ホーム > 青年漫画 > 月刊コミックブレイド > ARIA

7.9点(レビュー数:63人)

作者天野こずえ

巻数12巻 (完結)

連載誌月刊コミックブレイド:2002年~ / マッグガーデン

更新時刻 2012-07-16 19:46:21

あらすじ 地球歴2301年、かつて火星と呼ばれていた惑星AQUAの都市ネオ・ヴェネツィアで、一人前の水先案内人(ウンディーネ)になるために奮闘する水無灯里の日常をコミック1巻=1季節のペースで描く。
(はてな より引用)

シェア
Check

ARIAのレビュー

点数別:
26件~ 30件を表示/全63 件

10点 とろっちさん

作中で起こっているのは、ほんの些細なエピソードばかりかもしれません。
それらの出来事にも主人公の灯里は楽しみを見出し、日々を満喫しています。
雰囲気を楽しむ漫画と評されているようですが、一つ一つのエピソードがよく練られており、面白いです。
作品の雰囲気も堪能しつつ、灯里と一緒に何気ない日常を楽しむ、そんな作品です。

その雰囲気ですが、陽の光や影、水などが巧みに描写されていて、作品の世界に素晴らしい演出を与えています。
特に風の描写は見事としか言いようがありません。
美しい風景。幻想的な世界。作品に流れるゆったりとした時間。とても心地良いです。

少し優等生すぎる作品なので合わない方もいると思いますが、とにかく人に薦めたくなる作品です。
この作品を読んで気に入った方は、きっと他の人に薦めたくなると思いますよ。

ナイスレビュー: 3

[投稿:2009-11-03 00:10:35] [修正:2009-11-03 00:10:35] [このレビューのURL]

10点 shinさん

[ネタバレあり]

ただ淡々と続く日常
それを四季を交え、キレイに描いてる作品
っという作品

刺激は全然ないです
常に変化を求めるスピード感がほしい方にはオススメしません
ただ癒されたい時や非日常的なことを感じたいなら、本棚に置くことをオススメします


〜ここから多少のネタバレ〜
ARIAの世界観に入り込むと、見終わった後ポカンっと放心状態になります
ただ淡々に楽しく変化無く進むからこそ、終盤の『日常の変化』は重く速く感じるものであり、違和感を感じ否定したくなります
まるで自分が作品の世界で生きてるかのように変化を拒みます…

日常のほのぼの感や不思議な雰囲気を味わうのも見所の一つですが、ずっと送られるだろうと思われた楽しい日常が変化するところも見所の一つだと思います


自分が読んだ後は、もう少し冷めた目で日常を過ごさないで、もう少し素直になろうかな?そうすれば楽しくなるかな?ってな感じです

まぁそれは難しい話でしょうが、そうなって楽しく過ごしてみたいものです

少し私情が入りましたが、自分はこういう感想で10点をつけさせてもらいました

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-09-29 00:55:33] [修正:2009-09-29 00:55:33] [このレビューのURL]

9点 codyさん

ある意味では雰囲気漫画だけど、その雰囲気によってとても安らぎます。
忙しい日常からふっと一息入れたいときにARIAの世界に浸りたいときがあります。(現実逃避とも言えるが・・・)
この癒し空間を是非多くの人に味わってもらいたいです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-09-01 17:46:22] [修正:2009-09-01 17:47:44] [このレビューのURL]

9点 フロドさん

疲れているときなどに読むと、非常に癒される感じがします。
何気ない日常に当たり前のようにあるものを、素敵に感じさせてくれる作品で、読み終わった後には心の中に温かい何かが残る作品でした。
また、世界観が素晴らしく絵も丁寧なので、風景がとても綺麗です。

息もつかせぬ面白さのあるバトル漫画とは違い、『ARIA』には息をゆっくりとつかせてくれる面白さがあるので、バトル漫画が好きで癒し系漫画は合わないと思う方も、気に入る気に入らないは関係なく、1度は読んでみる価値があると思います。

一気に全巻を読破してしまうのではなく少しずつ読み進めていくのが、自分としてはおすすめです。なので、一気買いはしないほうがいいと思います。

後半になってくると、若干退屈だと思う人もいるかもしれませんが、最終巻を読み終わったあとには、本を一回閉じて「ふぅ。」と色々な気持ちがつまった素敵なタメ息が出るでしょう。
ぜひ、この読後の感覚を味わってください。

ナイスレビュー: 2

[投稿:2009-06-26 13:08:42] [修正:2009-06-26 13:22:52] [このレビューのURL]

10点 taisouさん

一話完結型の日常描写的なお話なので、ストーリー的な盛り上がりなどはありませんが、とても澄んだ視点で描かれたとにかく癒される名作です。

主人公・灯里の日常や、日々の素敵な出会い、季節の移り変わりなどをゆっくりと描いた作品なので、これから読む方にも急がずそれぞれのペースで読んでみてもらいたいと思います。
自分も読み始めた時は雰囲気の良い漫画だな〜というくらいの感想でしたが、読み進む毎にこのマンガのかけがえのなさに気付いて行きました。絵も綺麗で、疲れた時や寝る前などに読むと効果倍増です。

男女問わず、たくさんの人に読んでもらいたいマンガです。普段は気付かなかった物の見方に気付かされると思います。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2009-06-09 18:21:51] [修正:2009-06-09 18:23:44] [このレビューのURL]

PR


ARIAと同じ作者の漫画

天野こずえの情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊コミックブレイドの情報をもっと見る