ホーム > 青年漫画 > ヤングマガジンアッパーズ > SUGAR

7.68点(レビュー数:35人)

作者新井英樹

巻数8巻 (完結)

連載誌ヤングマガジンアッパーズ:2001年~ / 講談社

更新時刻 2010-03-10 19:23:51

あらすじ ボクシングの才を見出された主人公リン。その才能のみを武器に元天才ボクサーのジムに殴りこみをかける。板前修業をしながらチャンピオンを目指す紆余曲折成り上がり型ボクシングストーリー。

備考 「ヤングマガジンアッパーズ」の休刊によって一旦は完結したが、2005年10月より「週刊ヤングマガジン」にてタイトルを『RIN』に改題し再スタート。その後「別冊ヤングマガジン」に移籍した。

シェア
Check

SUGARのレビュー

点数別:
31件~ 35件を表示/全35 件

9点 shutaroさん

漫画の鬼才がボクシングの天才を描いた漫画。
数あるボクシング漫画の中でも特に異彩を放ち、アクが強く人を選ぶが、
ひとたび新井英樹漫画の「読み方」が身に付けば必ずハマる作品。
それだけでひとつの漫画が作れそうなほどの濃い脇キャラの中にあっても、
まったく埋もれないどころか、より際立っている主人公リンの描き方は
TWIMでも見せたキャラ立ての才能が如何なく発揮されている。
また、セリフでの言葉のチョイスがセンス抜群。
ボクシング描写もスタイリッシュ。

絵柄や独特のキャラ回しに食わず嫌いをせず、
手に取って最後まで読んで欲しい。思わず他人に勧めたくなる傑作漫画。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2005-10-20 22:04:58] [修正:2005-10-20 22:04:58] [このレビューのURL]

7点 kazuさん

この漫画、テーマにボクシングを扱ったものなんだけど、さすがは新井英樹。普通のスポーツ漫画とは一味も二味も違ったものとなっている。

この漫画の主人公・リンが持ってるのは、ジョーのようなハングリーさでも、一歩のようなひたむきさ・謙虚心でもない。彼が持っているのは、「才能」だ。それも、努力という言葉を形骸化するほどの圧倒的な才能。

そんなリンが、努力する凡人たちを嘲笑うかのように(というか嘲笑ってるけど)その才を誇示してゆく姿は、まさに爽快!痛快!新井英樹の漫画なのでもちろん、脇役の濃さ、台詞回しのセンスも折り紙付きだ。

いつもの新井漫画のような嫌悪感を抱かせるようなシーンもないので、新井英樹の漫画を読んだことがないって人にもオススメできる。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2005-10-11 20:50:22] [修正:2005-10-11 20:52:57] [このレビューのURL]

7点 kamakuraさん

キャラも良いし、セリフのテンポも良いし、
この人のことだからボクシングを超えたテーマが
底に流れているような感じも良いのですが、
何よりボクシングのスピード感ある描写が最高!
(浅い読み方ですみません…)
でも本当にボクシング描写は革命的な格好良さだと思うのです。

8巻で完となってますが連載再開してもらいたいものです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2005-09-23 00:26:19] [修正:2005-09-23 00:26:19] [このレビューのURL]

8点 ごまあぶらさん

新井英樹は超一流のキャラ作りの出来る人、そんなイメージはこの漫画で思いました。
価値観の分裂を容易に出来る人はマレですよ。

ナイスレビュー: 3

[投稿:2005-04-21 14:46:31] [修正:2005-04-21 14:46:31] [このレビューのURL]

7点 noriさん

新井英樹がボクシングを「天才」からみた視点で描く。
なんにでも努力では到達できない領域がある。
新井英樹はそこからの視点を痛快に書いてくれてる。

主人公リンのめちゃくちゃばっかりやってるけど憎めないキャラがいいし
言いたいことずばずば言ってくれるんで爽快!
(たまに憎たらしいけど)

新井英樹の脇役クラスの人物までも丁寧に書くところも健在で良い味だしてる脇役たちが多数。
中でも火の玉欣二とレイラのカップルが一番のお気に入り
「これが出たら俺超200%火の玉サイヤ人」
「笑え…果てしなく、それが一番だ」
欽二かっこよすぎ!
あと会長のイカレっぷりもナイス。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2005-03-13 22:09:48] [修正:2005-03-13 22:09:48] [このレビューのURL]

PR


1234567
次の10件>>

SUGARと同じ作者の漫画

新井英樹の情報をもっと見る

同年代の漫画

ヤングマガジンアッパーズの情報をもっと見る