ホーム > 少年漫画 > 週刊少年ジャンプ > BLEACH

3.68点(レビュー数:170人)

作者久保帯人

巻数74巻 (完結)

連載誌週刊少年ジャンプ:2002年~ / 集英社

更新時刻 2012-10-15 02:24:16

あらすじ ひょんな出来事から悪霊の退治者(死神)になってしまった高校生、黒崎一護と、朽木ルキアをはじめとする仲間達の活躍を描いた漫画。

シェア
Check

BLEACHのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全170 件

3点 二軍Tシャツさん

最初の頃は嫌いじゃない。
アクション、ビジュアル主体になってからは酷いです。

全然痛そうじゃない。我慢してるとかじゃなくて、血の出る様子とか、傷の描き方。主人公など特に。
血が「ババババババババ〜」って、音と量だけの問題かと。
要は傷や血も全てが「カッコつけ」の材料にしか見えない。

背景の無さ、コマの無駄なデカさ。
背景白いなぁ。
アクション漫画に大ゴマは大事だと思う。ただ使い過ぎてインパクトもクソも無くなっている。言うなれば絵本。

内容について。

無限能力隠してましたループ。
キャラがいちいちカッコつけた言葉を吐きたがるのですが、言ってることとやってることが矛盾している。

この作品のために、信念を持った有望な若い芽が潰されているのがちょっと信じられない。

作者がこれ以上自己陶酔する前にどっかやってしまうべき。

ナイスレビュー: 6

[投稿:2009-01-31 07:05:49] [修正:2015-05-09 22:18:53] [このレビューのURL]

5点 Dr.Strangeloveさん

セリフだけで見れば↓のように熱くて好みのものが多いんだが、
漫画の中で読むと空虚なものに思えて仕方が無い。

大ゴマ使って迫力出せばいいでしょ、なんて考え方は甘い。

ナイスレビュー: 6

[投稿:2008-06-17 12:43:07] [修正:2008-06-17 12:43:07] [このレビューのURL]

1点 zeebra2001さん

なんでしょうかね。最近の少年漫画家に多いのが『〜編』まで
面白いエピソードや展開が考えられるのに、それが過ぎて新章へ
突入するといきなり面白くなくなる漫画になってしまう。つまり、
オチが思いつかないのか、作者自身はマジ面白いと思っているのかの
どっちかですね。この漫画もルキアを助けるまでは良かったのですが
織姫を助ける展開はハッキリ言えば使い回しです。それなら、雨竜の
『死神VSクインシー』編を作って、裏切る展開の方が読者の興味を
引けると思います。女を助けて、次はライバルが第三勢力に説得されて
戦う羽目になるとか少年漫画的に燃える方向性を無視して、作者が
織姫萌えの展開を無理に押した結果、読者が離れてしまったのかなと。
たぶんルキアに嫉妬した織姫が、藍染を好きになって裏切る展開を
作者自身がベタだと思ったのでしょう。余計泥沼にハマってズルズルと
話を引き延ばしてしまった感じです。読んだら時間の無駄でしたね。

あとですね、下の方で自分の好きな作品が低い評価をつけて貶められる
筋合いは無いと叫んでいらっしゃいますが、それはエゴだと思いますね。
俺も好きな漫画、特にハンター×ハンターやワンピースに対しては全然
内容に触れず、絵とかで気持ち悪い、話が糞で下手など腐る程コメントを
見ました。それはもう、個人の自由ですし、嫌いな作品はやっぱり批判
されるんです。それをレビュアーがどうこう言うのは変だし、批判した
人を非難して自分の妄想をぶちまけるのは・・・ちょっと。それなら最初に
見る人に断って反論するんじゃなくて、ほっとけばいいんです。他人に
文句を言われようが、買うのは自分です。読者が作者を信じているから、
世の中に受け入れられると思います。それにネットで叩かれても、未だに
連載が続いているし、このブリーチも最初が良かったから、思い入れがある
読者が率直な意見を言っているかと。以上、長文で申し訳ありませんでした。

ナイスレビュー: 5

[投稿:2010-04-05 18:41:08] [修正:2010-04-06 02:28:33] [このレビューのURL]

7点 チーズカバオさん

[ネタバレあり]

この漫画に対して世間的に下されがちなネガティブな評価は、ほとんど間違っていないと思う。
ただしそれを踏まえても、いや、むしろそれらの批判されているポイントが一周廻ってこの作品を途轍もなくおもしろおかしくしている。
まぁ、これはもはやギャグに対しての感性の問題なので、一読して笑えなければ必然的に低評価を下してしまうのかもしれないが。

ただ一つ、ネタ抜きで評価点を挙げるとすれば、この作者のキャラデザやここぞという時の演出のセンスは飛び抜けていると思う。
最近のジャンプの読み切り作家達のインタビューからもわかるように、結構後続の若手漫画家に影響を与えていたり、漫画家やアニメーターの間でも「格好良い魅せ方」の話題では、本作の名がよく挙がるらしい。

やはりプロ目線でも一級品らしいそれらの点は、素直に評価されるべきであると思う。

ナイスレビュー: 2

[投稿:2017-11-19 19:53:28] [修正:2017-11-19 19:58:33] [このレビューのURL]

9点 zonaさん

言わずと知れた究極の「スタイリッシュギャグ漫画」であるこの漫画は、ギャグ漫画の新しいスタイルを生み出したと、言えるのではないでしょうか。

20巻くらいまではただのバトル漫画であったにもかかわらず、30巻台からは、ギャグ漫画として連載していて、「13kmや」や「いつから錯覚していないと、錯覚していた?」など数々のスタイリッシュギャグを残しています。

人気、知名度も納得の作品です()

ナイスレビュー: 2

[投稿:2011-08-21 21:41:29] [修正:2011-08-21 21:41:29] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

BLEACHと同じ作者の漫画

久保帯人の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年ジャンプの情報をもっと見る