ホーム > 不明 > 短編集 > 骨の音

6点(レビュー数:9人)

作者岩明均

巻数1巻 (完結)

連載誌短編集:1990年~ / 講談社

更新時刻 2012-08-21 12:48:24

あらすじ 表題作「骨の音」、ちばてつや賞入選のデビュー作「ゴミの海」など、6作品を収めた岩明均初期短編集。

備考 短編集のため連載開始年には発行年を記載。

シェア
Check

骨の音のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全9 件

5点 朔太さん

岩明氏のちばてつや賞入選作品がデビューの
きっかけになったのですね。
絵柄は平凡で、昔の同人誌にありがちな描画力です。
お世辞にも、決して上手な部類の作家さんではないですね。

しかし、何を主張するわけでもなく、人間の日常の
不思議な感情を表現するのが最高にうまいです。
むしろ、小説家を目指してもあるレベルで成功されたかもです。
そんな文芸的な短編集でした。

初期の岩明氏の作風は、現在に確実につながっており、
寄生獣やヒストリエが生まれたわけですね。
岩明ファンは一読が必須でしょう。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2021-05-04 08:21:58] [修正:2021-05-04 08:21:58] [このレビューのURL]

SFや歴史ではなく、現代的な作品が多いです。
最近の作者の作品とは少しジャンルが違います。

絵や話に多少の粗はありますが、
人間の深層心理や内なる狂気の描き方は素晴らしいです。

後味の悪さも癖になります。

「骨の音」、「指輪の日」が好きです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-03-24 16:59:29] [修正:2015-03-24 16:59:29] [このレビューのURL]

7点 デビルチョコさん

全ての作品が非常に良く出来ていた。

この短編作品で再確認したが、
やはりこの著者はストーリーを作るのが飛び抜けて上手い。
凄いです、本当に。。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-03-10 07:25:33] [修正:2015-03-16 12:37:19] [このレビューのURL]

6点 fooさん

ごちゃごちゃしないスッキリとまとめてあり、
静かな世界観の中ではちょっとしたセリフや行動が際立って描かれている

デビュー当初から凄い実力をもっているのが分かる。
読みやすいのにしっかりとした話には無駄が無く独特の絵は
その世界を表現するのにとても合っている

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-03-23 08:12:55] [修正:2014-03-23 08:12:55] [このレビューのURL]

6点 torinokidさん

岩明氏の初期作品集。

短編集だけに各作品ごとの出来不出来が感じられないでもないが、
総合的には良作と言っていいでしょう。

とくに「ゴミの海」と表題作「骨の音」は秀逸。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-02-20 09:05:51] [修正:2013-02-20 09:05:51] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
12

骨の音と同じ作者の漫画

岩明均の情報をもっと見る

同年代の漫画

短編集の情報をもっと見る