「amazonly」さんのページ

総レビュー数: 36レビュー(全て表示) 最終投稿: 2023年01月15日

6部までの評価です


良かった点
・どのパートもラストバトルがアツい
・ウジウジタイプがいない明朗快活な主人公たち
・ネットミームにもなっている濃いセリフと名シーンの数々
・戦闘描写がロジカル
・スタンドのデザインが格好いい

悪かった点

・ストーリーが面白くない。

これが正直この漫画が手放しで面白いとは思えない一番の理由だった。
雑魚敵との戦いがどのパートもやたらとクドく、それが話の面白くなさに間違いなく一役買ってしまってる。行き当たりばったりな展開も多い。
あまり見やすくはない絵で数話完結バトルをひたすらと繰り返すストーリーはどうしても面白いと思えない。
特に第3部はDIOの館に着くまで延々とどうでもいい敵キャラを倒すだけの作業ゲーのような漫画だった。
恐らく荒木先生は短編を描くのはめちゃくちゃ上手いけど長期的な話を構想することはできない人なんだと思う。
だからどうしてもライブ感漫画になってしまう。


登場人物のドラマと成長、次の話と山場への伏線と溜めパート、存在感と出番のある非ラスボスの悪役がしっかりと用意されてる他の名作のストーリーがいかに面白いか、皮肉にもこの漫画のおかげで再確認させられてしまった。



ナイスレビュー: 0

[投稿:2024-06-18 19:23:48] [修正:2024-06-20 01:50:32] [このレビューのURL]

通しで読んでみて、この漫画すげえおもしれえって思ったことが月に初めて上陸して金剛の正体やら何やらが判明した7巻辺り?くらいのとこしかない。
そもそもそれまでの展開がスローペースすぎる。

月行って面白くなるかなと思いきやその後も割とグダグダしてる。
テンプレに頼らず独特の作風と展開を持ってるのは凄い。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2023-01-11 18:43:15] [修正:2024-01-20 04:31:27] [このレビューのURL]

ギャグ漫画だった時もバトル漫画に移行してからもどっちもまあまあそれなりに面白く、作者は漫画を描くのが上手い器用な人なんだなと思う。
あのやたらとオサレ厨二な必殺技や武器デザインも良い。
キャラデザもスタイリッシュでカッコいい。

悪い意味で困惑してしまうような突拍子もない雑な展開がやや多いのが残念。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2023-06-23 12:22:18] [修正:2023-06-23 13:51:51] [このレビューのURL]

6点 聲の形

少年漫画によくいる根っからの悪党じゃなくてネチネチとした嫌な性格のキャラを多彩に描いてたのがすごい。悪い意味であまりにやばい登場人物ばかりで逆にリアルじゃないんじゃないのって思った。
まさかヒロインまでメンヘラとは。
作者がちゃんと実力者だと感じられる人物描写や演出は秀逸だけど、総じて胸糞悪いストーリー。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2023-01-21 15:19:49] [修正:2023-05-03 21:57:22] [このレビューのURL]

あくまでも独特な世界観のインパクトが作品の面白さの99%を占めてて、ストーリーとキャラがすごく良いかと言われたら別に…って感じだった。
今のところボンドルドくらいしか刺さるキャラがいない。
カートリッジにされた子やらファプタやらとの友情ごっこが正直サムいとおもってしまう。

成れ果て村編が既刊全10巻の内の半分の尺をも費やしたグダグダっぷりに加えて11巻から始まった新章?も全く心踊るものがなかったのでもう一つ盛り返しが欲しい。

ボンドルドとの戦いまでだったら7、8点だった。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2023-01-27 14:21:32] [修正:2023-01-27 14:38:12] [このレビューのURL]

ギャグとシリアスの比率がちょうどよく、ストレスフリーで読める。
斬新な設定でアーニャが可愛い。

一方ギャグのテイストは子供向け臭が強く、一昔前の使い古されたパターン(ヨルの料理下手設定とかユーリのシスコンキャラだとか)が多く爆笑するほど面白くはない。

シリアスパートも黄昏の過去編くらいしか今のところ刺さるものがない。

爆発的な面白さはないが、常にまあまあ面白いねくらいで安定してる漫画。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2023-01-20 15:16:36] [修正:2023-01-20 15:17:06] [このレビューのURL]

6点 SLAM DUNK

井上雄彦氏の渾身の画力から描かれる迫力溢れる試合描写は唯一無二ですし、それは永久に評価されるべきだと思います。
ですが、
・才能>>>努力な傾向が強い主人公
・もし現実にいたら応援したくないであろうヤンキーキャラの美化
・どう考えてもやらかしてることが逮捕、退学もんのヤンキー時代の三井
・エースキラーとか言われてる豊玉の奴も傷害罪で逮捕しろ
・主人公補正のせいで蔑ろにされるメガネくんや他の1年生(弱い人の成長や活躍の方が感動するでしょ)
・ハルコさんがヒロインとして上手く機能してない
・最後の敵は国内最強校で誰もが負けると思ってたが奇跡の大逆転勝利!というあまりにもテンプレな最後
・あからさまな投げっぱなしエンド
・その他ひっかかる所
(赤木は何で強豪校に行かなかったの?何で安西先生はグレてた三井をずっとスルーしてたの?など)

こう言うところは今の価値観から見たらどうなの?って思わざるを得なく、まあ昔の漫画だからね?って許されてる感は正直否めないです。
あと試合で負けたのは選手のせいですし皆その重い責任を背負ってプレイしてると言うのに、田岡監督の「全て私の責任です!」は読者から陵南のキャラの評価を下げさせない為の逃げ、浅はかな思慮としか思えない。
なぜかネットではめちゃくちゃ持ち上げられてるけど。

ナイスレビュー: 2

[投稿:2022-10-18 00:26:57] [修正:2023-01-15 18:02:59] [このレビューのURL]