが、これはハマりました。

日常劇を前半に丁寧に描いていたので、日常崩壊の衝撃度が高かったです。

主人公に感情移入しやすく、ストーリーに説得力も生まれます。
前作と一緒で、作者が主人公に投影されすぎなのが気になりますが。

コマ割も人物の視点から見れて、不安定さなどが伝わり、緊張感があります。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-04-11 20:35:28] [修正:2015-04-11 20:35:28] [このレビューのURL]

9点 デビルチョコさん

最初は定番のゾンビ漫画だと思っていたが、予想を遥かに超えて面白い。

どうでもいい日常のヒトコマをあえて描く事で、
非日常な出来事をリアルに感じさせる描写やストーリー構成が凄い。

どんどんストーリーに引き込まれた。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-02-12 23:03:10] [修正:2015-04-11 08:17:01] [このレビューのURL]

8点 さん


15巻まで読破。
ダラダラとした日常を描きしっかりキャラを見せ、
その後ゆっくりと確実に崩壊していく日常が鮮明に描かれていました。

また、パニックになった後
安全だという確証も無いのに「皆行ってるから」という理由で付いて行く。
自分で考える事を拒否し、何かしら人に頼ろうとする。
主人公にもかかわらずどこに行って何をすれば良いのか全く見当もついていない。
物語の主人公とは常に先頭に立ち活躍する物ですが、
確かに自分達のような凡人にそんな事は不可能だったと気づかされました。
ここまで臨場感やリアリティを感じた漫画はありません!
その部分は本当に感動しました。

序盤は人間臭い部分がありすぎて好みに反する人も多そうでしたが、
自分は今まで漫画で見た事の無い表現だったので感動です。

でも、最初らへんは主人公英雄の心情だけに注目させる作りで
上に書いた良さも生きていたのですが、
途中から状況打破や状況説明ばかりになって面白さが半減した気がします。
更に主人公が変わる章?まで出て来て更に半減。

まぁ元の面白さが高いのでラストまで絶対読みたい作品という事に
変わりはありません。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-12-09 23:16:12] [修正:2014-12-09 23:16:12] [このレビューのURL]

PR


アイアムアヒーローと同じ作者の漫画

花沢健吾の情報をもっと見る

同年代の漫画

ビッグコミックスピリッツの情報をもっと見る