ホーム > 少年漫画 > 週刊少年サンデー > 名探偵コナン

4.71点(レビュー数:70人)

作者青山剛昌

巻数93巻 (連載中)

連載誌週刊少年サンデー:1994年~ / 小学館

更新時刻 2012-01-19 13:36:05

あらすじ 高校生にして、日本屈指の名探偵として有名な・工藤新一が、幼馴染・毛利蘭と遊園地へ遊びに行って怪しげな取引現場を目撃してしまった。その取引をしていた組織に口封じの為に飲まされた毒薬で死ぬはずだったが、偶発的な作用で身体が小さくなり、小学生江戸川コナンとして組織の情報を手に入れるべく、蘭の父親がしている探偵事務所に居候することになる。彼は元の身体に戻るため、その組織を追いながら、正体を隠して数々の難事件を解決していく。

シェア
Check

名探偵コナンのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全70 件

7点 チーズカバオさん

青山剛昌のはヤバいところは、大衆にウケる作品創りのセンスと、オタクのツボをしっかり刺激するセンスを超高レベルで両立していることである。

コナンが老若男女幅広い層に親しまれる、国民的なアニメの領域に達しつつあるのは、ある程度共通の認識だろう。
国民的なアニメのポジションを確立することは確かに素晴らしいが、大衆にウケが良いと言うのは、裏を返せば一部のオタク的な層にとっては刺激の足りない保守的な漫画になりがちであるとも言える。

だが、コナンはそういった他の漫画と別次元である。
青山剛昌は、時代に応じて確実にオタクが萌えるポイントを捉え、的確にそれに応えるキャラクターや展開を送り出してくるのだ。

直近では、オタク界隈では軽い社会現象となった「安室透」の件は言うまでもないが、古くは服部平次や怪盗キッド、灰原哀、比較的最近では世良真純などの良い意味であざといキャラを、ナチュラルにシナリオに投入してくるのだ。

また、蘭や新一などの、初期から登場するレギュラーキャラも上手く時代に合わせて最適化させてくる。

だからと言って一般層が近寄りがたい作品になったかというと、テレビアニメがほぼオリジナルのシナリオで保守的な話ばかりをやっているので、敷居が高くなった感じはあまりない。
また、原作もその流れを引き離すほど突飛なことはやらず、程よく刺激的な展開を織り混ぜているのがとても高度な作品創りをしていると思う。

少年漫画の代表格でありながら、ここまで王道と絡め手を使いこなす人は、現役の漫画家では他にいないのではないだろうか。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-12-10 09:41:15] [修正:2018-12-10 09:41:15] [このレビューのURL]

4点 p-mcgoohanさん

数年前やったゲームに登場した探偵のセリフがある。

探偵の責務とは、事件の「原因そのもの」を消し去ること。
事件の解決は警察の仕事、
だが、その事件が起こるに至った原因を突き止め、それを消し去らないと第2第3の事件が起こることになる。
それができるのは警察ではなく探偵である。

この言葉を工藤新一に叩きつけてみたい。
殺人事件の犯人を当てることが探偵の使命なのかい?
それでいい気になってるつもりかい?
コイツの言う探偵論、精神論は全く共感できない。

また、自分は名探偵とか言ってしょうもない事件は受けないと抜かす毛利小五郎にも「探偵の仕事って何だい?」と突きつけてみたい。


日に日に、読む気がしなくなった作品。
困ったときのヒモトリックにもウンザリしてきたし。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-05-13 17:44:10] [修正:2017-05-13 17:44:10] [このレビューのURL]

5点 朔太さん

推理・トリック面を楽しんでいるお子様は果たしてどれだけいらっしゃるのでしょうか?
物理的・機械的に偶然に頼った仕掛けが多く、眠り探偵をはじめとして「そんなアホな」と
納得できない謎解きの連続です。

むしろ、黒の組織から追われる恐怖や組織の謎が一種ドキドキ感を高めており、
推理ものとしての楽しさよりもサスペンスとしての読み物として支持されてきたのではない
のでしょうか?
そう割り切れば、ここらでひとまずサスペンスとしての決着をつけて、今後は
スピンアウト編をライフワークにされてはいかがでしょうか。
はっきり言います。22年間読まされる読者としては、飽きました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-01-17 17:45:29] [修正:2016-01-17 17:46:41] [このレビューのURL]

3点 ビッグさん

[ネタバレあり]

暇つぶしにはなりますけどもう限界でしょう。
一応原作とアニメも映画も初期から追っていますけど。
実は敵だと思った奴が仲間になるみたいな繰り返しでもう
どうでもよくなっています。
純粋な悪役を作るのがいやなのかもしれませんがまるで緊張感がない。
主人公も正体を隠すのも面倒になってやりたい放題。
FBIや警察から信頼される小学1年生という設定自体が無理ですよ。
もう放っておいても崩壊しそうな悪の組織を追っているだけ無駄になってきて。
最近はわかりきっていた謎を解明して少しは話題になっているみたいですが
もうそこまで気になる内容でもなかったので微妙でした。
テコ入れに悪の組織の新キャラを出すみたいですけど
前回も名前が出てきて登場するのに何年もかかりましたが
今回もそういう方向になるんでしょうかね。
変装の名人が多すぎてもう誰が本物かよくわからなくなってきましたよ。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2014-06-05 16:19:58] [修正:2014-06-05 16:19:58] [このレビューのURL]

5点 taniさん

もうそろそろ黒の組織と決着をつけて欲しい。
切実です。
そろそろいいんじゃないかな、、?
毎回のストーリーはしっかりしてて無理やり感がないのはさすがだと思いますが、
ときかく黒の組織との決着を、、、!!!

ナイスレビュー: 1

[投稿:2014-05-23 23:21:02] [修正:2014-05-23 23:21:02] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

名探偵コナンと同じ作者の漫画

青山剛昌の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年サンデーの情報をもっと見る