ホーム > 不明 > 短編集 > BLUE

6.66点(レビュー数:3人)

作者山本直樹

巻数1巻 (完結)

連載誌短編集:1991年~ / 光文社

更新時刻 2010-03-05 19:36:53

あらすじ 高校の学園祭の日に学校の屋上に上った灰野は、そこにある天文部の部室で優等生の九谷エリに出くわす。エリは灰野に「BLUE」という薬を勧め、セックスに誘う。2人は頻繁に屋上で体の関係を結ぶようになり、次第に灰野はエリに恋愛感情を抱き始める。

備考 短編集のため連載開始年には発行年を記載。作中の性描写が問題となり、東京都により不健全図書の指定を受け版元回収に追い込まれた。1992年、弓立社により、成人向けコミックとして出版された。弓立社版は、光文社版では隠されている局部の描写もそのままになっている。2001年には双葉社、2006年には太田出版より、同内容の単行本が出版された。

シェア
Check

BLUEのレビュー

点数別:
1件~ 3件を表示/全3 件

若者の非生産的なセックスや日常。

表題作がお気に入りです。逃避行を促すシーンとかは非常に尊いです。セックスとか激情の日々は寄って描くけど、ラスト突き放すような客観的風景をインサートするのが虚しさが残る。

「なんだってんだ7days」、「197X」は入れ子構造のゴマとか枠線の消失とか少女漫画っぽい技法がよく使われてます。確信犯的に青春を過去形で描いてるのは山本直樹銘柄ですね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-04-05 14:56:49] [修正:2020-04-05 14:56:49] [このレビューのURL]

8点 森エンテスさん

有害図書指定を受けた作品ですが、非常に山本直樹テイストの溢れる作品群が収められた短編集です。

確かに薬、売春、強姦等の表現はありますが、作品性という面においては、現在溢れる雑多な作品とは違うレベルにあると断じる事ができます。

この作品集から得られるモノのメインは性欲でも、その奥にある作家性は隠せません。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-02-18 23:27:36] [修正:2011-02-18 23:27:36] [このレビューのURL]

6点 Dr.Strangeloveさん

有害コミック論争の槍玉に挙げられた作品。確かにエロいが、そんなに
過激な作品とは思えない。山本直樹独特の浮遊感が味わえる短編集で、内容は次の通り。

「BLUE」 表題作。タイトルはドラッグの色と青春をかけたものである。
最も印象に残ったのは車の中で「このまま東京まで行こう」と言うシーン。7点。

「ヒポクリストマトリーファズ」この短編集で一番気に入った。
文字通り“引きずり込まれそう”になるシーンが秀逸。8点。

「なんだってんだ7days」ある大学生の一週間を描く。エロい。5点。

「197X」映画館での蜜月。やはりエロい。5点。

「激しい王様」中学校に通う王様に群がる女、女。シュールな短編。5点。

「希望の友」宗教勧誘のお姉さんがエロくて良い。5点。

「ずびずば」エログロナンセンス。医者とその助手とのやりとりが笑える。5点。

総じてエロい。山本直樹作品の中では観念的・哲学的な味が少ないので
読みやすいかもしれない。面白かったがもう一度読みたいと思うような
作品が少なかったのでこの点数に。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-04-13 14:55:08] [修正:2008-04-13 14:55:08] [このレビューのURL]


BLUEと同じ作者の漫画

山本直樹の情報をもっと見る

同年代の漫画

短編集の情報をもっと見る