ホーム > 青年漫画 > 月刊COMICリュウ > おもいでエマノン

7.73点(レビュー数:15人)

作者鶴田謙二

原作梶尾真治

巻数1巻 (完結)

連載誌月刊COMICリュウ:2006年~ / 徳間書店

更新時刻 2012-06-22 15:29:33

あらすじ
異国風の彫りの深い顔立ち。すんなりと伸びきった肢体。ジーンズにナップ・サック。ながい髪、おおきな瞳、そしてわずかなそばかす―。彼女はエマノン、ぼくが出会った不思議な少女。彼女は言った、「私は地球に生命が発生してから現在までのことを総て記憶しているのよ」と。

鶴田謙二5年ぶりとなるコミックスが加筆修正&カラー多数書き下ろしての刊行!

シェア
Check

おもいでエマノンのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全15 件

SFですが、とっつきやすい方だと思います。
テーマは壮大ですが。

絵や表現力でストーリーを補完させる情景描写は素晴らしかったです。

エマノンも神秘的で、少し冷めたニヒルな感じが魅力的です。

原作は未読でしたが、読む意欲が沸きました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-04-02 19:20:24] [修正:2016-04-02 19:20:24] [このレビューのURL]

8点 punpeeさん

素晴らしいです。
特別この作者が好きな訳では無いのですが、これは名作。

世界観に入り込めるという点で、漫画の表現の可能性を感じた作品でもあります。
他のレビュワーの方の「写実性」という表現が一番ピンと来ました。

自分もそこにいるかの様な、
ここまで臨場感を覚えた漫画は初めてです。

タイトルも秀逸。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-02-13 18:32:06] [修正:2016-02-13 18:32:06] [このレビューのURL]

5点 asd5さん

都合良く素敵な女性と船旅をする、一種の萌え漫画ですね。
エマノンがカワイイんです。
1巻だけだけど読む価値あり。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-11-18 23:21:42] [修正:2015-11-18 23:21:42] [このレビューのURL]

5点 gundam22vさん

画力と独特の雰囲気を持った漫画ではあり、一読の価値は
あると思います。一方で説明不足や結局何がやりたかった
のかというモヤモヤは否めなかったです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-07-16 23:53:27] [修正:2015-07-16 23:53:27] [このレビューのURL]

5点 わたなべさん

独特の雰囲気が漂う作品。

主人公の目的がいまいち分からず感情移入はしにくいが、世界観を楽しめる人は多いと思う。

ただ、本棚に置いておく必要はない。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2015-07-16 22:07:01] [修正:2015-07-16 22:07:01] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123

おもいでエマノンと同じ作者の漫画

鶴田謙二の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊COMICリュウの情報をもっと見る