ホーム > 不明 > 別冊少年マガジン > 進撃の巨人

6.11点(レビュー数:69人)

作者諫山創

巻数29巻 (連載中)

連載誌別冊少年マガジン:2009年~ / 講談社

更新時刻 2012-02-08 02:35:56

あらすじ 巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。

シェア
Check

進撃の巨人のレビュー

点数別:
26件~ 30件を表示/全69 件

設定が良い!
‘壁’っていうフレーズからはそれだけで‘町’が連想される。
‘壁’をつくる者は‘戦争’を知っている者。


巨人の不気味さ、人類が味わう絶望感やらが伝わってくる

だがやっぱり絵の問題か。
キャラの表情が2,3種類しかないように感じる
そのせいかキャラに好感を持てないし終始シリアスな雰囲気になっているかな…

注目度だけなら今トップでしょう。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-09-30 11:33:15] [修正:2012-06-03 18:56:45] [このレビューのURL]

5点 a1102b1204さん


連載初期あたりから読んでいるが
序盤に比べ最近は無駄な部分が多い気がする。

最近メディアが取り上げて注目されてるけど

正直取り上げられるほど
面白くないです。

序盤は本当に面白いと思いました、
でももう7巻も出てるのに
全然巨人の謎に迫っていない気がして
ちょっと読んでていらいらしたり。

今後の展開次第で
また評価は変わると思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-05-24 21:22:14] [修正:2012-05-24 21:22:14] [このレビューのURL]

8点 やっきゅるさん

んーなんとも言えない
1巻2巻あたりは普通におもろい

この先に期待

絵はちょい汚い

でも巨人の気持ち悪さはかなりいい感じ

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-03-23 13:29:49] [修正:2012-02-09 20:18:39] [このレビューのURL]

5点 白い犬さん

久しぶりのレビューです。
しかも進撃の巨人。メディアに流されて読みましたよ。
現在連載中ですが今の時点では5点。
なぜこの点数かというと今のところ突出したものがこの漫画からほとんど感じられなかった。

ファンタジーをやるにはちょっと絵が下手すぎやしないかと。突き抜けて絵が下手だったり、下手なりに個性があるとそれなりに愛されたりするんですが微妙な下手さなんですよ。
背景の町並みも積み木みたいだし着ている服も何の布か質感がないし、パン一つにしたって粘土細工みたいな印象。
人物と巨人(と戦闘シーン)以外は「思い入れのない絵」なんです。
漫画を読んでいて絵から作者の思い入れが伝わることってありません?この漫画家はバイクが好きなんだなあ、とか洋服のレースに命かけてるなあ(←主に少女漫画家)とか。
この作者、家の外壁が何の素材かとか、服の素材は何かとか興味がないんだと思います。
あと食べることにも。
だから巨人が怖く描ける。興味ないのに人をバクバク食べるから。


最近改心してあんまりけなすレビュー書きたくないので良いところをしっかりあげておきます。
巨人の一部のデザインが素敵。世界観が悪くない。
進撃の「巨人」だけあって巨人の設定ですべてひっぱっている。
それがこの作品のよい所のすべてだと思います。


ところで「このマンガがすごい」だっけ?その投票で1位だったらしいんですけど、この本の1位って歴代みてみると絵もストーリーもそれほど突出してうまいわけではない漫画が選ばれていたりしますよね。(DMCとか)
それらの共通点ってなにかというと「勢い」なんですよ。
ツカミはOK!ってやつで展開が速く二転三転する勢いがある作品。破綻してようがなんだろうが目がはなせないという。
漫画は娯楽で娯楽は刺激物なんだなあ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-01-25 16:03:31] [修正:2012-01-25 16:03:31] [このレビューのURL]

5点 torinokidさん

着眼点は非常に面白いと思う。

やはりデカイってのは純粋に恐怖を感じますな。
しかもすっぽんぽんの巨大なオッサンですもの。
恐怖に気持ち悪さが加わって、強烈な世界観を醸し出している。

ストーリー、絵柄ともに良く言えば「勢いがある」、
言い方を変えれば「雑」。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-01-14 19:51:01] [修正:2012-01-18 11:33:14] [このレビューのURL]

PR


進撃の巨人と同じ作者の漫画

該当なし

諫山創の情報をもっと見る

同年代の漫画

別冊少年マガジンの情報をもっと見る