ホーム > 青年漫画 > 月刊コミックブレイド > ARIA

7.9点(レビュー数:63人)

作者天野こずえ

巻数12巻 (完結)

連載誌月刊コミックブレイド:2002年~ / マッグガーデン

更新時刻 2012-07-16 19:46:21

あらすじ 地球歴2301年、かつて火星と呼ばれていた惑星AQUAの都市ネオ・ヴェネツィアで、一人前の水先案内人(ウンディーネ)になるために奮闘する水無灯里の日常をコミック1巻=1季節のペースで描く。
(はてな より引用)

シェア
Check

ARIAのレビュー

点数別:
11件~ 15件を表示/全63 件

7点 s-fateさん

 最初は、AQUAで展開された話がループで延々と続くのかなと思って12巻読むのに躊躇しましたが、読み終わると、印象が違っていました。最初は独特の世界観を代表する景色が主で、キャラは増えるがどっちかというと景色を楽しむのに邪魔だなぁと思っていましたが、だんだん話が進んでいくと変わらぬ世界観の中でゆっくりと人が変わっていく話なんだと思いました。世界観にどっぷり浸かって戻って来れなくなる作品でなく、最後まで読めばキャラたちが気付かないくらいちょっとずつ成長していたところから大きく一歩先に進むように、自分も前向きに現実に戻れる良い作品だと思います。休みの日に読み終えると次の日の学校や仕事への足取りがちょっとだけ軽くなるかも。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-08-16 09:58:54] [修正:2011-08-16 09:58:54] [このレビューのURL]

7点 yiconさん

各エピソード終盤の見開きページが秀逸だと思う。読んでると心に余裕が持てるような気がしてくるマンガですね。

8(何度も読み返してしまう)と7(夢中になって読みふけってしまう)の間くらいですね。7以上なんですが、実際そんなに読み返していないので8はつけないです。正直一気読みは苦痛に感じる。のんびり1度に2,3話ずつくらい読むのに向いてると思う。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2011-08-11 09:16:05] [修正:2011-08-11 09:16:05] [このレビューのURL]

9点 くろしびさん

癒し系素敵漫画。

でも火星やネオ・ヴェネチアの設定が素敵なんじゃなくて
灯里の感性が素敵にさせている。

登場キャラも少ないけどアリシアさん含め、みんないい!

ゆっくり、隅っこのアリア社長の行動なども見ながら読み進めて欲しい。
そしてその感性や、所々の名言をゆっくり感じながら。

終わり方も非常によかったので+1点。
巡り巡ってるんだよね。


※追記
アニメも見たのでそちらの感想も。
原作のイメージを壊さず、声優、歌、雰囲気共にすばらしい。
原作の二つの話を組み合わせたり、オリジナルものもあったりと
うまくアレンジしながらも作品のよさを引き出してます。
また終盤に向けての感動は原作以上かも。
好きな話は多いけど、アキラさん絡みの話は中でもいい!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-03-15 10:55:35] [修正:2011-07-19 18:22:31] [このレビューのURL]

8点 一般人さん

AQUAから読んだ。でもARIAだけ読んでも大丈夫。

こう、うおー! っと熱くなる漫画を読んだ後にこののんびりした漫画を読むと良い感じになれる。日常系の話は嫌いじゃないなら。
いや、もう一言「のんびり」に尽きるかな。
読んでて、ふぅ、ってなる、そんな漫画。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-07-06 12:38:19] [修正:2011-07-06 12:38:19] [このレビューのURL]

6点 ガタカさん

雰囲気とってもよさげ。
大袈裟に端的に言うなればストーリー云々よりもこれは独特の雰囲気に浸りーの安らぎーの癒されーのでほのぼーの、みたいなマンガですね。
そうゆうの嫌いじゃないんですが、どうもこれは言うほどでもない。
決してつまらなくはないんですが。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-06-15 13:08:29] [修正:2011-06-25 17:37:30] [このレビューのURL]

PR


ARIAと同じ作者の漫画

天野こずえの情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊コミックブレイドの情報をもっと見る