ホーム > 少年漫画 > 週刊少年チャンピオン > シャカリキ!

7.9点(レビュー数:43人)

作者曽田正人

巻数18巻 (完結)

連載誌週刊少年チャンピオン:1992年~ / 秋田書店

更新時刻 2011-01-12 11:56:02

あらすじ 主人公、野々村輝は8歳の時に念願の自転車を購入してもらったがその後引越し。そして引越しをした場所は坂が多いため誰も自転車に乗らず、自転車屋も1件しかない坂の町だった

シェア
Check

シャカリキ!のレビュー

点数別:
6件~ 10件を表示/全39 件

7点 booさん

漫画に限らず音楽やアートでもそうだが、新人の荒削りなよく分からない勢いというのがつぼにはまるとすごい力を出す時がある。もちろん盛大に失敗することもある(それが普通)。
シャカリキ!は間違いなく前者だ。曽田さんはストーリーで読ませるのではなく、熱い展開と迫力ある演出魅せる作家である。それがうまくその荒削りな感じと相性が良かったのか名作という域まで突っ走ってしまった感じがする。

多分今の曽田さんには描けない。
もちろんその後の昴やCapetaでは絵や演出力、話の質全て格段に上がっている。天才を狂人と紙一重に描く方法論も確立されたのはこれ以後だろう。
でもシャカリキ!では全体的なこの原石感というのがすごく良いのだ。話に齟齬や無茶な所があってもそれこそが読者を熱くさせる、その圧倒的な力はNO1だと思う。諸刃の剣ではあるが、波長が合う人なら鳥肌立ちっぱなしでしょうね。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2011-07-16 00:15:04] [修正:2011-07-16 00:15:04] [このレビューのURL]

5点 メデューサさん

まだちょっと絵に安定感がないですな。
読んだ順番が悪かったのかcapetaの後に読んだので、ちょっと物足りない感じがした。良作ではあると思うが…。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-07-12 23:44:09] [修正:2011-07-12 23:45:04] [このレビューのURL]

3点 琥太郎さん

作者さんの作品はどれも熱く初期作品である今作ももちろん沸騰しまくっているのだが、まだその熱さに説得力がない。首を捻る展開も多々ある。


曽田節の片鱗は垣間見えるが、まだまだ独立した作品としての評価は低い。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-06-27 21:36:06] [修正:2011-06-27 21:37:17] [このレビューのURL]

10点 エス氏さん

自転車レースの漫画。主人公はチャリンコで坂を登ることに異常なまでの執念を燃やす変人。その変人vsライバル達の山岳バトルは「熱い」の一言。彼らの思考は、山にもライバルにも「絶っっ対に負けたくない!」というシンプルなもの。だからこそ熱いのだ。
「シャカリキ」を読んで自転車を買ったヤツはけっこういるだろう。自分もその一人。かつては自転車で移動するのに邪魔なだけだった坂道。それが今では坂を登るために自転車に乗っている様なもの。なんだか影響受けまくってるな・・・。でも、それだけの名作だと思う。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-05-02 23:21:57] [修正:2011-05-02 23:21:57] [このレビューのURL]

10点 すぎモンさん

数少ないロードバイクを題材にした名作。
日本ではロードバイクと言うマイナースポーツを、漫画にしても手に取る人は多くは無いだろう。
だが描かれている人間ドラマや自転車に熱い思いを込める登場人物達には、素晴らしいの一言。
もし日本でロードバイクが、野球ぐらい人気があれば、この漫画は名作として語り継がれたかも知れない。
歴史が何年も積み重ねても、ロードバイク漫画の金字塔だろう。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-03-23 22:51:54] [修正:2011-03-23 22:51:54] [このレビューのURL]

PR


シャカリキ!と同じ作者の漫画

  • 総合点:7.75点

    レビュー数:48人

  • capeta

    総合点:8.04点

    レビュー数:47人

  • め組の大吾

    総合点:7.6点

    レビュー数:43人

曽田正人の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年チャンピオンの情報をもっと見る