ホーム > 少年漫画 > 週刊少年ジャンプ > NARUTO-ナルト-

5.03点(レビュー数:157人)

作者岸本斉史

巻数73巻 (完結)

連載誌週刊少年ジャンプ:1999年~ / 集英社

更新時刻 2012-08-24 18:23:59

あらすじ 忍の里・木ノ葉隠れの里の少年・うずまきナルトは忍者学校(アカデミー)の超問題児。毎日いたずらばかりして、イルカ先生に怒られている。その上、学校では落ちこぼれで卒業もおぼつかない。だがナルトには、里の忍びの長(おさ)・火影(ほかげ)の名をついで、里一番の忍者になるという夢があった。しかし、そんなナルトを見る里の大人たちの視線は冷たい。実はナルトには出生の秘密があった・・・

備考 本編終了後、外伝「七代目火影と緋色の花つ月」が短期連載(全1巻)された。

シェア
Check

NARUTO-ナルト-のレビュー

点数別:
11件~ 15件を表示/全157 件

5点 三助さん

最初はちゃんと忍者してるのに
時空間を操ったり、始祖みたいな敵が出てきたりともはや何でもありになってます。
中忍試験や暁との対決は凄く熱くてまさに少年漫画でした。

一回倒した強敵を不死身+チャクラ無限であっさり生き返らせてから冷めました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-01-16 23:32:49] [修正:2015-01-16 23:32:49] [このレビューのURL]

7点 森エンテスさん

中盤から終盤にかけて物語が膨張し、それに伴い戦いの演出も大雑把になってしまった感がありますが、なんやかんやで毎週読んでいました。

ナルトとサスケの二人を軸に進んでいきましたが、それぞれの脇を固めるキャラクタにも物語が用意されていのは、上記膨張の原因ではありますけど、一大サーガを描きあがる上では良かったのではないかと思いました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-01-14 20:25:31] [修正:2015-01-14 20:25:31] [このレビューのURL]

7点 ひろさん

少年編は9点
二部 ペイン戦までが7点
戦争編が5から6点ぐらいですかね
正直言ってワンピースとかより好きです。
どの点がと聞かれると、少年編で見られる、弱いけど工夫して戦うみたいな感じのやつは読んでて気持ちが良かったです。
あとNARUTOは作品のテーマがしっかり出ていたと思います。そんなとこも含めて大人にもオススメできる少年漫画です。
ぜひ一読!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-11-29 16:53:13] [修正:2014-11-29 16:53:13] [このレビューのURL]

6点 鋼鉄くらげさん

予め断っておくと、ナルトを真剣に読んでいたのは中忍試験までで、それ以降の我愛羅が出てきた辺りから流し読みになり、第二部が始まった辺りでは全く単行本を読まなくなりました。それでも、今回15年の時を経て物語が完結したということで、最終回だけでも何年か振りに買ったジャンプで読んでみました。

そういった事情のもと書かれたのが今回のレビューなので、今回のレビューはレビューというよりは、むしろ所見、あるいは「ナルトと私」という思い出話のようなものなのかもしれません。それでも良ければ続きを読んでみて下さい。

さてこのナルト。当時高校生だった自分の友人が物凄くハマっていて、その友人の薦めでこの作品を読むようになった、というのがそもそものきっかけです。

ちなみに当時自分は「るろうに剣心」の京都編の終盤あたりでジャンプを買うのをやめていて、その時ジャンプで今どんな作品が掲載されているかとかは全く知らない状況でした。ですが「ワンピース」と「ハンター×ハンター」の二作品だけは既に周りでかなり人気だったので、それ以前から知っていました。

ただ実際のところ、自分にとって「ナルト」はどこまで行っても「ワンピース」や「ハンター×ハンター」の次に面白い作品で、それら二つと比べるとどうしても見劣りしてしまう。それが自分の「ナルト」に対する率直な感想であり、正直な印象でした。そんな印象だったので、高校を卒業し、「ナルト」を紹介してくれた友人と離れ離れになってしまった大学時代では、自然と「ナルト」に関わる機会は少なくなり、しかも周囲からは話の展開が間延びしてつまらないと言われるようになっていたので、ますます「ナルト」から離れていくようになりました。

で、そんなこんなで15年です。最終回だけ読んだ感想を言うと、「結局無難な所に落ち着いたんだな」という印象です。周囲の話を聞いた限りでは、何だかナルトとサスケが喧嘩別れをしていて、最終決戦の大戦がいつまで経っても終わらない、ということは予備知識として知っていましたが、至極全うな「あれから何年後END」で安心しました。

「ナルト」が終わるだけで15年。

まだ全く終わる素振りさえ見せない「ワンピース」が終わるのは果たしてあと何年後なのか。そして、ほとんど全く関わることが無かった「ナルト」でもこれほどの感慨が湧くのなら、「ワンピース」が終わった時には一体どれほどの感情が溢れ出てくるのか。そんなことを思いながら、「ナルト」最終回が掲載されたジャンプをもう一度読み直し、いつか「ワンピース」が終わるその時まで、今回のエピソードが描かれた本誌を大切に保管しておこうと思います。岸本先生、お疲れ様でした。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-11-14 22:38:16] [修正:2014-11-14 22:44:21] [このレビューのURL]

5点 maaさん

ジャンプという場所において十年以上にわたって掲載され続けた名作。
熱いシーンなどが多いのでなんとなく読んでみてもおもしろい。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-10-14 15:44:49] [修正:2014-10-14 15:44:49] [このレビューのURL]

PR


NARUTO-ナルト-と同じ作者の漫画

該当なし

岸本斉史の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年ジャンプの情報をもっと見る