ホーム > 青年漫画 > 月刊コミックブレイド > ARIA

7.9点(レビュー数:63人)

作者天野こずえ

巻数12巻 (完結)

連載誌月刊コミックブレイド:2002年~ / マッグガーデン

更新時刻 2012-07-16 19:46:21

あらすじ 地球歴2301年、かつて火星と呼ばれていた惑星AQUAの都市ネオ・ヴェネツィアで、一人前の水先案内人(ウンディーネ)になるために奮闘する水無灯里の日常をコミック1巻=1季節のペースで描く。
(はてな より引用)

シェア
Check

ARIAのレビュー

点数別:
16件~ 20件を表示/全63 件

7点 columbo87さん

なんでしょう、アタゴオル的な、どこまでも綺麗でゆったりとした漫画。それでいて嫌らしさも感じさせないのがいいところですな。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-06-04 10:06:45] [修正:2011-06-04 10:06:45] [このレビューのURL]

9点 赤音さんさん

現実のヴェネツィアの風習を交えながら、見習いウンディーネの成長と日常を描いた心温まるお話です。
ギャグ漫画のように爆笑できる所も、シリアス物のようにハラハラドキドキすることも、熱血物のように燃えるところもありません。
・・・が、そんな平凡なストーリーなのに、誰でも書けそうなストーリーなのに不思議と読んでるうちにARIAの虜にされてしまいます。

1巻読むたびに癒され、また1巻読むたびに癒される。
今では、そんな摩訶不思議な力を持つARIAに出会えて良かったと思いますし、恐らくこれから一生読み返し続ける作品になるだろうと思います。

ちょっと疲れた人に、心を暖めたいと思う人に、是非オススメしたい一作です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-12-03 00:23:19] [修正:2010-12-03 00:25:14] [このレビューのURL]

10点 チョッパーさん

「何気ない日常の中にも小さな幸せがたくさんある」
ということを気づかせてくれた大好きな作品です。

心に響くというと陳腐な表現になってしまいますが、
この作品は私に強く訴えかけてくる"何か"がありました。



味気ない毎日を送っている、と感じている方がいれば、
是非ARIAを読んでみてください。
普段歩いていた道、なんとなく見上げていた空、気にもとめなかった草花…
そういうものに少しだけ意識を向けると、
そこはきっと、たくさんの「小さな幸せ」が溢れています。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-12-02 13:49:33] [修正:2010-12-02 13:51:32] [このレビューのURL]

9点 yukimasaさん

本当に何度も読み返しました。

絵は綺麗だし、キャラも多すぎず少なすぎず、読者がキャラの設定を忘れてイマイチ理解できないままに進むこともありません。
ストーリーもそれぞれの絆が本当に綺麗。絵の美しさが、ストーリーの美しさを後押ししているとおもいます。

ときには、非常に現実的な哲学であったり、ときには、異空間のような世界観で物語を進めたり・・・。
ストーリーの展開の仕方も、飽きさせることなく、巻数もそれほど多くなく、一日で読み返す気力が湧いてくるので、いつまでも本棚に居座り続けています。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-10-15 04:37:01] [修正:2010-10-15 04:37:01] [このレビューのURL]

2点 kogumataroさん

セリフと設定がいちいちわざとらしくて楽しめないです。
絵は好みが分かれるところじゃないでしょうか。
自分は綺麗だけど個性を感じないのであまり好きじゃないです

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-09-29 23:12:45] [修正:2010-09-29 23:12:45] [このレビューのURL]

PR


ARIAと同じ作者の漫画

天野こずえの情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊コミックブレイドの情報をもっと見る